Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/404-cf3ef4a4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

猫の色覚

猫はやっぱり、赤い色を識別しないらしい(次の記事によると)。また、色の識別は目の構造や組織ではなく、脳の問題とのこと。

ももは、最近60-70cmは平気でジャンプするようになった。階段も踏み外しかかるほどのスピードで昇り降りすることもある。いつの間にか、視力が回復?と思える行動力。視力にそれほど頼らずに、行動できるというのは、やはりほんとうのようだ。

+ + +

「青」と「緑」は見える?
色覚とは、目の網膜に届いた光の波長の違いによって、別々の色の感覚が生じることをいいます。猫の網膜には、この色覚をつかさどる「錘体(すいたい)細胞」が2種類確認されていて、「青」と「緑」の色と、その混合色が見えると考えられています(人は3種類あり、「赤」も見えます)。でも、色が見えることと、色を認識することとは別の話。私たちが色の違いを理解するように、猫がそれらの色に意味を見出しているかどうかは、残念ながらわかりません。

暗闇で物が見えるわけ
網膜の視細胞には、色を感じる錘体細胞以外に、光を感じる「杆体(かんたい)細胞」があります。夜行性の猫は、この杆体細胞の数が人間よりずっと多いのです。そのうえ、猫の目には、網膜のうしろに網膜を通る光を反射させて、もう一度網膜に光を送りかえす「反射鏡(タペタム)」があります。ですから、星明かりなど、わずかの光があれば、網膜に入る光が増幅されて、猫は闇夜でもよく物が見えるわけです。ちなみに猫は人間の6分の1の光で物を見ることができます。ただし、光のまったくない「暗室」のような暗闇では、さすがの猫もお手上げ。人間と同様に何も見えません。

猫には「色」より{動き」が重要情報
闇夜でもよく物が見えることは、本来、夜行性で、夜、ネズミなどを捕食して生きてきた猫にとって、とても大切な能力です。しかし、「色」を見分けることは、夜間、茶色や灰色など、ほとんど発色しない保護色におおわれたネズミを見つけるには、あまり役に立ちません。それよりも、獲物の敏捷な「動き」に反応する動体視力のほうがずっと価値があるわけです。

また、動物が色を識別するかどうかは、目の構造・組織の問題ではありません。目から入った視覚情報を処理する「脳」の働きにかかっています。脳が、重要度の高い情報を選んで、よりはやく、より正確に、獲物に関する情報を処理していかないと、待ち伏せしている猫が一瞬のすきをついて、獲物をとらえることはむずかしいでしょうね。そう考えてみると、猫が獲物の「色」よりも「動き」に敏感に反応して、狩りをする能力を磨いてきたことも、よく理解できます。

※花王 < 猫の不思議サイエンス < 猫は色を識別できるのか?(監修/どうぶつ行動クリニック・ファウ 尾形 庭子先生)より引用


本日の体重:3.85kg(増量中)

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/404-cf3ef4a4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。