Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T2] 猫の病気について

こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ猫の病気について情報交換しませんか?
トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/32-5772da88
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『ペットががんになった時』 (鷲巣月美編 三省堂)

この本をネットで見つけて、目次を見たとき、飼い主としてまず、こういうことが知りたかったんだ…と感じました。

ももの初診のときに、現在、猫のリンパ腫は決して珍しい病気ではないと主治医の先生がおっしゃいました。飼い主の経験としても、20年前と現在とでは猫の病気の傾向が相当、異なってきているようにも感じます。

現在、ネットによっておよその情報は入手することができますが、ペットの猫(あるいは犬)が診断された疾患とその治療方法について、まず包括的に全体を把握したい、そんなときに役立つ一冊であるように思います。この分野における第一線の獣医師・研究者の先生方が執筆を担当しています。



●はじめに

動物医療の進歩や動物とともに暮らす人々の意識の向上により、動物の寿命はひと昔前に比べ随分と延びました。一緒に暮らせる時間が長くなったことは喜ばしいことなのですが、寿命の延びとともに、人と同様にがんになる動物が増加し、今や犬・猫の死亡原因のトップとなっています。2000頭の犬の死後解剖を行った結果、全体の23%、10歳以上の犬では45%が腫瘍のために死亡したとの報告があります。

本書は犬と猫のがんについて書かれていますが、よりよい動物医療を受けるためには、がんに限らず普段から、動物と家族にとって「よい獣医さん」を探しておいていただきたいと思います。「おかしいな」と思ったときに、いつでも診察してもらえる、そして信頼できる「かかりつけの動物病院または獣医師」を確保してください。信頼できる病院探しは動物が病気になってからではなく、健康なうちに始めましょう。健康診断や予防接種などで動物病院に行ったときに、獣医師の対応や病院の雰囲気など、自分と動物にとって安心できる環境、信頼できる病院かどうか調べてください。

●質問したときに、きちんと答えてくれる、わかるように説明してくれる
●家族の意見を聞いてくれる
●自分の意見を押しつけない
●家族に責任を押しつけない
●一緒に考えてくれる

などは大切なポイントです。自分と動物に合った病院は、相性もあり各自異なると思います。90%の人が「素晴らしい病院だ。名医だ」と言っても、残り10%の人は「自分とは考え方が違っている」と言うこともあります。動物とともに暮らす人は、動物から「命を含めた委任状」を預かっているのです。大切な動物のために、納得できる病院、獣医師選びをしてください。

現在、動物のがんに関しては、人のようにがんの種類や臨床ステージによって詳細な治療方法が確立されているわけではありません。本書ではもっともスタンダードな治療法である、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療、さらにクオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)の維持向上に役立つ治療についてもいくつか紹介しました。最終的にどのような治療を受けさせるかは家族の判断に任されるわけですが、主治医とよく話し合って結論を出してください。いちばん大切なのは家族として、自分たちはどうしたいか、どこまでの治療を望むのか、ということを明確にしておくことです。

本書は犬、猫のがんとその治療法だけでなく、末期がんの動物との生活、ターミナルケア、安楽死、看取りとその後、さらにがんと闘った動物とその家族の闘病記から成り、犬と猫のがんに関して、家族の方々が「知りたい」と思っていることに答えるかたちで構成されています。質問形式にしにくい部分は解説形式やコラムとしてまとめました。

各章の筆者には現在臨床の最前線で、動物のがん治療に携わっている獣医師があたっております。本書が、闘病中の動物と暮らす家族はもとより、動物を家族にもつすべての方のお役に立つことを願っています



『ペットががんになった時』 (鷲巣月美 編 三省堂)より、「はじめに」を引用しました (※ご参考)


ペットががんになった時―診断・治療から看取りまで ペットががんになった時―診断・治療から看取りまで
鷲巣 月美 (2005/09)
三省堂

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T2] 猫の病気について

こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ猫の病気について情報交換しませんか?
トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/32-5772da88
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。