Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/537-ecf2b72a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

腫瘍による栄養状態への影響

医療家向けに書かれた内容を、よーく、噛み砕いて読んでみた。
というのも、イマイチ悪疫質のしくみや、病態について詳しいいものがなかったからだ。がんの進行と食欲不振、そのとき体の中ではどのようなことが起こっているのか、打つ手はあるのか…、少しばかりは知っていたかった。

進行性のタンパク質-カロリー栄養失調症の1つの病態を「悪疫質」といい、腫瘍が誘発する代謝の変化によって栄養状態が悪化していく。進行すると、カロリー摂取を増加させても消耗の進行には対抗できないことが研究から明らかになっている。消耗の進行、すなわち代謝率の増加はホメオスタシスループを破綻させる腫瘍、免疫系の直接的な反応であるという理論が現在支持されている。ただし、代謝率の低下または増加は癌の種類、癌進行の病期によっても異なることがある。
※以上は、当ブログ管理人の解釈によるものです。詳細は、PDQ日本語版、または原典(下記URLを参照)をご覧ください。

+ + +

・悪液質の病態と病因
栄養状態は、腫瘍によって誘発される代謝の変化に直接反応して悪化しうる。悪液質としても知られるこの病態は、進行性のタンパク質-カロリー栄養失調症の1つであり、不随意の体重減少、筋力の消耗、生活の質の低下を特徴とする。 [1] [2] 腫瘍によって誘発される体重減少は、肺、膵、および上部消化管の固形腫瘍患者に頻繁に起こり、乳癌または下部消化管の癌患者では頻度が低い。食欲不振も認められるが、エネルギー欠乏だけでは悪液質の病因の説明にはならない。いくつかの因子が提案されている。 [3] サイトカイン、神経ペプチド、神経伝達物質、および腫瘍に由来する因子などのメディエータが、この症候群の一因になっていると仮定されている。 [4]

腫瘍壊死因子α、インターロイキン-1、インターロイキン-6、インターフェロンγ、白血病抑制因子などの宿主組織の生成物のほか、脂質動員因子およびタンパク質分解誘導因子など、宿主組織に対する直接異化作用を有する腫瘍生成物は全て、この複合的な症候群のメディエータとして同定されている。 [3] 脂肪、タンパク質、および炭水化物の代謝異常が悪液質の癌患者において明らかである。腫瘍はグルコースの取り込みおよびグルコース酸化を低下させ、グルコース-脂肪酸サイクルを増大させる。 [5]

体重減少はエネルギー摂取量の減少、エネルギー消費量の増加、またはこれら2つの複合から起こる。食欲不振は癌患者によくみられる症状であるが、諸種の研究から、経口的ルートまたは完全非経口栄養法による補給によってカロリー摂取を増加させても消耗の進行に対抗できないことが示されている。このことから、代謝率の増加は体重調整のホメオスタシスループを調整する経路を破綻させる腫瘍および免疫系による直接的な反応であるという理論が支持される。 [4]

・代謝率の変化と悪疫質の発症
現在の研究は、基礎代謝率が生存の予後指標としての役割を果たすことを示唆している。癌の進行につれて基礎代謝率の低下とともに悪液質が発症するため、長期生存率が低下する。 [6] 全基礎代謝率の変化が認められていない集団も一部にはあるが [7] 、小児癌 [8] 、乳癌 [9] 、肺癌 [8] 、栄養不良 [10] 、およびその他の癌 [11] を認める患者集団では基礎代謝率の増加が報告されている;しかしながら、こうした不一致は癌進行の病期に関連していることがある。 [12] 代謝率が変化しても除脂肪体重および皮下脂肪貯蔵量を維持するように意図された栄養支持療法は、最終的に患者の生活の質を改善し全生存に影響を与える。(以下、省略)

PDQ日本語版 癌医療における栄養(PDQR): 支持療法 > 腫瘍による栄養状態への影響(最終更新日 : 2008-08-22)より一部を引用しました

*[(数字)]:文中のカッコ書きの数字は、出典を表すものです。一部引用に当たりそのまま掲載しました。出典についてご覧になる場合は、PDQR日本語版(こちらから参考文献)をご覧ください。
*小見出しは当ブログ管理人によるものです。


がん情報サイト PDQ®日本語版 ※月1回更新されます。

Nutrition in Cancer Care (PDQR) はこちらから。※英文サイト

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/537-ecf2b72a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。