FC2ブログ

Entries

分離不安とは?

犬は分離不安になると、不安のあまり暴れるそうです(トイレ以外の場所でそそうをしたり、ソファや家具をこわしたり等)。猫にはそういうことは見られません。ももの場合は、ただひたすら、鳴き続けます。

+ + +

猫の分離不安は犬ほど深刻ではない 
マイペースで単独行動をとる猫は、ひとりでの留守番も比較的大丈夫です。しかし、中には飼い主と離れることに激しい不安を感じてしまう「分離不安」傾向の強い猫もいます。生後まもなく飼い主に拾われ、排泄の世話もすべて飼い主にしてもらった猫では、飼い主が母親そのもので、密着度、一体感が異常に強くなることがあります。

けれども、分離不安が犬ほど深刻化することはまれです。それは、犬のように留守中に吠えたり鳴いたり、ウンチやオシッコをしたりという、人の迷惑になる「問題」を起こすことが少ないためです。猫の場合は、部屋のどこか、自分の安心できる場所にじっと隠れている場合がほとんどです。

「分離不安」を軽減させる 
とはいえ、不安傾向の強い猫にとってみれば、ひとりきりの留守番は胸中おだやかではありません。留守中に戸外で大きな音がしたり、窓の外をライバル猫が通ったりすれば不安が高まり、自分の気持ちを落ち着けるために必要以上に毛づくろいをして皮膚炎を起こしたり、スプレー行動を行ったりすることもあります。

帰宅後に、室内をよく点検して、留守中に愛猫がどのように過ごしていたかを考え、戸外の刺激にさらされにくい環境を考えてください。

花王ペット | 猫を知る|愛猫と暮らす生活事典|問題行動|分離不安 より引用しました

スポンサーサイト



Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!