Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/659-99f6eb16
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

甲状腺亢進症内科療法

チアマゾールは、十分に効果が実証されているお薬で、容量を加減することで症状をコントロールしていくようです。2年以上継続服用する場合は、T4が正常値下限を維持できるような容量を服用するのだそうです。

+ + +

治療法は2つある。最良の方法は甲状腺切除術と言われる。
一般的なのは、ホルモンの量を抑える薬剤を与える方法が選択されています。適正なやり方をすれば、薬剤を与えるだけでホルモンの量が正常値を保ち、症状の悪化をくい止めることができます。

もっとも、毎日、ネコに薬を飲ませることが大切で、薬の服用を止めれば、またホルモンの量が増加し、症状が悪化します。飼い主の日々の努力が求められます。よくなると自己判断で薬をやめてしまうオーナーが多く、治療する獣医師の悩みの種である。
しかし個体差によるが2年間位が薬で維持する限界といわれている。別の研究者はもう少し可能であることを主張する方もいます。

最良の方法は外科的に甲状腺切除術と言われている。しかし他にも腎臓をはじめ、悪いところがあると、手術に踏み切れない症例もある。また再発例として甲状腺を切除した場合でも、体のどこかに新たに<甲状腺>を作ってしまう異所甲状腺症が何%か発生する。

1.甲状腺亢進症内科療法
イギリスではカルバゾール・アメリカではメチマゾール・日本ではチアマゾールと言った治療薬がある。日本の獣医師が手に入るチアマゾールはメチマゾールとは化学記号が一つ違うだけで投与量は同じで良い。アメリカのデーターが使用できる。

チアマゾール 猫・10-15mg/h/day、po
ホルモン合成阻害 。2~3週で下降。 3ヶ月モニター。2週間でCBC。T4の値を診て2.5mgずつ増減する。最大30mg/h/day、poで殆ど反応投与には副作用を伴うこともあるが、表1)この薬剤は十分に許容され、治療の継続とともになくなることが多い。

しかし個体差によるが2年間位が限界で、その後続けると再び副作用がでやすくなる。T4を正常値下限に保つ最小用量を探す。通常T3は正常値のままで良い。2.5~5mgずつ下げて、2週間毎に評価する。多くの個体は7.5~10mg/dayで維持可能です。

メチマゾールのデーターでは半減期は2.5~5時間なので、必ず1日2回の投与が必要です。また96%の猫に効果が認められいます。

表1)副作用は軽度のものは2~3週間で発現。食欲不振。嘔吐。元気消失。消化器症状。肝毒性。血小板減少。白血球減少。抗核抗体陽性

チアマゾール・他の研究者の報告猫・1.25-2.5mg/h、bid,po 1tab=5mg
1)1.25mg/h、bid,po
2)1.25ー2.5mg/h、bid,po
3)2.5mg/h、bid,po
4)3.75mg/h、bid,po 3~7日で副作用をみながら段階的にあげてゆく。1日量は1-1.5錠で維持可能。最初から多いと黄疸、肝障害がおこる事がある。
腎機能が悪いときは低用量からチアマゾールを始める必要がある。

※以下省略

参考資料
1・小動物レクチャーシリーズ 甲状腺  石田 卓夫 湘南臨床研究会03
2・内分泌疾患             左向    川崎市獣医師会01
3・小動物内科学全書
4・LLL-seminer no14

オダガワ動物病院HP > 猫の診療カルテ > 猫に多い病気より一部を引用しました

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/659-99f6eb16
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。