Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C23] おひさしぶりです

ももちゃんの定期健診、おおむね良好で良かったです。でも体重管理って難しいですよね。。
できものですが、ウチの仔もおそらく蚊に刺されたと思われるものをチョコチョコ作ってました。かさぶたになっているという事は治っていく過程という事でしょうから、心配ないですね。
  • 2007-09-11
  • 投稿者 : あゆみ
  • URL
  • 編集

[C24] ご訪問ありがとうございます!

あゆみさん、
こんにちは。ほんとうに体重管理はむずかしいですね。ついつい、本人(猫)が食べたがるのだから…となります。
検査データについて、健康優良児と太鼓判をもらいました。ホッとしています。
  • 2007-09-11
  • 投稿者 : ロングテイル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/346-8e16c63e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

定期健診 -抗がん剤治療終了4ヶ月後

台風一過の晴天。秋の空のような目の覚めるような“青さ”はないが、おだやかな空の色。気温はやや高く、午後は雲ひとつなくすこし強い風が吹く。

本日の予定:
診察
レントゲン
血液検査
尿検査  *採尿できず中止。


・診察の所見
お腹、わきの下、鼠径部を念入りに診ていただく。触診の結果、現状どこも異常なし。

・レントゲンの所見
肺も骨もきれい。腎臓のストラバイトが薄く写っている。以前よりお腹周りが太くなったように見える。おへその下辺りのお腹の丸みの一帯が、薄く白くなっている。「これは腹腔内脂肪ですね…」とのこと。つまり内臓脂肪、メタボリック(シンドローム)と同じ種類の脂肪だ!このくらいなら問題はないが、ちょっと体重管理に気をつけるように注意を促される。4kgをきるくらいの以前の水準がベストなのではないかとも。

最近、ももを抱き上げると以前のスリムボディとはうって変わり体重がずっしり重く感じられる。皮下に肉の厚みの感触があり、脂肪が体についてきたことが如実にわかるのが、気にはなってはいた。体組織計(体脂肪を測定できるヘルスメーター)に猫を乗せたらBMI(ボディマスインデックス)が測れるといいのだが、ヒト用だからたぶんムリ。

以前に大学病院でもらった「猫のボディ・コンディテョン・スコア(監修:左向敏紀先生(日本獣医生命科学大学)」*によると、ももは、BCS6-(BCS5と6中間くらい)程度だと思う。肋骨の場所も、ウエストの位置もわかる。でもお腹周りが太くなっているのは視覚的にも触っても歴然とわかる状態。

*:A4版、裏表でイヌは柴犬、猫は茶トラで構成。それぞれ9段階で肥満度が視覚的に分かるようにイラストが描かれている。アメリカ・ペットフード協会が配布。ヒルズの同スケールは5段階だが、こちらは9段階に分類された優れもの。イラスト(たぶん、CG)がとてもきれいでわかりやすい。

・鼻の下(左)のできもの?/かさぶた
2-3日前から鼻の穴のきわ(左)にわずかに黒く何かがついているように見えた。触っても、とろうとしても何も指先につかない。鼻からの分泌物ではないようだ。今朝、鼻の下(左)が、プツッと何かできていることに気づいた。指先で触れると、直径3mmくらいで丸く盛り上がっているのがわかる。

本人(猫)が引っ掻いて傷をつくりかさぶたの状態になっている可能性もある。腫瘍ではない。1週間~10日後、様子を見て再診の予定。


血液検査結果(2007/9/8)
検査項目    検査値 参考正常値
ヘマトクリット  39  24-45%
赤血球数     854  500-1000*
ヘモグロビン  14.4  8-15g/dl
MCV       51.3  39.0-55.0 fl
MCH       16.9  12.5-17.5 pg 
MCHC      32.9  30.0-36.0 g/dl
血小板数    30.0  30.0-80.0*
白血球数    8800  5500-19500/μl
 単球      176  1760-800/μl
 リンパ球   1848  1500-7000/μl
 好中球(分葉)6336 2500-12500/μl
 好中球(棹状)  0  0-300/μl
 好酸球     440   0-1500/μl

血糖       95  41-153**
総コレステロール 219  <224**
尿素窒素     26  12-41**
クレアニチン   1.7  0.7-2.5** →前回(1.3)より上昇。
総ビリルビン   0.2以下 <0.4**
GOT        16  <45***
GPT        65 <86***
ALP        34  <151***


単位:
* 10 x 4乗/μl
** mg/dl
*** IU/l


本日の体重:4.06kg

スポンサーサイト

2件のコメント

[C23] おひさしぶりです

ももちゃんの定期健診、おおむね良好で良かったです。でも体重管理って難しいですよね。。
できものですが、ウチの仔もおそらく蚊に刺されたと思われるものをチョコチョコ作ってました。かさぶたになっているという事は治っていく過程という事でしょうから、心配ないですね。
  • 2007-09-11
  • 投稿者 : あゆみ
  • URL
  • 編集

[C24] ご訪問ありがとうございます!

あゆみさん、
こんにちは。ほんとうに体重管理はむずかしいですね。ついつい、本人(猫)が食べたがるのだから…となります。
検査データについて、健康優良児と太鼓判をもらいました。ホッとしています。
  • 2007-09-11
  • 投稿者 : ロングテイル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/346-8e16c63e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。