Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C114]

こんにちは。
ロングテイルさんは、ももちゃんの健康管理をとてもきちんとされていますよね。私も見習わなくてはと思いました。我が家は97年生まれのももを筆頭に11頭の大所帯です。幸いみんな元気ですが、定期的な検診は受けておこうと考えていました。
暑くなりましたので、ももちゃんもロングテイルさんもゆったりなさってお過ごしくださいね。
  • 2009-07-05
  • 投稿者 : 猫社長
  • URL
  • 編集

[C115]

ご訪問ありがとうございます
ももは、抵抗力が弱いようなので、小さなことにこそ気をつけるようにしています 食欲のないとき、少しでも食べさせる工夫など。昔子どもの頃に飼っていた猫は、とても丈夫でしたが個体差が大きいようです 猫によって。

梅雨時のむしむしした陽気が続いていますが、12匹の猫ちゃんたちが元気で過ごされますように。
  • 2009-07-09
  • 投稿者 : ロングテイル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/612-47b6e3e1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

前倒しで定期検診 2009/7月

今年4月、GPTが急上昇し、5月はじめ数値はやや低下しましたが、それからしばらくウルソを服用、原因がわからないままなのでそろそろ診察していただくことにしました。

外耳炎
でも、今日早めに連れて行ってほんとうによかった… 外耳炎ということがわかったので。
ももは以前から、特に右耳をよく脚で掻いていました。ミミアカがたまりやすいことは把握していたので、週一くらいでタオルをお湯でかたくしぼって、耳そうじをしていました。タオルの届く範囲なので、外耳のかなり手前だけではありますが。外耳の奥のほうは、時々かかりつけの先生にお願いしていました。前回、きれいにしていただいたのは4~5月。

本日のももの様子は落ち着いて、キャリーバックから診察台に出たときから、前脚を胸の下に折り込んでしずかに座りました(レスキューレメディなしでも、だいじょうぶそう…)。それが、耳の中を診はじめた頃からだんだん落ち着きがなくなってきました。

細いノズルのような器具を両耳の比較的奥に入れて、分泌物を採取、そのときに本人(猫)がかゆみを感じるのだそうです。助手の先生が保定してくださいましたが、後足で耳を掻く動作をしはじめ痒いところに足がとどかないと、だんだんぐずり始めました…。採血のあとの説明によると、このとき採取したミミアカには、細菌が見られ右耳の分泌物が乾燥しているとのことでした。

目の状態
光を感じていることを確認。
目頭のあたりにスペースができていることをおたずねすると、眼球の後ろにある脂肪でできた組織が小さくなっていることが考えられ、そのため目がくぼんだようになっているのだそうです。そのスペースによって目が乾燥しやすくなるようなことはなく、点眼等も必要ないそうです。

水晶体がしぼんで、角膜の下の方でクシャクシャになっており、このことも功を奏しているとか。もし原形をとどめたまま前方脱臼すると、角膜に当たり角膜が傷ついて白く変質するとのこと。以前、片方の眼が真っ白なわんちゃんに待合室で会ったことがあります。また、水晶体が損傷したことによって、虹彩(こうさい)がすこし本来の位置からずれているので、黒目の形がすこし変形(欠けて)して見えるのはこのためだそうです。*うろ覚えですが、このようなことをおっしゃっていました。

眼に関しては切迫した状況ではなく、ゆるやかに変化している可能性はあるが様子を見守っていく、こうした姿勢でいいそうです。

GPTは引き続き高止まり
GPTが前回より上昇。しかしその他の数値はぜんぶ正常。
ワンちゃんの場合、歯石がたまるとその細菌感染によってGPTに影響する場合もあるのだそうです。ももの場合も、外耳炎、それに甲状腺の検査もすることになりました(前回は2年前に検査、結果は異常なし)。そのため、再度採血、それに耳そうじのはずでしたが、5分後すぐに呼ばれて診察室に入ると、もう相当にいやがって採血も耳掃除も断念。次回へ繰越となりました。

甲状腺ときいて思い当たること。現在、食欲にややムラあり。よく食べるときもあるし、2~3日よく食べるときの半分程度のこともあり。本日は後者。最近、体重が増えなくなったような気がします。一方的に食がほそくなっているわけではないが、ちょっと食べないと、3.50kgをあっけなく下回るような状況。

夜鳴きはいっこうにおさまる気配なし。しかし、日によってなだめて落ち着くと朝まで眠ることもあるし何をしてもだめなこともあり。「そばにいてほしい」欲求で騒いでいることが明確なことがある一方で、理解しがたく鳴き続けることもあり。

お腹の触診もしていただきましたが、腋か、そけい部も異常なしとのことでした。

次回は甲状腺の検査+耳のそうじ


本日の体重:3.36kg


スポンサーサイト

2件のコメント

[C114]

こんにちは。
ロングテイルさんは、ももちゃんの健康管理をとてもきちんとされていますよね。私も見習わなくてはと思いました。我が家は97年生まれのももを筆頭に11頭の大所帯です。幸いみんな元気ですが、定期的な検診は受けておこうと考えていました。
暑くなりましたので、ももちゃんもロングテイルさんもゆったりなさってお過ごしくださいね。
  • 2009-07-05
  • 投稿者 : 猫社長
  • URL
  • 編集

[C115]

ご訪問ありがとうございます
ももは、抵抗力が弱いようなので、小さなことにこそ気をつけるようにしています 食欲のないとき、少しでも食べさせる工夫など。昔子どもの頃に飼っていた猫は、とても丈夫でしたが個体差が大きいようです 猫によって。

梅雨時のむしむしした陽気が続いていますが、12匹の猫ちゃんたちが元気で過ごされますように。
  • 2009-07-09
  • 投稿者 : ロングテイル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/612-47b6e3e1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。