FC2ブログ

Entries

犬猫はどうして外耳炎が多いか?

たれ耳のわんちゃんや、外耳に長い毛が生えている犬種等、人の耳の形と異なり、構造上乾燥しにくい状態であることが外耳炎になりやすい理由だそうです。

治療をしないと、「細菌性の外耳炎などに移行し慢性化する」こともあるらしい。

+ + +

犬猫の外耳は人間と構造が違います。図のように乾燥しにくい状態になっています。 ※犬猫の外耳の構造(図)はこちらからごらんください。

犬猫の外耳の特徴
外耳の中は皮膚と同じで、常に新しい細胞が生まれ耳垢線からの分泌物と古い細胞がたまって耳垢となりたまっています。人間のように簡単にできるようにもなってませんし、細菌や真菌が繁殖しやすい状態になっています。外耳炎に一度なった犬や、かかりやすい犬は月一回の検査及び治療が必要です。

子犬、子猫を飼ったらまず検査
猫の外耳炎の50%は、耳の中のダニによるものです。犬でも10%位で外耳孔が不潔になりやすくかゆみが激しい特徴があります。特に集団飼育で感染する機会が多くみられます。これを完全に治さないと、後で細菌性の外耳炎などに移行し慢性化することがあります。

ミネルバ動物病院HP 犬と猫の外耳炎 より引用しました

スポンサーサイト



ネコちゃんの「外耳炎」

症状:
耳アカがたまっていたり、嫌なにおいがする

原因:
細菌や真菌の感染 →湿った悪臭のある耳アカ
ダニの寄生  →乾いた黒っぽい耳アカ

外耳炎に罹患すると
ひどく痒がり頭をしきりに振ったり後足で耳を引っ掻いたりする


季節性との関連
湿度が高くなると細菌や真菌が繁殖しやすく、外耳炎になりやすいため特に注意

+ + +

ネコちゃんの耳の中に異常に耳アカがたまっていたり、耳の中から嫌なにおいがしたりはしていませんか?このような症状が見られたら外耳炎を起こしている可能性があります。外耳炎や細菌や真菌の感染、ダニの寄生などが原因で起こります。細菌や真菌の感染による場合は湿った悪臭のある耳アカが見られ、ダニの寄生による場合は乾いた黒っぽい耳アカが見られます。

外耳炎になるとネコちゃんは耳をひどく痒がり頭をしきりに振ったり後足で耳を引っ掻いたりするようになります。さらに炎症がひどくなると痛みを生じ耳のまわりを触るのを嫌がるようになります。慢性化すると治療にも時間がかかってしまうので異常が見られたらひどくなる前に早めに連れて来てください。

湿度が高くなるこれからの季節は細菌や真菌が繁殖しやすく外耳炎になりやすいため特に注意してネコちゃんの耳の中を見てあげて下さい。

池谷犬猫鳥の病院 > コラム > ノミ、マダニ・外耳炎・飼育環境・インフルエンザ(2009年06月)より一部を引用しました

猫の外耳炎

原因には、自己免疫疾患もあるという。
ももは次回甲状腺の検査予定。

なんだか、ももは目、耳、口腔(歯)等の体の器官が緩慢にではあるが弱々しくなってきているなと感じられました。老人性なのだろうか? だとしたら、それとして向き合っていけばいい。年をとらない動物も人間もいないのだから。

本人(猫)は、好奇心もあるしさいわいに足腰はすこぶる丈夫。加齢なのかタチなのか、病気になりやすいことがわかったので、前倒しで気をつけていこう。

+ + +

外耳炎とは、さまざまな要因から耳介(みみたぶ)や外耳道(耳の穴から鼓膜まで)に炎症が起こる病気です。

原因

寄生虫:ミミヒゼンダニ(カイセン)など
アレルギー
耳道の閉塞:腫瘍や被毛の蓄積など
自己免疫疾患
感染:細菌、酵母、真菌(カビ)

症状

・ 頭を振る、耳介を下げる、頭を傾ける
・ 耳を掻く・・・掻きすぎて耳を傷つけたり、耳介に内出血を起こす(耳血腫)こともあります
・ 耳からの悪臭・・・耳垂れがみられるものもあります
・ 耳が赤く腫れる

外耳炎が進行すると鼓膜が溶けてしまったり、中耳や内耳にまで炎症が広がります。また、慢性炎症の結果耳道内の皮膚が厚くなって狭くなったり、耳介の軟骨が石灰化といって硬くなったりもします。

治療

・ 耳洗浄と点耳薬の塗布
・ 抗生物質や抗炎症剤の投与
慢性経過による耳道の狭窄・閉塞、腫瘍などの場合には外科的治療が必要なこともあります。

予防

耳道の換気をよくする。
毛を抜くのは効果的です。

アイリスペットどっとコム>猫といっしょ>病名から調べる 猫の病気>猫の外耳炎より引用しました

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!