Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/444-dfba4deb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

歯石・歯周炎(ワンちゃん編)

歯石はバイキンの巣窟。口と歯は健康のバロメーターであるという。
説得力あるな~

+ + +

歯石を放っておくと、細菌感染で歯根が化膿する
犬は人間のようにグチャグチャと咀嚼(そしゃく)せず、ガブガブかぶりついては、そのまま食べ物を飲み込んでしまう。おまけにひとりで砂糖だらけのお菓子やジュースを買い食いすることもない。だから人間よりも歯の病気で悩まされることは少ないが、それでも確実に歯石はたまる。歯石は唾液(だえき)と食べかすが団子(だんご)になったものだ。けっして「石」などという無機物ではない。あえて言えば、若干の無機物とバイキン(細菌)の巣窟である。放っておけば、歯周炎を起こす。バイキンが歯根に入り込み、化膿する。

犬のほおが化膿して、薬を塗っても治らない。あるいは鼻から膿(うみ)が出る。おかしいなと思って、よく調べてみると歯根が細菌感染で化膿していたりする。ときには、化膿がひどくて、眼球が飛び出ることもある。歯肉や歯根で繁殖するバイキンは、そのまま体内をめぐって内臓病の原因になる場合もある。ことに注意すべきは腎臓病。また、心臓に侵入して命を奪うこともある。歯石・歯周炎をあなどってはいけないのである。

犬を歯抜けにしないように
基本的に大型犬よりも小型犬のほうが、歯石はたまりやすい。というのは、一つには食事の質。柔らかい食べ物が多いからだ。それから歯並び。小型犬は、アゴが小さいから歯が密着している。だから、成長期に生え変わるべき乳歯が抜けきれないで、残ることもある。もちろん、それぞれの犬の体質にもよる。人間だって、一度も歯磨きしなくても、虫歯にならない人もいる。でも、そんなことを当てにしているわけにはいかない。

歯の病気がひどくなり、ついには抜くはめになっては大変だ。乳歯が永久歯になれば、もうサメのように生え変わることはない。もっとも、犬の歯は元気がいい。たとえば、犬同士のケンカや事故で歯がパッとはずれても、すぐに元の位置に戻し、縫い合わせればそのまま固着する。しかし歯根が化膿して抜けてしまうと、どうしようもない。

歯は、犬の生きがいである。単に食べ物を噛むといった役目だけではない。犬の尊厳、威厳、プライドにかかわる存在だ。よその犬とすれ違っても、あるいは家に侵入者があっても、歯抜けの犬では威嚇することもできない。始めから尻尾を巻いて引き下がるしか道がない。つらい、さびしい、やるせない。考えるだけでため息が出る。

ついでに言えば、野生の動物なら、歯が悪くなれば、エサを捕ることもできず、死を待つだけ。幸い、人間と暮らす犬たちは、歯が1本もなくても、労せずにドッグフードを食べることができる。もっとも、いかに犬が咀嚼せず、食べ物を丸飲みするといっても、かぶりつく楽しみは大きいはずだ。

素敵な神様からの贈りもの
予防の第一は、やはり歯磨きだ。子犬のときから、遊び半分で歯磨きする習慣をつける。慣れれば、犬だって気持ちがいい。それに飼い主だって、きれいな歯の愛犬になめられれば気分もいい。それに生後半年以上たてば、乳歯が残っているかどうかを動物病院でチェックしてもらい、まだであれば抜いておく。ついでに歯石も取り除いてもらえば言うことはない。ふだんの生活でも、気がつけば、スキンシップをかねて歯磨きをしてあげる。犬用歯ブラシもあるが、子ども用のものを買ってきてもいい。そして年に一度は病院で本格的な歯石取り。最近は、動物病院でも歯医者さんと同じような、デンタルユニットを備えているところも少なくない。

とにかく、飼い主が愛犬の歯に親しむことが大切だ。犬の歯を見ると、上の歯は、切歯が6本、犬歯が左右に1本ずつ、小(前)臼歯が左右に4本ずつ、大(後)臼歯が左右に2本ずつの計20本。下の歯は、大臼歯だけが多くて左右3本ずつの計22本。総計42本ある。犬歯はさすがに牙の風格があって、むき出しにするとハッとするが、切歯など、小さな歯がきちんと並んでいて、ほんとに愛らしい。素敵な、神様からの贈り物である。 *この記事は、1996年1月15日発行のものです。

犬猫病気百科 犬の病気 歯肉口内炎(1996年1月15日発行 監修/ツルノ獣医科病院 院長 鶴野整傳 先生)より一部を引用しました


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/444-dfba4deb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。