Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/219-410f1f34
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

癌性悪液質とは

末期のがん患者の方が、ごはんを食べてもどんどん痩せてきてしまう状態を、癌性悪液質といいます。食事からの栄養素をエネルギーに変換する代謝の仕組みが変わってしまうために、食べれば食べるほど逆にエネルギーを消費してしまう現象が起こるのです。

正常な代謝では糖分はすぐにエネルギーに変換されるのですが、癌性悪液質になるとブドウ糖からごくわずかなエネルギーしか産生されず、乳酸に変わります。乳酸をエネルギーとして利用するために再びブドウ糖に変換するのに産生した以上のエネルギーを消費してしまうので、栄養を取ったつもりで実は消耗してしまう現象が起こるのです。ですから、がんになった動物が痩せてきたから甘い物をあげるというのは逆効果なのです。では、どんな食事ががんの動物には最適なのでしょうか?ご飯やパン、うどんといった炭水化物は糖に分解されますので避けましょう。たんぱく質もたくさん与えすぎるとがんのえさになります。

がんの動物に最適な栄養素は脂肪なのです。それもオメガ3と呼ばれる脂肪酸で、植物油ではなく動物性のもの、特に海の魚に多く含まれる脂なのです。お魚の好きな猫や犬には是非、魚を与えてください。そうした栄養バランスに注意して作られた、担癌犬の為の処方食がヒルズのn/d缶です。糖、炭水化物を省き、良質のたんぱく質を厳選し、魚の脂であるオメガ3脂肪酸をたっぷり含んでいますので、急にたくさんあげると消化不良を起こすことがありますので今食べている食事に徐々に混ぜていき切り替えてください。


ペットの「がん」 -レオ動物病院腫瘍科- > 食べても痩せてしまう癌性悪液質より引用しました

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/219-410f1f34
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。