Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/72-adcbfe10
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

キャットフードの栄養価 - USの場合 -

残飯よりも専用に調整された飼料の方がペットのためだというのは周知のことである。たまに残飯を与えるのは構わないが、過剰にあてがうとペットの栄養バランスが崩れる。"complete and balanced"と書かれたキャットフードを購入することがペットにとって栄養的に望ましい。

"complete and balanced" と表示するには、分析試験または飼育試験の結果が全米飼料検査官協会 (en:Association of American Feed Control Officials, AAFCO) の基準を満たす必要がある。AAFCOの猫栄養専門分科会 (Feline Nutrition Expert (FNE) Subcommittee have) は新しい栄養成分の基準を発表した。この基準は1992年に決まり、その後1995年に研究成果を反映させて改訂された。

これまでAAFCOが認める権威としてNational Research Council (NRC) が勧告を行ってきたが、AAFCOの栄養基準はこれに代わるものである。"complete and balanced" と表示された飼料は、AAFCOの栄養成分の基準に基づいて、定められた全ての栄養素の量が一定量(範囲)含まれなければならない。分科会は現在の猫の栄養に関する情報を考慮し、それらの範囲を決定した。栄養素の比率は、キャットフードメーカが飼料を生産する際の情報として活用できるように定められている。

現在の基準は、栄養価にライフステージによって成長・出産期向け、成猫の健康維持向けのふたつを定めている。このため成猫向け飼料ではいくつかの栄養素が減らされており、過剰摂取を防ぐことができる。また、いくつかの栄養素については、最初から最大摂取量を守るよう躾ける必要がある。栄養失調より栄養過剰が今日のペットフードの多くに共通する問題になっているからである。

飼育試験のプロトコルも改訂された。このような改善の結果、AAFCOの栄養基準または飼育試験の合格ラベルがある場合、"complete and balanced" という記載はさらに信用できるようになり消費者のためになった。これ以外のシールや宣伝文句、他の機関を名乗った証明などは安全性を増すものではなく、消費者を惑わすものとなりうる。

(訳註: 日本では、"complete and balanced" にあたるものは「総合栄養食」であり、(他の動物ではなく)猫用の飼料であることともに、次のように表示される

「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。」ないしは、「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています。」

ペットフード公正取引協議会の基準はAAFCOと同様である。ペットフード工業会のサイトを参照されたい) (以下、省略)

(出典:David A. Dzanis, D.V.M., Ph.D., DACVN Division of Animal Feeds, Center for Veterinary Medicine. (November 1997). "SELECTING NUTRITIOUS PET FOODS" INFORMATION FOR CONSUMERS. Food and Drug Administration - Center for Veterinary Medicine. )

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました


ペットフード工業会HP
AAFCO
Food and Drug Administration - Center for Veterinary Medicine

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/72-adcbfe10
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。