Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/489-6486c3a7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

抜歯をした日のこと

朝10過ぎにF動物病院へ。
水曜日にかかりつけの病院で、血液検査(簡易版)とX線を撮ったところ、現在肺に影もなく腎臓、肝臓の数値もすこぶる良いことをF先生に伝える。木曜日以降、ごはんも増えており歯茎の痛みは落ち着いている状況。

血液検査(詳細版)の結果も異常なし。歯のレントゲンを撮って、歯根部の病巣を特定、放置できない部分の臼歯を抜歯をする予定。F先生によると、歯茎部吸収病巣の疑いがあるという。猫の歯は歯冠の表面、エナメル質からではなく歯茎部から感染、歯の内部それも根っこの部分から歯が吸収され“虫歯のような”状態になっていくという。

* * *

17時前、お迎え。
ちょっとすっとんきょうな表情のももがキャリーバックから顔を出す。何が起こったかよくわからないのかもしれないし、知らない間に何だか口の中の感触も違うし…のような顔つき。家に帰ったら、たくさんほめてあげよう…

左右上下4枚の小さなレントゲンを見せていただく。
右側上顎、歯の根っこの周りに病巣があり、その部分がくっきりと黒く写っている。さぞ、痛かっただろう…。前大臼歯3番+4番を抜歯。ほかの写真、左側上顎には黒い影(病巣)はなく、きれいに二股に分かれた歯の根っこが写っている。猫の歯根(臼歯)は何本あるのだろう? こんなに小さな猫の口の中に生えている歯に、複数の根っこがあることがわかって何だか、感動

左右下顎の後臼歯は、歯茎部吸収病巣によりすでに歯冠部がない状態だという。歯根部に異常が認められないため抜歯をせずに残した。抜歯後の注意点が書かれたプリントをいただき説明を聞く。当日のごはんは少なめに。頬がすこし腫れるかもしれない。カリカリが抜歯後縫合した部分に当たる可能性があるので、しばらくの間は食べないこと(15日間)。ぬるま湯に浸してやわらくしたものはOK。抜歯の痛みは2、3日で消えるという。

猫の歯の模型を見せていただく。小さな上下の顎に、左右の奥歯はまるでアルプスの峰のように鋭くとがり、控えめに歯茎に張り付いているといった感じ。“臼歯”といっても人の歯のようにぜんぜん臼(うす)の形をしていなかった…。

* * *

帰宅するとごはんを良く食べ水分も十分に摂った
まだ落ち着かないのか、何度も繰り返し階下に下りてきては、“ガッツリ”ごはんを食べた(a/d 1/2缶くらい)。当日なので、ちょっとひやひやした。深夜には爆睡。体力も消耗しただろうし、手術までの待ち時間や目が覚めてからの間、知らない人ばかりの中に一匹でいて、緊張もしたことだろう。体力的なことは本人の回復力にまかせるほかないが、緊張感から早く開放されるように、その晩はできるだけもものそばにいるようにした。


投薬:
痛み止め(3回分)
シロップ上の抗生剤(1日2回6日分)

その他の買い物:
猫用の歯ブラシ
ヒルズa/d 5缶

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/489-6486c3a7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。