Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫(あくせいりんぱしゅ、ML:Malignant Lymphoma)は、リンパ系組織に由来し全身に発生する悪性腫瘍*である。リンパ節に発生するものもリンパ節外に発生するものもあるが、リンパ系は全身組織であるため癌と異なり切除による治療は不可能(但し、腫大による圧迫などを緩和するため姑息手術を行うことはある)。放射線療法*および化学療法*のみが適応となる。その意味でリンパ系腫瘍は必ず「悪性」であることになるが、日本語の病名としては明示的に「悪性リンパ腫」と呼び習わしている。

悪性リンパ腫という単一の疾患があるわけでなく、多様な疾患の寄せ集めであり、しかもその疾患分類については今でも分類作業が進行中である。少なくとも確実なものとして、ホジキンリンパ腫*(Hodgkin's lymphoma,HL、あるいは Hodgkin's disease, HD)と非ホジキンリンパ腫* (non Hodgkin's lymphoma, NHL) がある。ホジキンリンパ腫はおそらく単一な疾患であるが、非ホジキンリンパ腫はその他の疾患の寄せ集めである。欧米ではホジキンリンパ腫が多数を占める為、こういった分類になったと思われるが、日本人の場合は、前者は約10%を占めるに過ぎず、多くは後者である。

悪性リンパ腫は全身に発生するというその性質上、治療を行っても腫瘍細胞が完全に消えたことを証明することはできない。そのため「完治」という表現はせず、腫瘍を検出できなくなった時点で「緩解(寛解)」したと表現する。これは白血病と同様の扱いである。緩解に至っても腫瘍細胞が残存していることがあって再発と緩解を繰り返す例も多く、現在もなお治療は困難な疾患である。

原因はわかっていないが、ウイルス説・カビ説・遺伝説などがある。小児白血病、絨毛癌などと並んで悪性腫瘍の中では比較的抗癌剤が効きやすいとされる。また一般に、悪性度の高いものほど化学療法に対する感受性が強く、緩解に至る確率も高いとされている。


症状:
頸部、鼠径部、腋下などのリンパ節が腫大することが多いが、各臓器に発生するリンパ腫の場合にはレントゲンや内視鏡による検査で発見される場合もある。また全身の倦怠、発熱、盗汗(ねあせ)、体重の減少などがみられる場合もある。

進行すると全身の衰弱、DIC、多臓器不全などから死に至る。

病期分類:
リンパ腫の病期分類としては、次のAnn Arbor分類が世界的に用いられている。通常の癌と異り、0期という分類はない。
I期  一ヶ所のリンパ節病変を認める。
II期  横隔膜を隔てて上半身のみ、あるいは下半身のみの二ヶ所のリンパ節病変を認める
III期  横隔膜を越えて上下半身のリンパ節病変を認める
IV期  他臓器あるいは骨髄に病変を認める。リンパ節病変の有無を問わない。

組織学的分類:
非ホジキンリンパ腫は、ホジキンリンパ腫に該当しない雑多な疾患の集合であるので世界的に統一された分類というのはなかったが、1999年に発表されたWHO分類が現在有効である。非ホジキンリンパ腫は、B細胞が腫瘍化するか、T細胞あるいはNK細胞が腫瘍化するかによって大きく2つに分類される。前者をB細胞性腫瘍と言い、後者をT/NK細胞性腫瘍と言う。

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました

病理検査結果レポート

病理診断 2006/11/9
鼻腔内腫瘤:リンパ腫

顕微鏡検査所見
鼻腔内腫瘤:標本内には、鼻腔内より得られた小組織片が観察される。腫瘤は、粘膜上皮直下から存在し、周囲を皮膜で覆われず境界不明瞭である。腫瘤を構成する細胞は、少量の線維血管性結合組織を伴い、密に配列している。これらの細胞は、個々の境界不明瞭であり、少量の好塩基性細胞質を有する。核は、大小不同、不整を示し、類円形から楕円形、明瞭で歪な核小体を1~2個有する。クロマチン微細顆粒状、核分裂像稀に観察される。そのほかに壊死組織が観察され、中等量の好中球の浸潤が見られる。


腫瘍の場合の良性悪性の判定 悪性

コメント
鼻腔内腫瘤は、リンパ腫と診断しました。レントゲンまたはCT検査により病変の拡がりを確認する必要があります。鼻腔に限局した病変である場合には、局所治療としての放射線治療に反応がよく、早期に反応し、寛解*を得られる可能性もある腫瘍です。また、腹腔内臓器(肝臓、脾臓、腎臓など)、胸腔内、付属リンパ節等の状態の観察そして抹消血の検査を実施し、ステージわけを行う必要があります。他の部位に発生している場合、化学療法についても考慮する必要があるものと考えられます。

*「解」は竹冠のついた文字が正式な文字です。

はじめに

2ヶ月ほど前、しばらくくしゃみをするようになったと思ったら、右の鼻からやや透き通った血膿が出始めました。それから半月後には右鼻の穴をふさぐほどの腫瘍が、目で見えるくらいに盛り上がってきました。それから間もなく、腫瘍を切除、同時に行った腫瘍組織の病理検査により、リンパ腫(悪性)と診断されました。

このとき初めて、命は限りあるものだっていうことが、はっきりと実感できました。もし治療を施さない場合は余命半年だそうです。

猫の名前は「もも」。ももは、体が細く長くその体と同じくらいに長くてまっすぐなしっぽをもつ、やや大柄の猫です。性質はおだやか、おとなしくて孤独を好むタイプ。きっと彼女の母親猫も、スリムでクールな猫だったのでしょう。

我が家に来たのは1997年6月、2週目の土曜日。生後2が月ほどの子猫でした。2日目からは、まるでずっとそこにいたように家の中を走り回りはじめました。足裏の“まめ”(肉球のこと)を“パカパカ”いわせて、廊下をちょんちょん跳ねながら、ひたすら走っていました。

神様にもらった、新品の体と猫のもつ天性のバネ(運動能力の高さ)をまるで楽しんでいるかのようでした。来年は10周年、腫瘍が消えて治療からも開放されて、元気になっているといいなと願っています。

来週から放射線照射治療がはじまります。家族がもつ素朴な疑問、本人(猫)の治療期間の様子について記録していきます。

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。