Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/259-1b250933
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

抗がん剤治療・3回目

今朝、ももはトイレへも行かずご飯もそこそこに食器棚の上へ避難。ももが何らかの抗議行動をするときに、移動する場所。ふだんの朝と雰囲気がちがうことを早々に察知したようだ。病院へ行きたくないらしい… いつも治療日が近づくと、そう伝えているし、きのうもちゃんと明日は病院の日だと話したのに。

10:00 病院へ。
空が病院の建物と同じくらい白い、曇り空。今日はかなり込み合っている。患者の割合は、およそ8:2、断然犬が優勢。いつもはもう少し猫がいるのに。時間がたっぷりあったので、その間に読みかけの本や書類などがほとんど片付く。

11:20 代理の先生にももを預ける。検査後、3回目の抗がん剤を投与予定。
・血液検査
・レントゲン撮影
・尿検査


弱酸性を回復!!
11:50 主治医の先生から検査結果と今日の予定をきく。白血球数値は8500、GPTはわずかに高め(GPT:86)。尿素窒素はレンジ内に余裕で収まっている、改善が明らか。尿pHは弱酸性を回復する(6.5)。食事管理が功を奏したと考えて良いとのこと。ストルバイトの影が消えたわけではないが、ももの腎臓(機能)はすこしづつ回復している。

2/15から療法食をはじめて2ヶ月が経過、状況に一定の改善が見られた。飼い主の役割は、動物の体の状態が良くなるように日頃の食事や体調の管理をすること。今後のために、いまのうちに見直しが必要なことが検査によってわかれば、可能な限り指摘を受けたいし、アドバイスをしてほしいと思う。

骨美人。
横向きに映ったもものレントゲン写真を見て説明を聞く。肺も鼠径部のリンパ節の付近も異常なし。いつも思うこと、それはももの骨がとてもきれいなこと。骨を見るために撮影しているのではないのに、骨ばかり見てしまう… 脊椎としっぽの骨がひとつづつ、均等にゆるやかなカーブを描いて並んでいる。まるで標本を見ているよう。

毎回、レントゲン撮影をする理由。
事前に肺への転移を確認し、治療の方向性が適正であるかを見極めるためだという。もし、肺に影が写っていたら、現在の治療プランに修正が必要。すでに乳腺癌がリンパ管に浸潤しているため、たとえ全身状態が良くても肺への転移は突然起こりうるという。細胞単位では、影にならない時間を含め進行している可能性があることを思うと合点がいく。

飼い主的には、肺への転移がどれほど緊迫したものなのか、いまいちわからなかった。予後は不良だと聞くしそう、本にも書かれているが、それ以上のことが少しもわからない。ホームドクターからは、一般論以上の回答は得られない。すべてのケース(症例)をひとりの獣医師が把握するのはむずかしいと思うので仕方ない。しかし、できれば具体的に(厳しい内容だとしても)、獣医師の経験則から見た、将来その子に想定されるケースについて知らせてほしいと思う。

たとえば、どれくらいの割合で肺に転移し、そのスピードはゆるやかなのか、週単位で状況が変わるものなのかなど。病気を受け入れられない段階にある飼い主は、興味はあっても受け止める準備が整っていない可能性があるが、少なくとも複数の治療プロセスを動物とともに向かい合ってきた場合には、心の準備という点はなんら問題ないように思う。


青空と雲
*お昼ごろ、陽がさす。青空と夏のような雲。気温も上昇。


14:00 お迎え。
キャリーバックの中で青いエリザベスカラーをしている。点滴注射の前に体を固定しようとすると、「に゛ゃ~お~」と鳴いて、治療を嫌がったらしい。こうした行動は、治療の回数を重ねると犬よりも猫に見られるという。だんだん治療のストレスが溜まったことによるのだという。本人(猫)は、何事もなかったかのように、キャリーバックの中でおとなしく座っている。

帰り際、モエちゃんを見かける。背中の被毛がかなり広範囲になくなっている(背中の手術をすると言っていた)。でも元気そうで足取りは軽やかだった。

+ + +

家に着くと、まずご飯。食欲あり。しばらく外に出て、風に当たり外の空気を吸って室内に入る。それから間もなく、フリースの上で眠り始めた。


本日の体重:3.80kg

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/259-1b250933
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。