FC2ブログ

Entries

日向ぼっこ

日向ぼっこ

今日は朝から、よく晴れました。
10月半ばになると、やはり空気がひんやりしてきます。でも今日は温かくて、干し物&洗濯日和でした。

部屋に日差しが差し込んでいると、ももがベランダの方を見上げているので外に出してあげました。しばらくごろごろしたり、ひっくり返ったりしてから、いつのまにか自分で階段を降りて部屋に戻っていました。

スポンサーサイト



生老病死 -読み解き方

お釈迦様の「生老病死」について、日野原先生によると別の読み解き方ができるとおっしゃっています。

生涯の課題
・どうよくきるか
・どうよくいるか
・どうよくむか
・どうよくぬか


どんなよい病人になるか
どういうよい老人になるか
「死をどう生きるか」

+ + +

お釈迦様は、人間の一生を「生・老・病・死」という四つの言葉で表しました。人間には、生きる苦しみ、老いる苦しみ、病む苦しみ、そして死ぬ苦しみという、四つの苦しみがあるとお釈迦様は言われたのです。私はいつもこの四つの苦しみを、別の読み方にしてご紹介しております。つまり、どうよく生きるか、どうよく老いるか、どうよく病むか、どうよく死ぬか、と。この四つが私たちの生涯の課題ではないかと、私はそういうように考えているわけです。

ですから、病気になったときに、ただ病人になるのではなしに、どんなよい病人になるか。年をとってきて老いを感じるようになってきたときに、どうよい老人になるか。最後に、死ななくてはならなくなったときに、どうよく死ぬかというように考える。つまり「死」ということに対しても「死をどう生きるか」というふうに読みかえたいと思うのであります。(『家族を看とるとき』 日野原重明 編著 春秋社 2005  p18~19より一部を引用しました)


家族を看とるとき―メメント・モリ〈2〉 (メメント・モリ (2))


『家族を看とるとき』

この本は、ホスピス・緩和ケアに関するセミナーの講演録からまとめられたもので、ホスピスの第一線で仕事をされている医療者、そのほかの方たちによって、率直な意見や大切な考え方が述べられています。

+ + +

ホスピスでも普通の生活を
ある患者さんは、長野からいらしていて、また長野に帰られる予定だったのですけれども、病状が進行して帰れなくなりました。最期の日々を一緒に暮らしていた二匹の猫と過ごしたいとおっしゃって、長野から飛行機で猫を運んでまいりました。猫は最初とてもおどおどしていてなじめませんでしたけれども、そのうちその患者さんの部屋で一緒に暮らし始めました。お布団の中に入って患者さんの体にぴたっと体を寄せて、約二週間、一緒に暮らしました。患者さんはやはり精神的にとても落ち着かれたようで、最期はその二匹の猫にも看とられて旅立たれました。(『家族を看とるとき』(日野原重明 編著 春秋社 2005)p79より一部を引用しました)

存在だけで人を癒すことができる
私も三匹の猫と一緒に暮らしておりますが、動物たちから学ぶことが多くあります。あの猫たちは身一つで生きていて、しかも至極満足そうです。(途中省略)

それからまた、うちの猫たちには時がありません。昨日のことも反省しないし、明日のことも思い煩わない、確かに在る<今>をしっかりと生きているということを感じます。あの強さもすごいと思うのです。そして、存在だけで人を癒すことができる。これは私たち医療者にとっては究極の目標であります。注射がなくても何がなくても、私という存在だけで人を癒すことができるということです。(以下、省略)(同書、p80~81より一部を引用しました)


家族を看とるとき―メメント・モリ〈2〉 (メメント・モリ (2))家族を看とるとき―メメント・モリ〈2〉 (メメント・モリ (2))
(2005/05)
日野原 重明 山折 哲雄

商品詳細を見る



Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!