Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/263-91f5927e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

どうしてもホッケが食べたい

先週末、家族によると、気がつくとももがシンクの上で、つい今しがた焼きあがりお皿にのせておいたホッケを食べ始めていたという。魚が手の届く範囲にあったら迷わず(無断で)食べてみる、これは猫のさだめ。

このときの経験、ホッケの味はももの心を捉えたようだ。それからというもの、キッチンのどこかにホッケが隠されていると考えているのか、そわそわしながらキッチンをうろうろする。時々、シンクを見上げたりジャンプしたりしながら。

今晩も食卓にホッケが。
ももはいつものようにc/dごはん。3回目の治療後、さいわいに消化管に見られる副作用の症状はなく、いつもの半分強の量のごはんを食べている。しかし、ホッケの匂いがするのか、何度もシンクにジャンプするとしばし探検、ガスコンロにも足を伸ばし匂いを確認。

根負け。
塩気が強かったらやめようと思ったが、ホッケはそれほど塩辛くないので肉厚でもっとも塩気のなさそうな部分を、身をほぐしてももに与える(大さじ1杯程度)。よく食べる。きっと、満足したにちがいない。夜、雨が降り出したが外へ行くというので玄関へ誘導。しばらくすると中庭に姿を現す。

2階へ移動。いつものももの場所(フリースの上)と私が座る位置に微妙な距離が開いた。ももはどうするかと思ったら、フリースの上に座らずに、体ひとつ分こちらに近づいて背中を丸めて座った(こういうところが、猫のかわいいところ…)。 

+ + +

*ホッケ:
ホッケ Pleurogrammus azonus (、英名:Okhostk atka mackerel)とは、カサゴ目アイナメ科ホッケ亜科に属する魚。ホッケは成長するに従って、アオボッケ、ロウソクボッケ、マボッケ、ネボッケと呼び名が変わり、親しまれる。主に食用で、開いて干物などにし、酒肴としても好まれる。

しかし、昔は「ネズミサカナ」、「囚人魚」などと呼ばれるほど不味い魚と見なされ、また鮮度も落ちやすいため、ほとんど食用としてこなかった。しかし、北海道近海でニシンが獲れなくなると、代替品としてホッケの需要が急増。第二次世界大戦後は食糧難に伴い、重宝された。コールドチェーンの発達した今日では居酒屋などでは定番料理となるほどポピュラーな魚となっており、適度な脂の乗りと淡泊な味、そしてホクホクとした独特の食感に人気がある。また開きにすると骨の取りやすさから食べやすく、魚の骨を取ることを嫌がるひとには人気がある。そして、それまで国語辞典などで記述されていた「不味い」という形容は見られなくなった。

尤も、一般に本州で売られているホッケはシマホッケといって、ホッケとは異なる種類である。北海道のホッケはマホッケと呼ばれているもので、地元で美味と謳われるホッケはこれに相当し、シマホッケは安値で取引されている。よってホッケの「不味い」という先入観はこの代用品を使っている実態にも起因していると思われる。
(※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました)


(※ご参考)
・ヤフーきっず図鑑 -ホッケ
・マルハ株式会社 -ホッケ
ホッケ

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/263-91f5927e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。