Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/646-99a40434
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

定期検診 -抗がん剤治療終了29ヶ月経過(2009/10月)

本日の予定:
・血液検査
・X線撮影
・診察
・眼圧の計測 *追加となりました

10月に入り、やっと時間がとれてももを定期検診に連れて行きました。朝8時半すぎ、寝ているももをそのままキャリーバックに入れて出発。

触診OK
院長先生がお腹の触診をしてくださいました。異常なし。
ももは診察台で少し長めの猫座り。途中、おもうろに立ち上がると背骨と脚を前後に伸ばしてリラックスの体の伸びをしました。最初に前脚2本を前方へ、次に後脚を1本づつ後ろへやりながら骨盤より上を前方へ引き伸ばして、脚の伸び。ずいぶん余裕でした。耳を診ていただくと、特に右が重症。たぶん本人(猫)が、痒みから引っ掻いたと思われる傷まであるとか…。ももは汚れがたまりやすく、いつもお掃除をお願いするのですが、嫌がって大騒ぎするので本日もおそうじしてもらえませんでした…

右奥・上顎歯茎に傷と赤みあり
昨年抜歯したほうの奥歯を見ていただくと、下の歯が上の歯ぐきを傷つけていると部位が赤くなっていました。これが原因でごはんのとき、前脚で宙をかいているようです。『耳も眼も、右側が状態がよくないですね…』(院長先生・談)

肺がきれい。影ひとつなし
モニター上のももの肺のX線に感動。
細い骨、細い体と、心臓や胃の丸い影、肋骨や上腕の骨がくっきり写っていました。横向きになると、いつものようにストラバイトの影も…。以前より不鮮明で小さくなって見えるのは決して石そのものが溶けたりかけたりしたわけでなく、周りのの脂肪や筋肉、組織や膜が何重にも重なり合って写りこむのでぼやけて見えるのだそうです。肺には影一つなく、肋骨が一本づつ鮮明に写っていました。

最近、ブログをよく見てくださる方から、リンパ腫の治療を経て1年半以上経過して元気でいられることは非常に珍しいことらしいと伺いました。ももの肺の写真を見て、そのことを思い出しました。院長先生にそう伝えると、乳がんの切除のあと抗がん剤をしたことも現在もなお、予後が良好であることにつながっているとの見解が示されました。これまで時々、抗がん剤はももにとってほんとうに必要だったのかどうか考えることもありましたが、気持ちが楽になったような気がしました。

命はほんとうに不思議なもの。超悪性のがんをふたつも発症したのに、ももの命は生かされていて、ももの肺はいまも変わりなく以前と同じように働いてくれて、ももの呼吸と命とを支えてくれています。

GPT横ばい、その他は良好
GPTは前回とほぼ同程度。GOTも少し上昇。食べ物をはいたり下痢をしたりすることもなく、本人はいまのところ元気。おそらく、甲状腺の影響であると思われることからひきつづき見守ることに。その他の数値はすべてOK。

甲状腺に関しては、投薬治療はなし。
食欲を抑え、代謝や血行を抑制することになるのでももの場合、投薬はしない方がいいという判断。たしかに、夜鳴きがなくなるのと食欲とを天秤にかけるとしたら、まちがいなく夜鳴き<食欲維持。

眼圧、計測不可
『右目がだいぶ赤くなっていますね…』脱臼した水晶体からたんぱく質が漏れ、炎症を起こしているため、スプレー式の表面麻酔をして、眼圧を計測していただいたところ極めて低く、右は計測不可でした。両眼とも「ぶどう膜炎」と診断されました。治療の第一選択肢は、ステロイド系の点眼薬となるそうです。

次回、再診は2週間後。眼圧の経過を見る予定。


本日の体重:3.25kg 


<血液検査結果> 2009/10/20

検査項目  -  参考正常値  -  検査値
ヘマトクリット   24-45%      38
赤血球数     500-1000*       856
ヘモグロビン   8-15g/dl       14.1
MCV        39.0-55.0 fl     50.6
MCH       12.5-17.5 pg     16.5
MCHC       30.0-36.0 g/dl   32.6
総蛋白(TS)   5.4-7.8g/dl    7.0
血小板数     30.0-80.0*        45.8
白血球数    5500-19500/μl      14100
血糖      41-153 mg/dl       94
総コレステロール <224 mg/dl    159
尿素窒素     12-41 mg/dl    26
クレアチニン    0.7-2.5mg/dl   1.2
総ビリルビン   <0.4 mg/dl   0.2以下
GOT        <45 IU/l     84 ← 78(前回)
GPT        <86 IU/l     464 ← 457(前回)

ALP        <151 IU/l     110 ← 72 (前回)
GGT         0-4 IU/l     10以下

単位:
* 10 x 4乗/μl


眼圧計測
右:計測不可
左:4

*参考正常値:10~20


本日の投薬(メモ)
ウルソ 28日分
点眼(オルガドロン点眼薬) 1日2回

定期検診 -抗がん剤治療終了29ヶ月経過(2009/10月)
*クリックすると大きな画像が別ウィンドウで起動します。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/646-99a40434
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。