FC2ブログ

Entries

レメディ2回目 -2008/10月

10月に入り夜鳴きが復活。もう一度レメディをはじめてみた。

(経過)
・9月中旬以降、夜鳴きが収まっていた。
・~9/28頃までは、深夜も静かに家の周り(敷地の中)を歩いていた
・9/29、30 夜、大声を上げて家の周囲を回るようになった。そのため、購入しておいた「フェリウェイ」の使用を始める。

*2008/9/30-2008/10/5
フェリウェイ使用の詳細はこちらから

当初フェリウェイを2週間程度使用し経過を見るつもりだったが、深夜、屋外での夜鳴きの頻度が増えその解決を優先して、ひとまずフェリウェイの使用を棚上げに。10/6よりレメディを再開する。

(10/6~現在までの様子)
当初、ももがあまりお水を飲まないようだった。1週間経過するもあまり変化が見られないため、1回につき2滴をボールにたらすことにする。再開後2週目以降、水を飲む姿をたびたび目撃するようになる。

・4-5日間 あまり変化なし。やや夜鳴きが減る
・2週目  夜鳴きをしたり、しなかったり。
・3週目  夜鳴きがピーク時ほどではないが増える。1、2日くらい重症*の日あり
(10/20以降)
 ・時々激しく夜鳴き。
 ・室内で人の気配がないと激しく鳴くことが増える。
 ・屋外を歩くスピードが速くなる。
 ・大声で鳴くこともあるが沈黙して家の周りをひとまわりすることも増える。

*重症の程度:
深夜、外で大声で鳴く。
深夜、家の中で大声で鳴く。
深夜、1時間半または2時間おきに目を覚まして大声で鳴く。


(レメディの種類・分量)
10/6-12
お水用のボールにレメディ1滴(3~4回/1日)

10/13~24
お水用のボールにレメディ2滴(3~4回/1日)

10/25~
レメディを変える
チェリープラム、チコリー各1滴(3~4回/1日)

スポンサーサイト



フェリウェイ

「フェリウェイ」を試してみた。
使用期間:9/30-10/5

猫の気持ちを落ち着かせ、リラックさせる効果があるという。問題行動の改善に用いられる。夜鳴き=ストレスによる問題行動かどうかは定かではないが、一定の効果が見られればと思い使用してみた。

無味無臭の液体で、拡散器を用いて部屋の中に成分を漂わせることによって猫に影響を与えるしくみ。“液体タイプの蚊取りマット”のイメージ。リキッド(溶液)の容器からは芯が出ており、そこに吸い上げられたリキッドを熱によって温めて成分が部屋に拡散する。

“30日蚊取り”とちがって、ぜんぜん匂いがしないので、ちゃんと拡散器にリキッドがセットされているか気になって何度も点検してしまった…(余談)。

F動物病院のN先生の説明によると、効果には個体差あり。液体は猫の体から採取した成分であるため、猫にとって無害。がんを罹患した動物にも使用が可能。猫の問題行動やストレスの緩和、軽減に用いられる。

製品に付いていた説明:
猫のストレス症状による問題行動を軽減します(使用目的)

猫のストレスによる問題行動
◆尿マーキング
◆爪とぎ
◆食欲不振
◆遊ぶことへの拒否反応
◆様々な交流への拒否反応 等

ストレスを感じる状況
◆引越し
◆通院や入院
◆飼いはじめ
◆部屋の模様替え
◆多頭飼育 等

結果(ももの場合):
フェリウェイはコンセントの差込口に拡散器をセット、固定して使用する。そのため、ももの場合には日中つねに一箇所に居場所が決まっていないので、なかなか効果が現れなかった。

気がつく範囲でももの移動先に拡散器もまた移動させたが、十分ではなかった。①一箇所にとどまっていないこと、②短期間の使用であったことから本製品の効果が現れにくい条件下での使用であったようにも思う。10月に入り夜鳴きが激しく復活、ひとまず、撤去(レメディに切り替えて様子を見るため)。したがって、現状はその他の方法との効果の比較は不可能。

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!