FC2ブログ

Entries

ステロイドのメリットとデメリット

犬と猫に対するステロイド使用のメリットとデメリットについて、獣医師さんが書かれたものです。

+ + +

ステロイドの特徴
有効率  ほぼ100%
副作用  あり
費用    安価


ステロイドって何?
アトピー性皮膚炎で使用されるステロイドとは、本来「コルチコステロイド」と言います。もともとは身体の副腎という臓器の一部から産生されるホルモンです。このホルモンは、炎症を抑える、免疫を抑えるなどの作用があるため、治療薬として使用されます。コルチコステロイドの中にもいくつか種類がありますが、一般的にはプレドニゾロンが多く使用されます。

ステロイドは悪者か
「知人にステロイドは怖いよって聞いた」というお話を聞くことがあります。ではいったい何が怖いのか?、ステロイドを与えると死んでしまうのか?きちんと理解している人はほとんどいないと思います。ちなみに運動選手の筋肉増強剤(ドーピング)などで知られるステロイドとは「アナボリックステロイド」で、薬で使用するステロイドとはまったく違いますし、アナボリックステロイドの方が遥かに副作用が強いです。

ステロイドには副作用があります。一方、ステロイドにより救われる患者さんもたくさんいます。使う理由と必要性があれば使うべきですし、無理解のうちにすべてのステロイドを否定し、かえって動物を苦しめてしまうのは、本末転倒だと思います。

副作用のある薬であることは間違いありませんので、やたらに使ったり、漫然と使用してはいけません。いわゆる「さじ加減」がとても重要な薬なのです。

ステロイドの影響・副作用をきちんと知っていますか?
ステロイドの体に対する影響は、短期間のうちに見られるものと、長期間投与した場合に現れる症状があります。また投与量や個体差によって影響される症状もあります。以下に主な症状を挙げます。(赤字は特に注意すべき影響です)

【短期間・必ずみられる症状】
食欲が増す
水をよく飲む
おしっこの量が増える

【短期間・投与量や個体差によりみられることのある症状】
胃腸障害(嘔吐、下痢)
感染症(傷が化膿しやすいなど)

【長期間】
肥満
筋肉の低下
皮膚が薄くなる
胃・十二指腸潰瘍
肝障害
副腎の機能低下(医原性クッシング症候群)
糖尿病 (糖尿病の原因のすべてがステロイドではありません。他の多くの要因(遺伝的要因等)も糖尿病の発症にかかわることがあります。)

【急に投薬を休止した場合】
アジソン病 (最悪の場合、命を落とします。これを防ぐために、ステロイドを中止するときは徐々に投与量を減らしていく必要があります。素人判断で勝手にステロイドを止めてしまうのはとても危険です。)
 
なぜステロイドを使うのか
ステロイドの良い点を挙げましょう。
効果が早い
ほぼ間違いなく効く
安価


動物の皮膚病の場合、皮膚が毛に覆われているため外用薬を使うことが困難です。舐め取ってしまうという問題もあります。そこで内用薬や注射薬を主体とした治療を組み立てていきます。ただ、内用薬で即効性があり、ほとんどすべての動物に効果が期待できる薬は今のところステロイド以外にありません。また他の薬も単独で使用するのではなく、ステロイドを併用した方が効果的な場合が多いです。

さらに犬と猫は、人よりもステロイドの影響が出にくいと言われています。ただ大型犬は影響が出やすいようです。

本郷どうぶつ病院HP ステロイド -副作用が怖い?- より一部を引用しました。

スポンサーサイト



ステロイドに関して

今週初め、ももの両眼はふどう膜炎と診断、オルガドロン点眼薬が処方されました。長期間の使用にはならないと思われますが、ちょっと調べてみました。

3日後、いつもとちがうごはんをあげると、ももの大好きなタイプだったらしくものすごい食いつきのよさ!、その上ももの食欲は深夜にまで及びました…。それに、トイレの量がいつもより多い… 

+ + +

ステロイドとは
私たち動物の生体内にある「副腎皮質(腎臓の上部)」から出る『コーチゾン』というホルモンがあります。自然界には、この「コーチゾン」によく似た作用をするものとして、植物由来の『大豆サポニン』、鉱物由来の『ヒドロコルチゾン』というものがあります。そして、人間が人工的に化学合成して作ったものが、『ステロイド』というものになります。ですから、「ステロイド」とは、人工的な副腎皮質ホルモンのこととお考え下さい。

商品名としては、プレニゾロン、デキサメサゾン、トリアムシノロンの3種があります。錠剤、注射液、点眼液、点耳液、軟膏、座薬、舌下薬、吸入薬、噴霧薬、テープという様々な形態のお薬が出ています。

ステロイドはどんな病気のときに使われるのか?

アレルギー性気道疾患
喘息や咳などの症状。ステロイドには気管を拡張し炎症を抑える作用と免疫抑制作用があるので、多用される。咳止めのエース級の薬。吸入薬として使われる。

アトピー性皮膚炎
アレルギーが皮膚に起こることをアトピーという。かゆみ止めそして、免疫抑制剤として、抗生物質との併用で使用される。

免疫抑制剤として
免疫を抑えるために。

抗炎症剤として
炎症の原因となる物質を抑えることで、炎症を抑える効果を期待する。血小板の活性を抑制する。

抗ガン剤として
ガン自体を抑える効果はないが、ガン化した細胞からでる毒素を和らげる働きがある。
眼薬として

目薬にはたいていステロイドが入っている。結膜炎やブドウ膜炎の時には、ステロイドを使用するのが一般的。
鎮痛剤として
痛みの元になる物質を抑制するので、痛みが緩和される。

ショック止めとして
急激に起こった全身の血液循環症状を緩和する。ステロイドには血圧を下げる効果があるため。

どんな副作用があるのか?

副腎皮質機能の低下
ステロイドを大量に、そして2ヶ月以上服用、もしくはステロイドを少量1年という長期間にわたって服用すると、副腎機能の低下が起こります。つまり、身体に元からある「副腎」が薬が大量に入るために、その働きを停止してしまいます。副腎はしぼみ、萎縮していきます。副腎の機能を戻すのには相当な時間が掛かります。

-飼い主でも分かる副腎機能低下の症状-
A.皮膚が薄くなる  B.被毛が縮れる   C.皮膚が萎縮する
D.お腹が垂れ下がる  E.皮膚にカルシウムの沈着がみられる など

体内のミネラルのバランスの失調

コーチゾンは水分の調整やphの調整をしているホルモンです。ステロイドが長期になると、ミネラルの調整が失われていきます。そうすると、心臓に負担がかかり、浮腫、高血圧を招く=低カリウム血症が起こる。

下痢と潰瘍を起こす
腸粘膜からの水の吸収が不調となるので、水気の多い便=下痢になりやすい。また、胃の粘膜の保護材が低下し、消化性の胃潰瘍になります。(自分の胃液で自分の胃を溶かす)。

多飲多尿・食欲亢進
水分調整のホルモンですから、薬で入れると異常に水を飲み出します。また、水をたくさん飲むために、異常な排尿の量、排尿回数を招きます。また、食欲も異常に増します。

糖尿病の誘発
糖の新生を盛んにし、グルコースの利用を抑制する。

ワクチン接種の制限
免疫抑制作用があるために、ワクチンが役に立ちません。白血球やマクロファージを抗原から遠ざけるためです。ワクチン接種前後、約1週間は投薬をやめます。

検査妨害
この薬の使用中は肝機能の数値と甲状腺の数値が狂ってしまい、検査に支障が出ます=正確な数値が出ない。検査1ヶ月前より、投薬をやめます。

ステロイドを使えない病気=禁忌
・ 真菌症 ・ 胃潰瘍 ・ 精神病
・ 結核 ・ 白内障 ・ 緑内障
・ 高血圧 ・ 異常 ・ 電解質(ミネラル)
・ 血栓症 ・ 糖尿病 ・ 心筋梗塞
・ 骨粗鬆症 ・ 腎不全 ・ 肝硬変
・ 肝炎 ・ 脂肪肝 ・ 甲状腺機能異常
・ 妊娠中

まとめ
ステロイドの使用でもっとも怖いのは、
・ 長期に使用
・ 大量に使用
・ 少量の長期使用


以上のような使用の仕方をすると、副作用が懸念されてきます。

通常、ステロイドを【0.05mg/kg/1日】を1ヶ月与えても大丈夫だと言われています。この投薬量が基本的な量となります。ベテランの獣医さんでは、「初期に大量に投与して、投与期間を短くする方法がベスト=短期に薬効をもたらす。以降、薬の量を減少させていく」方法がとられているようです。少量をだらだら長期間与えるより、良い方法であると話しておられました。

もし投与中に、以下のような症状が現れたら、獣医さんに相談して量や回数を減らして行くようにしましょう。

・ 食欲の亢進
・ 水をたくさん飲む
・ 多尿
・ 呼吸が荒くなる=高血圧になっているため

dog&cat ann. > コラム > 猫の健康 > Vol.06 ステロイドの薬について より一部を引用しました

改めて、甲状腺について

もう一度、ももの状態を把握するために、獣医師さんの書かれた内容を確認しました。

+ + +

甲状腺機能亢進症とは
甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモンの過剰により多臓器に傷害をだす疾患です。猫に多い疾患です。この疾患は人で言うバセドー氏病です。人のバセドー氏病は若齢でおきますが猫は高齢になってでる傾向があります。

大多数の猫の甲状腺機能亢進状態は、ゆっくり進行します。また、食欲が良好に維持され、年齢の割には活発(あるいは過度に活動的)なため、ほとんどの飼い主は病気に気が付かないことが多くみられます。そのため病院に連れて行かなかったので症例が少ないと考えられています。

また最近の獣医師は甲状腺ホルモンを測る方が多くなりましたが、以前は殆ど測られていなかった事情もあります。10歳以上の猫では3割位の猫がこの疾患にかかっているのでは?と報告している獣医師もいます。愛猫が元気でも、以下にあてはまる症状があったらぜひ動物病院にご相談下さい。

どのような場合動物病院へ?自宅で観察される症状
・うちのネコ、年寄りなのに急に元気になった。よく食べる。
・たしか避妊・去勢をしていたはずなのに、年を取ってから発情しはじめたように興奮する。
・10歳以上の年老いたネコが、なぜか眼がぎらつき、呆れるほどに動きが活発になってきた。
・なぜか食欲が増してきて、ガツガツ食べる。しかし体重はかえって減ってきた。
・このごろ妙に飼い主の体にまとわりつく。毛がところどころ抜けてまだらになった。でも皮膚の状態は悪くない…

よく食べるにもかかわらず猫が痩せてきたり、最近少し性格が変わったかな?と思ったら、甲状腺機能亢進症を疑うべきである。高齢猫で健康診断をするなら、ぜひ甲状腺ホルモンを測定してもらって下さい。

このような状態が甲状腺亢進症で起きていたならば、放置すると猫は短命に終わります。甲状腺機能亢進症は多臓器に傷害をだします。突然死もあります。また心臓に障害が及んだ場合は不可逆的です。診断は比較的簡単です。必ず動物病院を訪れましょう。

甲状腺機能亢進症の歴史
1980年頃からニューヨークを中心に増加した疾患です。原因は不明とされています。アメリカでは1970年ごろからキャットフードを食べさせる週間ができました。これらのキャットフード飼育猫が10歳になっておきた病気なので、餌が考えられました。

しかし餌が改善された現在でもおきています。またニューヨーク、シカゴなど都会での発生が多いせいか大気汚染、毒物説、甲状腺誘発物質説など様々な説があります。アメリカの風土病という風評もありましたが、日本でも平成4年、大阪で初めて発見され、学会に報告されました。以後、各地で多数の症例が認められるようになりました。

年齢
甲状腺機能亢進症は7ヶ月~22歳(平均13歳)の猫に起こり、患猫の95%は10歳以上で、品種・性別による好発性はないとされています。しかし他の研究者は高齢の猫に確かに多いが、若い猫での発生もときどきあると報告している方もいます。 

症状の統計 獣医師の見解
最も一般的な症状

ヒストリーから(アメリカ83年のデータ)
●体重減少88%(カロリー消費激しい)
●食欲の増加(多食)49%
●嘔吐44%(急な多食のため嘔吐する)
●多飲多尿36%
●活動亢進31%
●食欲減退16%
●下痢15%(腸運動の亢進)
●活動減退12%
●虚脱12%
●呼吸困難10%

ヒストリーから(アメリカ93年のデータ)
●甲状腺腫大83%
●体重減少65%
●心雑音53%
●頻脈42%
●ギャロップ15%
●運動性亢進15%
●過剰攻撃10%

検査体制が進むにつれて、初期的な症状が表れてくるようになった。甲状腺腫大は日本の猫では少ない。

着目する点
・猫がおちつきない。
・ケージに入っているのに眼をぎらぎらさせている。
・ストレス時の虚脱、呼吸困難など。

身体検査
甲状腺の腫大-50%
神経過敏や行動の変化、凶暴(過剰行動)-34-76%

心臓
心臓が大きくなる肥大型心筋症とよく似ている。心肥大は治療不可能。左室の2次性の肥大。左心系の拡大・中隔肥大(3-3.9mmグレーゾーン・4mm厚い)がおきる。

腎臓
腎血流量の増加、糸球体濾過量の増加、尿細管吸収増加。多尿は甲状腺ホルモンの影響。腎臓悪い場合、甲状腺機能亢進症を治すと腎不全がでることがある。
この場合、低用量からチアマゾールを始める必要がある。

呼吸器
呼吸器障害。パンテング。過呼吸(ストレス、)
若齢での発生は頻脈や頻回の鼻血と言った症状に甲状腺機能亢進症が報告されている。

甲状腺の解剖
猫の甲状腺は分かれた2葉からなり、正常なら 5番目~6番目までの気管輪に接している。 正常な猫の甲状腺葉は長さ約2cm、厚さ約0.5cm、幅が0.3cmであり、2葉の重さは0.1~0.3gである。

甲状腺ホルモンの作用
甲状腺は内分泌器官のひとつで食物(主に海産物)に含まれているヨウ素を材料にして甲状腺ホルモンを合成している。甲状腺ホルモンは生体内唯一のヨウ素有機化合物で、摂取されたヨウ素は甲状腺ホルモンの合成のためのみに利用される。猫におけるヨウ素の1日あたりの必要量は100ugである。
ほとんどの市販キャットフードには、推奨量を給与した場合に少なくとも最小必要量の3~5倍が含まれている。このためヨウ素欠乏症は、猫には極めて少ない疾患である。

甲状腺ホルモンとは
食物として摂取されたタンパク質、脂肪、炭水化物は代謝されて体の組織を作るのに利用されたり、エネルギーになったりするが、甲状腺ホルモンにはこうした新陳代謝の過程を刺激したり、促進したりする作用がある。熱産生や組織代謝に密接に関連して、動物の生命活動に無くてはならないホルモンである。

甲状腺ホルモンの種類
T4:サイロキシン(テトラヨードチロニン血漿中輸送型
T3:トリヨードチロニン=細胞内で出来る活性型
rT3:トリヨードチロニン=不活性 甲状腺では主にT4を作り、T4が肝臓などでT3になりホルモンの働きを発揮する。

病理
甲状腺腺腫や腺腫様過形成が最も多い(約98%)。腺癌は罹患猫の2%に認められ、転移する事がある。甲状腺の異常は、片側または両側性に発症するが、約70%は両側性である。

診断
診断スクリーニング検査
CBC赤血球増加、MCVの高値が見られる。
生化学ALT・ALPの増加・ALT 感度100% 特異性39%・ALP 感度83.3% 特異性82.9%
確認検査甲状腺ホルモンT4測定 甲状腺ホルモンT4(正常範囲0.2~3.0u

甲状腺ホルモンT4(正常範囲0.2~3.0ug/dl)
>4 ug/dl  かなりうたがわれる
3-4 ug/dl  可能性あり 注意1)
2.5-3 ug/dl   不明
<2 ug/dl   ありそうもない


甲状腺ホルモンは日内変動あり。猫は夜行性なので夜高い。また若ければ増えるし、年をとれば減る。運動すればあがるし、静かならさがる。寒ければ上がる。病気で寝ていれば代謝率さがる。よく様子をみながら、どこに線を引くかが問題。甲状腺の症状があるかないかを検討する。

注意1)まぎらわしい時は数回測定。またはTRH負荷試験 TRH 0.1mg/kg iv PREと4時間後を測定。正常では2倍の増加。亢進症では不変。しかし嘔吐など副作用も多い。

オダガワ動物病院 猫の診療カルテ 猫に多い病気 1・甲状腺機能亢進症 より一部を引用しました

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!