Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫のリンパ腫の予後

1年前の今日、動物医療センター(大学病院)をはじめて受診した。翌週から放射線治療が始まった。それから1ヶ月間、次の治療日をつつがなく迎えられるように家族中で緊張して(きっと、ももの含めて)過ごした。年賀状の準備もすっかり忘れて…

次の資料によると、「FeLV陰性の鼻腔リンパ腫症例の生存期間の中央値は1年半に達し,この型は予後良好の病型と言える」のだという。ちなみに、ももはFeLV陰性。

+ + +

現在,最も成績の良い治療プロトコールはすべてCHOPプロトコール*を基本にしてL-アスパラギナーゼを加えた多剤併用化学療法である。それぞれの大学等でいくつかの異なるプロトコールが実施されているが,いずれにおいても,完全寛解率50~70%,生存期間の中央値4~7ヶ月,といったほぼ同様の成績が得られている。生存期間は,全体的には犬の場合よりも短いが,完全寛解が得られた猫の30~35% は1年以上寛解した状態で生存することが知られている。また,我々の経験では,治療を中止した後,3年以上にわたって再発なく生存し,事実上治癒したようにみえる猫のリンパ腫症例が存在する。

猫のリンパ腫に関しては,犬のリンパ腫ほど予後と関連する因子について研究されていないが,いくつかの因子と予後との関連が知られている。FeLV陽性リンパ腫とFeLV陰性リンパ腫を比較した場合,FeLV陽性リンパ腫の方が明らかに予後が悪い。この差は,FeLV感染に伴う骨髄機能不全や免疫不全が予後を悪くしていることによるものと考えられる。また,病型による予後の違いについても知られており,生存期間の中央値は,消化管型で7~10ヶ月,縦隔型で2~3ヶ月,腎臓リンパ腫で3~6ヶ月と報告されている。

また,猫の鼻腔リンパ腫の多くはFeLV陰性であり,この型においては放射線療法がきわめて有効である。放射線療法および化学療法のいずれを行った場合にも,FeLV陰性の鼻腔リンパ腫症例の生存期間の中央値は1年半に達し,この型は予後良好の病型と言える。臨床病期の比較に関しては,ステージIの症例はステージIII, IV, Vの症例よりも生存期間が有意に長いことが知られている。また寛解導入化学療法によってComplete response(CR)が得られた症例では,Partial response(PR)およびProgressive disease(PD)の症例よりも生存期間が有意に長い。

* CHOPプロトコール:シクロフォスファミド(C)+ハイドロキシダウノルビシン(H)(アドリアマイシン)+オンコビン(O)+プレドニゾン(P)

※出典:犬と猫のリンパ腫治療マニュアル -その基本から最新の動向まで-(東京大学大学院農学生命科学研究科・獣医学専攻・獣医内科学教室 辻本 元先生)より一部を引用しました

スポンサーサイト

もものごはん・2007/9月以降

ももの調子がいい。
歩くスピードも早い、階段を駆け上がったりする。ほんとうは目が見えてるんでしょ?と聞きたくなるくらいに。

食欲もある。現在のももの食餌は、
・ヒルズシニア:c/dマルチケアを、2:2でルーティーン(2缶づつ、交代で与えている)
・ブロッコリーまたはカリフラワーをゆでたもの・みじん切り
・小あじの水煮(小さいもの1匹、または中くらい半身)を混ぜている。

ヒルズによれば、マルチケアはストラバイトもシュウ酸カルシウム尿石もできないように尿pHのコントロールが可能なのだという。見た目はc/dよりが色が濃く中身はいくらか硬め。マルチケアにしてから、ももはいやがって食べないわけではないが、以前のようにガツガツ食べることが少なくなった。でもそのおかげで、夜中にカリカリをあげても、体重管理ができているような気がする。シニア缶(チキン/ターキー)の時は2回程度で完食することがある(きっと、おいしいのだろう…)。そうして、バランスをとっているように見える。

最近、体重は4.00kg前後にシフト。4.10kgをキープしているときは、4.20kgを超えないように小あじの量を半分に減らした。その効果があったようだ。お腹まわりが元に戻った。猫は体が小さいので、1~2回のごはんの食べ方の影響がすぐに現れるような気がする。どの先生もまず、「本人(猫)が食べるものを与えなさい」とおっしゃる。その理由はこういうところにもあるのかもしれない。

今年春以降、ももの体重が4.10kgに達した。鼻腔腫瘍、乳がんでお世話になったいずれの先生からも体重管理をいいわたされた。癌の場合には脂肪が付きすぎると、全身状態が悪化したときに深刻な影響があることも知らされた。

昼間、眠る時間が長いと深夜なかなか眠らないことが多い。夜中、目を覚ましてしばらくごはんでもトイレでもなく落ち着かないこともあるが家中を走り回るようなことはない。トイレは4-5回/1日。体のはり、毛づやもある。

3連休

快晴。
木枯らし一番以降、風が強い日が続いた。金曜日の晩から風がぴたりと止んだ。柿を収穫。おとなりやお向かいにおすそ分けをする。

ももは太陽の傾きに合わせて、狭い敷地内を移動…。じっと座る後姿はまるで瞑想をしているみたい。玄関と庭先だけとはいえ、思ったより楽しそうにしているところを見て安心する。

柿の木 今年最後の柿

休日 陽の光があたたかい

踏み石の上で 静かな日曜日の午後

顔が日陰… お腹と足がぽかぽか

行動範囲の変化

体の張りもあるし、毛づやもいい。
長いしっぽの先を空中にふわふわさせて歩いている。見ているだけで、緊張が解けて心が軽くなる。

体は気が遠くなるほど柔らかいし(何しろ、足で頭や背中が掻ける)、猫という生き物はいつも軽やかに、自分の信じるところを自由に無執着に生きている…。それに、ももはいま、外見からはぜんぜん病人(猫)には見えない。

眼も何だか、見えているような気すらする。時間の経過とともに悪化していたとしても不思議はないが、家の中で、見えてないなと思う瞬間はあるものの、行動が積極的になりぎこちなさが消えた。階段を駆け上がったりもする。移動するときのものの配置、部屋の特徴などに対する勘が戻ったようだ。階段を曲がるときも、真ん中を通るようになった。以前は、足をつくのに十分な幅のある中央に誘導しないと、はじを通って落ちそうになったのに。

ただひとつ言えること。それは行動範囲が以前と比べようがないほど狭まったこと。いまはほとんど、敷地の中だけを行き来している。外を歩かせたいが、安全を最優先にするための措置。家族によると、先週、家の前のガレージから車が1台発進、親子ずれが複数台数の自転車で家の前を通り、そのあとすぐ逆方向から別な車が通過して行ったという。そんなとき、とっさにももが飛び出しはしないかと心配でならない。

もうたくさん柿の木にも登ったし、屋根の上も歩いた。裏手の住宅や空き地へさんざん遠出もしたし、お向かいの家の裏庭も、お隣のカレージの屋根の上もたくさん歩いた。今は、室内飼いが主流らしいし…と、ももに話しかけてみた。本人(猫)は、このギャップをどう思っているのだろう。


本日の体重:4.05kg

ネゴシエーターに変身

最近のももの生活パターン。
お昼近くに起きて、ごはん。午後はしばらく庭に出て、時間の経過とともに陽のあたる場所に本人(猫)も移動。踏み石のうえに座っていたり、木の根元やネットに寄りかかっていたりなど。家族によると、姿が見えないと思ったら、家の裏手で西日がさしている砂利の上に座っていることもあるという。猫はほんとうに太陽の光が好きだ。それから、夕方にかけては“自分の家”で眠ることが多い。

2回目のごはんは20時ごろになることも。23-24時ごろいったんは眠るが、深夜1-2時ごろ起き出す。3時ごろまでに何度も起き出すこともある。最近は大声で鳴いて人を呼び、カリカリを食べたがることが多い。冷え込むようになってからは、夜間はあまり外に出なくなった。やれやれ。それからようやく、翌午前中にかけて眠る。

体重管理のためカリカリは少なめにと思うのだが、ももは一歩も引かない。食べたい量に達するまで何度も要求する。少量づつ与えると、キッチンの床に張り付いて、大声で家中に響き渡る声で鳴く。少しの間放っておくと、そのあと困ったような甘えた小さな声でまた鳴く。最終的には1/2カップ程度のカリカリを与える。ももは一粒残らず食べると、軽快な足どりで2階へ上がっていく。こんな日が続いている…

カリカリはまだ開封したばかり、ずっと猫缶ばかりだったので余計においしいのかも知れない。


本日の体重:3.90kg

アレン・ショーン来日セミナー

『人はなぜ動物に癒されるのか』の著者、アレン・M・ショーン博士が来日します。セミナーの概要は次のとおりです。

オープンセミナー『Kindred Spirits ~人はなぜ動物に癒されるのか』
~“心の通い合う仲間たち”(キンドレッド・スピリッツ)へ贈る~

概要
講師:アレン・M・ショーン博士
通訳:奈良なぎさ氏
日時:2007年11月21日(水)10:30~17:30
会場:女性と仕事の未来館(東京・田町)東京都港区芝5-35-3
定員:200名
受講料:11,500円、〈当日〉13,000円

*詳細はこちらからご覧ください

+ + +

動物ハリ治療・統合医療の第一人者として知られるアレン・ショーンが『Kindred Spirits ~人はなぜ動物に癒されるのか』をテーマに講演を行う。主催者はコンパニオンアニマルへのホリスティックケアのスクールを運営するJ-AWA(日本アニマルウェルネスアソシエーション)。

略歴:
獣医学博士。ニューヨーク・アニマルメディカルセンター顧問獣医師であり、Veterinary Institute for Therapeutic Alternatives(代替獣医学会)の創立者でディレクターをつとめる。動物ハリ治療・統合医療の第一人者である傍ら、講師としても活躍中で、最近ではタフツ大学で講座を立ち上げるなど、 米国のホリスティック医療の普及に努めているスター的なレクチャラー。その講義は、初心者から研究者に至るまで、幅広い層に納得の内容で、各地で好評を博している。

著書:
「人はなぜ動物に癒されるのか-Kindred Spirits-」
「動物を癒し動物に癒される」など。

(※CAMUNet Cafe Information より引用しました)


猫が癌になったら

カリカリが食べたい

深夜1時半すぎ、ももが目を覚まし階下へ降りていく。ごはんを食べても外へ出ても、2階へ上がろうとしない。抱き上げて2階へ連れて戻ってもまたすぐに廊下をうろろして、階下に降りていく。一瞬、家中に響き渡る声で鳴く。ちょっと横着をして、2階から声をかけてもいっこうに上がってくる気配なし。

見に行くと、リビングでこちらに向き直ってお座り。そういえば、、キッチンでも同じような格好をしてた… 今にして思えば、これがももの気持ちを知る手がかりだった。リビングに留まりたいというサインだったのだ。でもごはんはとっくに食べたし、少し残ってもいる。そんなふうに、ももを見ていたのがまずかった。

ももが毎日こうしているわけではない。早々に、家族の誰かの布団にもぐって朝までぐっすりという日もある。ついこの間までは、部屋の窓を自分で開けて出入りをし、夜中に家族を起こすこともなかった。

c/dカリカリを少し与えてみた。缶のふたを開ける前から、にゃあ~にゃあ~大騒ぎ。ももは、もともとカリカリが大好き。体重管理上、ごはんのほかに、極力カリカリを与えないようにしているが、仕方ない。一粒も残さず食べ終わると、なめらかな足取りで2階へ。そしてまるで何事もなかったように、すいこまれるように布団にもぐり込み体の向きを変え眠る体勢に入る。朝まで爆睡。


本日の体重:4.00kg

Dr. シェリル・シュワルツ ホリスティックセミナー2007

ホリスティック獣医療の第一人者として知られるDr. シェリル・シュワルツのセミナーのお知らせです。

テーマ:「食と健康維持」
・ 前回の復習(主として「食」に関して)
・ 環境:健康なアニマルフレンド
・ 冬は「腎」の季節~腎臓と各臓器の関わりを考える、体・精神や心に起こるストレスを助ける方法
・ あなたの犬や猫を健康でハッピーにするマッサージテクニック

セミナー概要
講師: シェリル・シュワルツ先生
通訳: 山崎恵子氏
受講料:〈1日〉15,000円、〈2日間通し〉26,000円

【東京セミナー】
日時:2007年12月1日(土)・2日(日)10:00~16:30
会場:「建築会館ホール」東京都港区芝5-26-20
定員:180名

【神戸セミナー】
日時:2007年12月8日(土)・9日(日)10:00~16:30
会場:「神戸動植物環境専門学校」兵庫県神戸市東灘区向洋町中1-16
定員:180名

*セミナーの詳細はこちらからご覧ください。

+ + +

略歴:
1978年にワシントン州立大学獣医学校を卒業、1979年に鍼灸および伝統的東洋医学を勉強し始める。ホリスティック獣医学分野の初期パイオニアであるDr.シュワルツは動物を自分の先生であるとみなし、動物たちが25年以上にもわたる彼女の医療経験を導いてきたのである。彼女は伝統的東洋医学的診断、鍼灸、ハーブ療法に加え、ホメオパシー、バイオエネルギー療法も自分のプログラムに取り入れている。

1979年から南北カリフォルニアでネコ、イヌ、馬にホリスティック獣医療を行なうかたわら、1989年以来、アメリカンホリスティック獣医学会の創設メンバーでもあり、また獣医師界や動物への鍼灸およびハーブ療法コースで、世界中で教育活動を行なっている。

著書:
「犬・猫に効く指圧と漢方薬―ふれるだけでペットが喜び、元気になる」(世界文化社 1999)
「Natural Healing for Dogs and Cats from A-Z」(Hay House 2000)
「Acupuncture, Ancient Art to Modern Science」Schoen&Wynn編集 *共著
「Complementary Therapies」*共著

(※Dr.シェリル・シュワルツ/プロフィールより 一部を引用しました)

猫はなぜのどを鳴らすのか?

最近、ももがゴロゴロをしていると今までになくホッとする。

それは、いま、たったいまももは気分がいいのだということがわかるから(※例外的に、猫はそのほかの場合にものどをゴロゴロ鳴らすことがある)。猫は自分のためではなく相手に好意を伝えるために、のどを鳴らすのだという。

“万事うまくいっている”というサインなのだという。そう思うとゴロゴロがはじまると、余計に安心する。

+ + +

猫がのどを鳴らすのはほぼ例外なく満足しているしるしだ(ただし、このあと述べるような例外がある)。猫がのどを鳴らしているのに、誰かが「ふりをしているだけだよ」というのは聞いたためしがない。カリフォルニア大学ディヴィス校獣医学部のニールス・ペダーセンによれば、猫がのどを鳴らすのは中枢神経系に由来しており、反射行動ではなく自発行動であると研究から示されているという。

そのメカニズムについては、確かなことは誰も知らない。猫は口を閉じたままでのどを鳴らせるので、のどを鳴らしながら同時に声を発することもできる。仔猫は生後一週間ほどでのどを鳴らし始め、それは万事うまくいっていると母親に知らせる手段となる。ごろごろは声というよりは振動なので捕食者に悟られる心配もなく、母猫は仔猫に危険がないと知ることができる。母親は自分ものどを鳴らして応える。いってみれば自動制御の防衛システムなのだ。

猫はひとりでのどを鳴らすことはなく、つまり自分だけのためにではなく、人間や猫仲間や好意を感じているほかの動物のために、のどを鳴らすようだ。お気に入りの玩具の前で猫がごろごろいっているのは見たことがない。ひょっとすると、どの猫もたがいに認識できる独自の「テーマソングともいうべき」ごろごろをもっているのかもしれない。「ああ、あなたのね」といった具合に。

「猫たちの9つの感情」ジェフリー・M・マッソン著(河出書房 2007)p68-69より引用しました


猫たちの9つの感情猫たちの9つの感情
(2004/01/18)
ジェフリー・M・マッソン

商品詳細を見る


序章 猫の心に宿る9つの感情を求めて
1章 ナルシシズム
2章 愛
3章 満足
4章 愛着
5章 嫉妬
6章 恐怖
7章 怒り
8章 好奇心
9章 遊び好き
結論 自由の世界へ旅立つ猫たち

雨降り

ここのところ、雨模様それにすこし肌寒い日が続いている(東京エリア)。そのせいか、ももの爪とぎの頻度が上昇、激しさも増す。これは家族共通の意見。

そのため、今日猫用爪みがきを購入。2階の廊下に置くことにする。これまでは、外に出ると柿の木、室内は廊下、階段の壁に時々爪を立てる程度だった。我が家の共有スペースの壁は、木の板を横に並べたような頑丈な造りなので、これを容認。はがれた木片を時々木工用接着剤で修復していた。

それが、目立って木片が床や階段に飛び散るようになった。雨で外に出られないストレス?それに、おそらく思うように外を闊歩できない影響がこんなところにも…

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。