Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/214-d14e0bed
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

化学療法の利益とリスク

利益とリスクを天秤にかけるということ

重大な副作用の発現

化学療法の副作用は、軽度なもの(一時的でペットへの影響も少なく回復可能)と重度なもの(持続しており影響が深刻で回復不能)と2種類に分けることができます。重度な副作用の発現は、不適切な抗がん剤の選択や投与量、投与間隔、副作用の発現兆候をチェックする体制の甘さなどから生じるため、獣医師側が抗がん治療に対して十分な知識と注意を持ち、飼主の方も治療に積極的に協力(投薬やペットの日常生活の管理に関して指示に従う、ペットの状態の変化をよく観察する等)してもらえるならばまず防ぎうる問題です。

それでも重大な副作用が発現してしまった場合には直ちにそれまでの治療内容を変更し、副作用に対する治療を行います。なぜなら、重大な副作用はペットのQOL(生活の質)を低下させてしまい、命まで縮めてしまう可能性があるからです。しかし、軽度な副作用の場合は少し解釈が異なります。何らかの処置を施してあげれば症状は治まりますし(嘔吐や下痢)回復もします(一時的な白血球の減少など)。

軽度な副作用の許容と動物の命
もしペットの悪性腫瘍が中程度に進行しており、根治できるかできないかの境目であったらどうでしょうか。フルパワーで癌と戦わねば癌が完治しない、癌により死んでしまう可能性が高いとしたら、それでもあなたは「この子のヒゲが抜けてカッコ悪いから抗がん治療もうイヤ」と考えますか?いえ、抗がん治療を続ける事を選んでくださいと言っているわけではありません。「軽度な副作用=直接ペットの生死に関わったりQOLの低下を招かない程度の副作用」と比べなければならないものは、ペットの癌が根治するかどうか、つまり「ペットの命」だということをはっきりと認識して欲しいのです。

脱毛や、薬でおさまる一時的な嘔吐や下痢と、癌で命を縮めることを天秤にかけてみて下さい。それでも脱毛の方が許容できないと結論が出たのなら、抗がん剤は中止します。治療をする、しないの最終決定権は飼主のあなたにあるからです。もちろん私たち獣医師は、小さな副作用なら出ても仕方ないなどとは全く思っていませんし、どんな副作用も出さないように最大限の努力を払います。しかし、副作用が出た場合でも、それが許容範囲であれば容認しなければならない場面が確かに存在します。

治療の目標
要は、何が一番大切で、優先されるべき治療の目標なのかということです。この考えからすれば、根治可能な進行度であればある程度の副作用もその都度の対症療法で乗り越えてもらい、まずは完治することを優先するのが必要だろうし、既に根治を望めない段階であれば、一番の目標はできるだけ苦痛や不自由がなく生活してもらうことでしょう。その上でもし癌の進行を遅らせたり症状を軽減させることができるのであれば抗がん治療を実施することになります。しかし、この場合は優先項目がQOLの向上ですから、小さな副作用でも出ないように治療を施さないといけないわけです。

私たちはペットの癌が今どういう状態で、そのため治療の目標がどこにあるかを明確にしてお知らせします。そして、抗がん治療によって得られる利益と副作用をはじめとするリスクについても全て説明します。腫瘍についての知識不足から来る誤解や先入観が誤った判断を生じないよう、今まで述べてきたような腫瘍についての知識をできるだけお話します。飼主のあなたが、それらを天秤にかけられるように。


児玉どうぶつ病院HPより引用しました

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://momonojikan.blog68.fc2.com/tb.php/214-d14e0bed
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。