Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/550-cc1a96ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

もものごはん -12月~2009/1月

もものごはんがやっと、2食とも猫缶+あじ&ブロッコリーに戻った。
食欲も出たようで(相変わらず、おちょぼ口だが…)、お腹が少し丸くなって体もガッシリしてきた。このひと月余りのもものごはんは次のようなものだった。

12月初旬~中旬
猫缶を半分くらい残すようになる。 そのかわりにカリカリの量が増えはじめる。ももは元々、大のカリカリ好き。これまでいつもは少なめに給餌しているカリカリの味を何かの拍子に思い出して、嗜好性に走ったか…?

12月下旬
ますます猫缶を食べなくなる。
一応、本人(猫)の意向を尊重。カリカリが日に日に多くなる。食欲不振の様子はない。カリカリを十分量食べている。それも、おいしそうに… ひとが食べ物に飽きることがあるように、約2年に渡って給餌してきた基本のメニューにそろそろ飽きたのではないかというのは家族の意見。

年明け以降
カリカリだけになる。
なぜだかわからないが、あじの水煮すら残すようになる。 必要な量(カップに八分目程度)を食べている。時々、お刺身、あじの水煮などを与える。しばらく猫缶はお休み。歯の痛み、口腔内の問題(歯ぐきの腫れなど)はないようだ。たぶん、カリカリは炭水化物が40%くらいあると思われるので、できるだけももの場合は避けたいと思ってもいる。一方、本人(猫)の嗜好性、バランスのとれた栄養価(健康な猫にとっては)それに高カロリー食なので本人が食べたいというときには給餌している。

体重管理以外で、食べたいものを食べられないストレス(猫がどれくらいストレスを感じるのはわからないが)もどういうものかと…、また、昨年2回にわたる数日間の絶食(風邪と歯の痛み)に比べれば、とにかく自力で食べられること以上何も望むものはないくらいに正直いって思っている。なので、カリカリだけでもOK!


1月中旬~
ここ数日、2食のうち1回は猫缶+あじが復活(やれやれ…)。 

1/21(水)~
2食とも猫缶ごはんになる(やや少なめ)。 そのほかに、適宜カリカリ(1/2カップ程度)。

一回分(中身):
ヒルズ・シニア缶1/4
あじ水煮(小)2~3匹または(中)1匹
ブロッコリーをゆでてみじん切り(ティースプーンに山盛り1杯程度)
アガリーペット(0.33g) *1日1回


ももは、いわゆる“だらだら食い”の典型的なタイプ。
日に何度も自分のお皿の前にやってきて、おちょぼ口で食べている。しかし、フードの放置は「絶えず脳が刺激を受けて、胃腸管での消化の準備を始め」るので消化に多くのエネルギーが使われることになり、また尿Hpをアルカリ性に傾けるのでやめたほうがいいという(『もう迷わない!ペットの健康ごはん』本村伸子著 コロ 2004年 p70)。ももはストラバイト。ここに原因があったのかもしれない。

ももは基本、小食なのでごはんが傷みそうな暑い時期をのぞいて、いつでも食べられるようにしているが、もしかしたら、時間的な間隔をおいて給餌したほうが、量をまとめて食べるとも考えられる… 2年前、放射線治療の当日はいつもごはん抜きで、翌朝いつもよりガツガツ食べていたような気がする…。ひとまず食餌内容をもっとつめてそれから考えよう。


本日の体重:3.65kg

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/550-cc1a96ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。