Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C77]

ももちゃんの歯石除去~無事に終わってよかったです♪
ももちゃんお疲れさま。
うちも小さい頃から歯磨きとかしとけば良かったって後悔してます。
なかなか口を触らせてくれるのは難しいですよね・・・。
でも歯石は全身麻酔になっちゃうからケアも大切ですよね。
うちも・・・歯石除去しないとならないかなぁ~(>_<)
  • 2008-05-12
  • 投稿者 : るびー
  • URL
  • 編集

[C78]

どうにか、無事に終わりました…
猫に歯磨きなんて、考えたこともありませんでしたv-393 うちは先代の猫v-283が17歳までどこも悪くなかったので、どうしても猫はいつまでも丈夫なんじゃないかと言ういわれのない先入観があったりしてv-12後手後手になっています…

全身麻酔とごはんが食べられなくなるのとを比べて、ごはんが食べられることの方が大事だと思ったんですけど、麻酔の影響も考えないといけませんねv-409

麻酔が獣医療の中で、どんなに治療の幅を広げ、動物達のQOLを向上させたかも十分に理解していますが、さしあたりももの肝臓の様子も心配ですしv-406

心配のたねは尽きません…e-78
  • 2008-05-12
  • 投稿者 : ロングテイル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/448-2b481079
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

歯石除去

ももの歯石除去が終了。
麻酔のため、当日処置後は絶食。そのせいか翌日帰宅してからもあまり食欲がなかった。処置前日の半分くらい。それに、慣れない場所で一晩すごしたので、たぶんあまり眠れなかったのだろう。さぞ緊張もしただろうしそのせいか、しばらく落ち着きがなかった。

家の中を走り回ったり、座っても首を垂直にして薄目を開けていることが多く、なかなか熟睡しようとしない。急にすくっと立ち上がって部屋を出て行くことを何度も繰り返した。そのたひに、階下へ降りてごはんを食べていたようだった。ごはんをかみかみしながら、2階へ戻ってきた。丸くなって頭を横にして眠りの体勢になるまでだいぶ時間がかかった。

病院での様子。
ごはんを食べない。指の先に猫缶をのせてもっていくと食べる程度。たぶん環境がちがうからかもしれない。当日夜も翌日朝も、特に鳴くことはなかった。静かに前脚を折って座っていることが多かった。

処置について。
歯石はきれいに除去できた。抜歯の必要がなかった(奥歯の根っこがしっかりしていた。ということは、右上後臼歯付近の歯周炎は思ったほど進行していなかったのだろう)。左上犬歯の根っこは残した。抜歯しなくても問題なしという判断らしい。院長先生が手術中にお迎えに行ったため、詳細はわからず。

今後について。
時々、ぬるま湯に浸したガーゼを指に巻いて、歯についている歯垢をとってあげること。猫用の歯磨きペーストのようもの(ジェル状)もあるが、何もつけないで歯垢をとるだけでもOK。

最近、ラクトフェリンをシリンジに入れて右上の口角を後ろにひっぱって歯茎部に塗布していたので、ももはいくらか口の中に触れることに抵抗を示さなくなっている。おそらく、ガーゼも大丈夫だと思うのだが…

深夜、やっといつものように眠り始めた。


本日の体重:3.55kg

スポンサーサイト

2件のコメント

[C77]

ももちゃんの歯石除去~無事に終わってよかったです♪
ももちゃんお疲れさま。
うちも小さい頃から歯磨きとかしとけば良かったって後悔してます。
なかなか口を触らせてくれるのは難しいですよね・・・。
でも歯石は全身麻酔になっちゃうからケアも大切ですよね。
うちも・・・歯石除去しないとならないかなぁ~(>_<)
  • 2008-05-12
  • 投稿者 : るびー
  • URL
  • 編集

[C78]

どうにか、無事に終わりました…
猫に歯磨きなんて、考えたこともありませんでしたv-393 うちは先代の猫v-283が17歳までどこも悪くなかったので、どうしても猫はいつまでも丈夫なんじゃないかと言ういわれのない先入観があったりしてv-12後手後手になっています…

全身麻酔とごはんが食べられなくなるのとを比べて、ごはんが食べられることの方が大事だと思ったんですけど、麻酔の影響も考えないといけませんねv-409

麻酔が獣医療の中で、どんなに治療の幅を広げ、動物達のQOLを向上させたかも十分に理解していますが、さしあたりももの肝臓の様子も心配ですしv-406

心配のたねは尽きません…e-78
  • 2008-05-12
  • 投稿者 : ロングテイル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/448-2b481079
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。