FC2ブログ

Entries

子猫の夜鳴き -4つの主な理由

老猫の夜鳴きは、何らかの代謝性疾患によるものまたは認知症の疑いとして捉えられることが多い。また、他に病気が進行していてそのストレスによる可能性を指摘する獣医師の先生もおられる。

そもそも「夜鳴き」とは?という観点から子猫の場合についての記事を見ると、飼い主がやれることは老猫に対しても実際、同じだなという印象をもった。

子猫の夜鳴きの主な原因:
「空腹」
「寒さ」
「トイレ」
「寂しさ」


+ + +

夜鳴き【よなき】
猫が家族などが寝静まった深夜になってから鳴き出すこと。

夜鳴きは、家族の一員として迎えられたばかりの子猫に多く見られ、健康な成猫ではあまり起こりません。高齢猫が突然、夜鳴きをするようになった場合は、認知症の可能性が考えられます。

子猫の夜鳴きの原因は、おもに「空腹」「寒さ」「トイレ」「寂しさ」の4つ。食事、トイレ、環境を整えても鳴く場合は、寂しさから来る不安が考えられます。

かまいすぎずに様子を見守る
心細くて不安な気持ちで鳴いている子猫に対して、「うるさい!」と怒鳴ったり、大きな音で脅したり、叩いたりして叱らないでください。

けれども、かまい過ぎるのも逆効果です。鳴いている子猫に声をかけたり、抱き上げたりすることで一時的に泣きやませることはできますが、これをくり返していると「かまってほしいときには鳴けばいい」と学習し、夜鳴きがエスカレートする可能性もあります。だれもかまってくれないことがわかれば子猫もあきらめて眠ります。

快適な環境を整えても寂しくて鳴いている場合は、過剰に反応しないで、なるべく無視して様子を見守ります。

夜鳴きを防ぐ対策
夜鳴きを防ぐには食事やトイレのケアはしっかりと行い、子猫が安心してくつろげる寝床スペースを用意します。猫はすっぽり体が収まるかごや箱が大好きです。丸まって寝たときに横から見えないくらいの深さがあったほうが落ち着きます。母猫の元からやってくる場合には、母猫のニオイのついたタオルなどを敷いてあげると安心します。保護した子猫ならば、毛布やタオルなど、温もりが感じられるものを用意しましょう。

だれもいない部屋にひとりぼっちにしないで、寝室に猫の寝床を置くようにします。テレビや小さな電気をつけっぱなしにしておくのも一案。徐々にテレビのボリュームを下げたり、明かりを小さくしていくことで、暗くて静かな環境に慣れさせる方法もあります。

日清ペットフードHOME > 学ぶ・楽しむ > 愛猫のハッピーLife百科 > 夜鳴き より引用しました


スポンサーサイト



老齢猫の夜鳴き -疑われる病気

とにかく原因はわからない。これが正直な感想。
しかし本人(猫)を観察していると、どうすると満足して眠り始めるかどんなときにずっと鳴き続けるかが、だんだん少しずつわかってくる。おそらく、それでもまだ飼い主的に腑に落ちなければ、病的な原因の可能性が高いのだろうと思う。

+ + +

頻繁に鳴くようになった
19歳のキジトラ猫(名前:ニア/メス/避妊済み)です。2回子供を産み、その後避妊しました。高齢のため2回心臓発作をおこしましたが、つやもよく、その他大きな病気もなく、食欲もあり健康な方だと思います。毎日のサイクルも決まっていて、食事やトイレが汚れている時以外はほとんど鳴くことはなかったのですが、半年くらい前から突然何もないところで上を見ながら、発情期のときの鳴き方をするようになりました。ここ数カ月はとくに頻繁に鳴くようになり(1日5~6回)、心配しています。高齢のせいでしょうか。そのような鳴き方をしたときには何か気をつけてあげたほうがよいでしょうか。(tamaさん)


病気と関連していることも。動物病院で受診を 
高齢の猫で原因が特定できずによく鳴いている場合は、病気と関連していることがあります。甲状腺機能亢進症や腎障害、高血圧や脳腫瘍、心臓発作を起こしているとすれば、脳の血管障害などが考えられます。
 
脳腫瘍や血管障害では、頻回に鳴く以外に、痙攣発作が起きる、歩き方がおかしいなど、他の神経症状も見られることがあります。甲状腺機能亢進症や腎不全は、一般的な血液検査や尿検査、ホルモン検査で確定できます。
 
また、高血圧症の猫では、頭痛のために鳴いているとも考えられています。高血圧症の診断には、頻繁に血圧を測ったり、眼底(眼の奥)の血管走行を確認したりします。19歳で2回心臓発作を起こしているようなので、心筋症の疑いもあります。原因がわかれば、治療によって改善することもあります。かかりつけの先生に診察を受けてください。 (回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院院長 内田 恵子先生)

花王ぺット|猫を知る TOP|愛猫と暮らす生活事典|ペットSOS|ペットサービス体験隊|猫のなんでも相談室|猫の不思議サイエンス よい引用しました

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!