FC2ブログ

Entries

猫の甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症について、とても詳しく調べて書いてくださっている方のページを発見。

ほかのどのウェブ記事より、説得があって病気について理解することができました。

+ + +

猫の甲状腺機能亢進症

治療

猫の甲状腺機能亢進症を伴う甲状腺腺腫様過形成の基本的原因は不明である。この疾患は自然寛解が起こらないので、治療の目的は腺腫性甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌過剰を抑制する事にある。猫の甲状腺機能亢進症は以下の3つの方法で治療できる。すなわち、外科的な甲状腺切除術、放射線ヨウ素あるいは抗甲状腺薬の長期投与である。抗甲状腺薬は甲状腺機能亢進状態の猫に「甲状腺切除術前の準備」として短期治療(3~6週)しても非常に有用である。

個々の猫に対する治療法の選択は猫の年齢、付随する心血管系疾患あるいはその他の主要な内科疾患(たとえば腎疾患)の存在、熟練した外科医あるいは核医学部門の利用性、推奨した治療法を飼い主が快諾するかと言ったいくつかの要因に依存する。利用しうる3つの治療法のうち、外科的方法と放射性ヨウ素の利用のみがそれぞれ腺腫様性甲状腺組織を除去し破壊して、甲状腺機能亢進状態が「治癒」する。抗甲状腺薬(たとえばメチマゾール)の利用は甲状腺ホルモンの合成を阻止するが、薬物療法の中止後24~72時間以内に甲状腺機能亢進症の再発が必ず起こる。甲状腺機能亢進症を主に抗甲状腺薬で治療する場合には、抗甲状腺薬を生涯投与しなければならない。

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は血中の2つの甲状腺ホルモン(T4とT3)の濃度過多から起こる多器官障害である。循環血液中の甲状腺ホルモンの増加が各臓器に与える作用の結果として、エネルギー代謝の亢進と熱量産生増加が起こる。

甲状腺機能亢進症は4~22歳(平均13歳)の猫に起こり、患猫の95%は10歳以上で、品種・性別による好発性はない。もっともありふれた内分泌障害であり、小動物臨床で頻繁に診断されるものの1つである。

臨床症状

甲状腺機能亢進症は多くの臓器に影響し、ほとんどの症例がいくつかの臓器の機能障害を反映した臨床症状を示す。しかし臨床症状が1つの臓器を中心に現れて、甲状腺機能亢進症の可能性を見落とすことがある。また、猫の多くの他の疾患に類似しているので誤診されることもある。

大多数の猫の甲状腺機能亢進状態は、ゆっくり進行する。また食欲が良好に維持され、年齢の割には活発(あるいは過度に活動的)なため、ほとんどの飼い主は病気に気が付かないことが多い。

最も一般的な症状
・体重減少…95~98%
・食欲の増加(多食)…67~81%
・神経過敏や行動の変化(過剰行動)…34~76%

織蜃-origin- > 動物達のお話 より一部を引用しました。


動物達のお話
織蜃-origin- 

スポンサーサイト



生活から消えた「死」

時代は移り変わるのがつねですが、「核家族化」と「病院死」によってますます「死」が見えにくくなっていると、中川先生はおっしゃっています。

+ + +

今や、「畳の上で死ぬ」人はほとんどいません。8割以上が病院のベッドの上で亡くなっています。しかし、50年前は8割以上が、そして、僕の生まれた1960年でも7割の方が、自宅で亡くなったものでした。

一方、核家族化が進んで、現在、小学校の1クラスで、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に暮らしている生徒は1~2人と言われています。

「核家族化」と「病院死」。これらが、日本人の死生観に影響を与えていると思います。少し前まで、日本人は大家族で暮らし、生まれ育った家の畳の上で死んでいました。子どもたちは、自分の老いと死を生活の中で「予習」できたわけです。

今の子どもが一緒に暮らすのは若い両親だけになり、生活の中で「老い」を見ることはありません。死は、病院の中に「隠蔽(いんぺい)」され、やはり生活や意識の中から消えてしまっています。

あるアンケートによると、「死んでも人は生きかえるか」という質問に対して、小学生の34%が「はい」、32%が「わからない」と回答しています。死の「リアリティー」が失われてしまっているのです。そして、このことが「がんを知る」ことも困難にしています。

今さら、皆が昔の大家族や在宅死に戻ることはできないでしょう。処方箋(しょほうせん)は、学校で、がんと死について教えることだと考えます。ところが、日本の小・中学校では、死の教育はおろか、からだや病気のことも、ほとんど教えていません。

日本は、保健と体育が「保健体育」という一つの教科ですが、多くの先進国では、保健と体育は別教科です。そして、日本の保健体育は、事実上、「体育」になってしまっています。保健を教える先生は体育の先生。実は、保健体育の先生は、教師の中でも喫煙率が高いというデータもあります。これでは、がんの教育も難しいでしょう。

日本人の半数が、がんになる時代を迎え、がんと死を学校で教える必要が高まっています。僕は、企業などからの寄付を募って、分かりやすいがんの副読本を中学3年生全員(約120万人)に配布できないかと計画しています。(中川恵一・東京大付属病院准教授、緩和ケア診療部長)
毎日新聞 2009年7月28日 東京朝刊

毎日.jp > ライフスタイル > 健康 > Dr.中川のがんから死生をみつめる:/16 生活から消えた「死」より引用しました。

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!