FC2ブログ

Entries

猫の記憶

猫の記憶に関する話です。

その特徴はというと、
・猫の短期記憶は犬よりも優秀
・オランウータンやチンパンジーにも劣らないという研究結果もあるらしい
・基本的には人の記憶と同じように考えて良い
・短期記憶、長期記憶、エピソード記憶、意味記憶、潜在記憶、滞在記憶がある
・時間の認識は苦手(ほとんど無理)
・1番優先される記憶は、楽しくない記憶(危機回避のための大切な機能)
・楽しいこともよく記憶する(特に食べ物や遊びはすぐに学習する)
・猫のしつけには、しかることよりも、誉めて楽しい経験を反復し、良い行動を定着させることが効果的
・兄弟や母猫の記憶は、忘れてしまうことが多い(危険な記憶の方が優先する)


+ + +

第75回

Q. うちの『茶馬(ちゃめ)』は、元野良さん。生後1カ月の頃、母猫が兄弟猫4匹を連れていなくなってしまい、置き去りにされたコです。その日は長い時間、大声で鳴き続けていました。茶馬は今でも、母猫とはぐれてしまった頃のことを覚えているのでしょうか? 猫に幼い頃の記憶があるのか知りたいです。茶馬は、芸を覚えたり、人の言葉を真似るなど、記憶力は良いコです。

A.  猫の記憶力ってどの程度なのでしょう?
犬は飼い主の言うことを理解するし、従順で恩を忘れないので賢いと言われます。確かに犬は盲導犬や聴導犬、警察犬などとして活躍しているので、知能も高く記憶力が良いのは明らかです。猫は犬と同じようなことはできませんが、知能や記憶力は劣っているのでしょうか?

そんなことはありません。記憶する能力は高く、短期記憶は犬よりも優秀で、オランウータンやチンパンジーにも劣らないという研究結果もあるようです。

そもそも記憶って?
記憶とは、「記銘」「保持」「想起」の3段階によって行われるもので、この一連の流れを意識せずに行っています。情報を記録し(記銘)、維持し(保持)、思い出して利用する(想起)ことができて記憶と言えるのです。

記憶は、覚えている時間の長さによって、短期記憶と長期記憶とに分かれています。短期記憶は、短時間持続する記憶のことで、レジで支払うときの金額などがそうです。長期記憶は、短期記憶を反復することで定着していく記憶のことで、学習はこの方法で習得されていきます。長期記憶になれば、その記憶は簡単には忘れなくなります。

長期記憶は、「記銘」の仕方にょって、個人的な体験の記憶である「エピソード記憶」と、学習で得たような知識や情報に関する記憶、「意味記憶」に分けられます。また、思い出し方によって「潜在記憶」と「顕在記憶」にも分けられます。「潜在記憶」は、自転車の乗り方や箸の使い方のように、自然に身についていて何気なくしている記憶のことで、体で覚えるタイプの記憶を言います。「顕在記憶」は、すぐに思い出せて書いたり話したりできる記憶のことで、言葉やイメージで覚えるタイプの記憶です。これは情報の質によって、手がかりなしに思い出す「再生」(自分の名前など)と、何かの手がかりによって思い出す「再認」に分けられます。

危険な出来事が優先的
猫の記憶も、基本的には人の記憶と同じように考えて良いようです。短期記憶も長期記憶もあり、エピソード記憶や意味記憶、潜在記憶や滞在記憶もあると考えられます。ただ、時間の認識は苦手(ほとんど無理)です。

記憶の重要さの認識は人とは違っているので、その違いに注目できれば猫の記憶の良さに気づくことができるでしょう。

猫にとって1番優先される記憶は、楽しくない記憶です。嫌なことや恐怖、危険な出来事などは、自分を守るために記憶する必要があるのです。危機回避のための大切な機能です。1度の体験で長期記憶にしっかりとメモリーされてしまうので、怖い思いや痛い思いをさせると、執念深いと言ってもいいくらいいつまでも覚えています。もちろん楽しいこともよく記憶されます。特に食べ物や遊びに関してはすぐに学習してしまいます。

このことから、猫のしつけには、しかることよりも、誉めて楽しい経験を反復し続けて、良い行動を定着させることが効果的なことがわかります。

幼い時の兄弟や母猫の記憶は、長期記憶になるほどの強い出来事がなければ忘れてしまっていることが多いようです。理由の1つは、幼児期には学習し習得すべきことが多く、記憶の大部分がそちらに使われてしまっているため。もう1つは、母猫のことを覚えていても、それがあまり利益にならないため重要な記憶として残らないようです。

高円寺アニマルクリニック 猫の手帳 質問集[75]子猫時代の記憶って残っているもの? より引用しました

スポンサーサイト



ヨソ猫に遭遇

先週の出来事。
家族によると、夕方ももが家の裏手あたりでよその猫と遭遇、ももはあわてて玄関の方向へ引き返してきたという… それからというもの、あまり外に出なくなってしまいました。

さいわい、相手の猫は凶暴ではなくすぐにお隣の敷地へ移動、にらみ合いのようなこともありませんでした。

以来、外にあまり出なくなってしまいました。外が暗くなると目が見えにくくなるし想定外の出来事で、きっとこわかったのでしょう。昼間は、問題ないらしいので、夜はいつもより目配りを徹底することにしました。これまでも、ヨソ猫が敷地に入ってくることはたびたびありましたが、“猫の探検”癖はいわば猫の性分、そのときにももがいなくてよかったと思うことはありました。

それにしても、猫の記憶。
あの小さな額の奥にある(たぶん、小さな)脳ミソに「怖かった記憶」が入っているかと思うと、猫という生き物がいとおしくなってきます。神様はなんて精巧に、生きものをつくったのだろうと感心してしまいます。

ところが…
2~3日後、ももの右眼の下まぶたのほんの3ミリくらい下に、わずがに「かさぶた」らしきガサガサした手触りが。そのうちに、本人(猫)が“お化粧”(=顔を洗って)しながらかさぶたが取れるのを目撃、あとに血がにじんでいました… もしかしたら、ヨソ猫と遭遇したときのもの?かも。

それから、夜外に出るときはももの至近距離にいるようにして、少しでも恐怖心を和らげようとしました。でもあまり効果がなく、外に出ること自体が不安になったようで、2回に1回くらいは外に出るのをあきらめているようでした。きのうの晩、中庭からライトを照らして後ろをついていくと、裏手に回ろうか、玄関の方へ行こうか逡巡して、裏手に足が向いたものの北側の角まで来るとくるっと身を翻して、中庭へダッシュ。はき出し口から室内に入るとそのまま階段を駆け上がっていってしまいました。

そして今日、何気なくももの背中を触ると、右の肩甲骨の下の角から背中にかけ、被毛の毛穴に沿って4~5cmくらいとびとびに小さなかさぶたがあるのを発見。四足歩行の猫の姿を想像するに、下まぶたと肩甲骨はほぼ水平、位置関係的にいかにも関連性がありそうで、もうすっかり遭遇したときの傷と半ば決めつけて、改めてももの恐怖心がありありと想像されました(ほんとうは、関連性なかったりして…)。大怪我でなくて良かったとはいえ、おそらく夜になると視界がかなり悪い可能性があるので、不安はいかばかりかと

恐怖や不安は、動物にとって身を守るという意味で必要な記憶。ももには安心して、家の周りでストレス発散してほしいのだけれど…

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!