Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/396-c6f2e602
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ネコカゼ(猫風邪)

ももが時々咳(のようなもの)をする。のどに不快感があるのだろう。時々3-4回咳き込む。

ももは抵抗力がないというのに、風邪を引かせてしまった。ウィルスは体の中に残るというし、もっと気をつけていればよかった…

+ + +

【症状】目やに、鼻水、口内炎、のどや気管の炎症など
目元が目やにでふさがり、鼻のまわりをズルズルさせた、生まれて日の浅い野良の子猫。道端でそんな子猫を見かけ、見捨てることができずに、動物病院に飛び込んで治療してもらい、そのまま自宅で飼いだした経験のある人も少なくないにちがいない。

このような、ひどい目やに、鼻水、あるいは口内炎などの症状を引き起こす病気が、いわゆる「ネコカゼ」だ。獣医学的に「猫ウイルス性鼻気管炎」といわれるように、ネコカゼは、ウイルス、それもいくつかのウイルス感染病である。よく知られるのは、ヘルペスウイルスや猫カリシウイルス、クラミジアなどで、そのウイルスの種類によって、症状もいくらか異なってくる。

たとえば、ヘルペスウイルスに感染すると、結膜炎を起こしたり、気管(呼吸器)の感染症になりやすく、目が充血し、目やにが出て、目元をふさぎ、また、鼻水が出て、顔がグチュグチュになる。カリシウイルスに感染すると、口内炎になり、ひどい口内潰瘍になったり、のどが赤く腫れたり、ただれたり、さらには肺炎を起こしたり。クラミジアなら、結膜炎を起こしたり。一度に二、三種類のウイルスに感染すれば、それこそ「ネコカゼ」のデパートで、目、鼻、口、のど、とすさまじい状態になる。

成猫なら、命取りになることはほとんどないが、体力も免疫力もとぼしい子猫なら、からだの衰弱がはげしくなり、短い生涯を閉じざるをえなくなることもある。とくに、鼻水や口内炎がひどくなると、味覚が麻痺して、食欲不振におちいり、衰弱がさらにひどくなりかねないのである。

【原因とメカニズム】野外での感染猫との接触がウイルス感染の要因
「ネコカゼ」ウイルスに感染している猫がくしゃみすれば、ウイルスが充満する鼻水があたりに飛び散って近くの猫に感染する。感染猫の顔やからだをなめてあげれば、即感染。ときには、外で野良猫と遊んだ飼い主さんが、手や衣服についた感染猫の鼻水や目やにを自宅に運び、知らずにうつしていることもあるかもしれない。ことに寒くて、空気の乾燥した冬場は、ウイルス繁殖、感染の絶好機である。

ふつう、猫用の混合ワクチンを接種していれば予防できるが、野良猫の一族なら、母子感染などにより、ねずみ算ならぬ、猫算でどんどん広まっていく。飼い猫でも、ワクチン未接種の子猫なら、庭に出て、どこかの野良猫と接触して感染する機会もある。また、拾った野良の子猫から、ワクチン未接種の先住猫にうつるケースも少なくない。

一度感染すると、症状が回復したあとも、猫のからだのリンパ節などにウイルスがひそんでいて、体調をくずしたりすると、すぐに活性化して、愛猫がまた、目やに、鼻水、口内炎、あるいは慢性の副鼻腔炎、つまり蓄膿症などにわずらわされ、結局、生涯、ネコカゼを引きずってしまうこともある。予防ワクチンは、後追いでは、効果がとぼしいのである。

【治療】体力、免疫力を高め猫自身がウイルスに打ち勝つ手助けをする
ネコカゼの予防には、混合ワクチンや猫白血病ウイルス用ワクチンなどをきちんと接種し、同時に室内飼いに徹することである。ウイルス感染症は、簡単にいえば、感染猫に接触する機会さえなければ、うつることはない。

先住猫のいる家庭で、新たに子猫を飼い始めるなら、最初に動物病院でしっかりと健康診断してもらい、不用意に、家庭内に厄介なウイルスや寄生虫などを持ち込まないように心がけること。もし、新参の子猫がネコカゼなどにかかっていれば、症状が回復するまで隔離する。たとえ毎年、ワクチン接種していても、ほかの病気や高齢化などでからだの体力、免疫力が低下していれば、ウイルス感染しないともかぎらない。とくに冬場は十分に注意してほしい。

犬猫病気百科 ネコカゼ(監修/千村どうぶつ病院 院長 千村 収一先生 2002年11月20日)より引用しました


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/396-c6f2e602
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。