FC2ブログ

Entries

体重増加

ももの体重増加が続いている。
放っておいたら4kgを突破しそうな気配あり。すこしお腹周りが太くなってきた。運動量が落ちている?代謝機能が緩慢になっているとか?健康なら良いが、ももはこれまでの10年間の猫人生の中で、4kg台にはなったことがないので少々心配。ぜいたくなことを言っているにちがいない…

お隣におデブのネコがいる。お腹が地面につきそうなくらいのデブ猫。年齢は11-12歳。雄猫なので、きっと大食漢なのだろう。ももは最近、3回目のごはんをほしがる。もし、コンスタントに本人(猫)の要求に応じて3回目を与えたら4kgを超過するだろう。

食餌面は、徐々にc/dの割合を低下させていく予定。主治医の先生に確認済み。現在の食餌の分量は、1日1缶程度+カリカリひとつまみというところ。ひとまず、給餌時間の工夫等で現状の体重を維持できればと思う。


本日の体重:3.85kg

スポンサーサイト



ネコのか弱い腎臓

ネコが腎臓を痛める最大の要因が、塩分の取り過ぎだ。犬はドッグフードがかなり一般化したが、ネコにはつい、魚の干物や焼き魚、煮魚など、塩や醤油をたっぷり含んだ人間用の食べ物をやってしまう。「淡泊なキャットフードだけではかわいそう。カツオブシを混ぜて、すこし醤油を落としてあげようかしら」と、お節介な親心を働かす飼い主も少なくない。

元来、ネズミなどの小動物を狩りして食べていたネコは、生肉に含まれるわずかの塩分を摂取するだけで生きてきた。だからネコには余分な塩気を追加することなどほとんど不必要。淡泊なキャットフードだけで十分というわけだ。 ところが、米食文化圏に暮らす日本人は、食欲増進とタンパク質補給の補助手段として味噌や醤油など、塩分の濃い調味料を多用する。おまけに塩気の強い魚が大好きだ。自然、日本の家庭に同居するネコたちも、何代にもわたって、塩、味噌、醤油に慣らされて生きてきた。

ことに味覚にうるさいネコ族のこと、いったん、塩気の強い味に慣れると、もう後戻りできない。体の大きい哺乳動物の一員である人間なら、腎臓もそれなりに丈夫だが、数キロの体重しかないネコの体には、人間の好む塩気は、目玉の飛び出るくらいの濃さである。

それに食事が塩辛くても、ネコは食後多量の水を飲むこともしない。そんな生活を毎日繰り返していれば、華奢な腎臓はいずれパンクする。先に述べたように、腎不全の症状がでたとき、すでに手遅れである。好漢自重せよ。ネコ好きの人間は、ネコのか弱い腎臓の悲鳴に耳をすましてほしい。(監修/岸上獣医科病院 院長 岸上正義先生 1995年7月15日)

犬猫病気大百科 > 猫の病気 > 腎臓病より一部を引用しました

ネコの腎臓病

年をとると、体のあちこちが弱ってくる。 体格の小さなネコの場合、内臓、ことに腎臓病にかかるケースがきわめて多く、10歳を越えたネコの死因第1位が腎不全ではないかという。 日頃の塩分の取り過ぎがじわじわと腎臓をむしばんでいき、尿毒症など、腎不全特有の症状が出れば、万事休す。症状の緩和治療がせいぜいで、治る見込みはない。 ネコにとっての「地獄の使者」腎臓病とはどんなものだろうか。

・血液をろ過、老廃物を排出
ネコも犬も人間も、胃・腸などで消化・吸収した栄養素と肺呼吸で取り入れた酸素を、血管を流れる血液が不眠不休で体中の細胞に送り込み、反対に、各細胞の出す老廃物と炭酸ガスを回収し、体外に排出することによって生きている。その血液をろ過し、老廃物を水に混ぜ、尿として外に出す大切な臓器が腎臓である。

・機能障害がおこると…
ネコの腎臓が機能障害をおこし、有害な老廃物が排出されないと、尿毒が血液に混じったままで体中を循環する。そうなれば、吐き気がひどく、気分が悪くなって食事どころではない。尿毒が口内粘膜にたまると、口内や舌が潰瘍をおこす。腸粘膜がただれると、下痢や出血が止まらなくなる。尿毒がひどくなれば、脳を侵して硬直性痙攣(けいれん)をおこし、悲惨な最後をとげる。

・老廃物処理、水分調節機能、脱水症状
腎臓には、老廃物処理のほかに重要な役割がいくつもある。身体の水分の調節もその一つだ。ネコは犬に比べて、あまり水を飲まない。だから、貴重な水分をむやみに体外に排出すれば、脱水症状をおこす。老廃物をたっぷりと含んだ濃いオシッコを少しだけ。それが健康なネコのあり方だ。しかし腎臓の水分調節機能がこわれると、尿の量がどんどん増えて脱水状態になる。するとネコは一転して水を大量に飲むようになる。

・尿タンパク、悪性貧血
また、腎臓には血液中の栄養素を体外に排出しない機能や造血ホルモンをつくる機能もある。腎臓が悪化すれば、尿タンパクが出る。結果、げっそりとやせる。造血ホルモンがなくなれば、新たな血液がつくれない。悪性貧血のため、生命を維持できなくなるわけである。

・代替が不可能な腎臓機能
ネコや犬などのノミ退治に、これまで人間はいろいろと知恵をしぼってきた。胃腸が弱って、栄養素や水分を吸収できなければ、点滴によって直接血管に送り込めばいい。しかし、血液のろ過と、老廃物の排泄、水分の調節などを手軽に代行することなどできそうもない。人間なら、腎臓が弱れば、人工透析がある。もっと悪くなれば、腎臓移植というケースも考えられる。

・か弱いのにガマン強い
でも、ネコや犬の場合、現状ではせいぜい、点滴によって水分を血液中に入れ、ろ過機能の衰えた腎臓の働きを助けたり、経口炭素吸着剤を飲ませて、腸内で老廃物を吸着させ、便とともに排泄させるぐらいが関の山。いったん、腎不全になれば、治癒、回復が不可能なのである。おまけに、ネコの腎臓は弱いにもかかわらず、ガマン強い。だから、臓器全体の4/3ほどが機能障害をおこして小さく萎縮するまで、目立った症状は現れない。

・食餌管理が唯一の方法
飼い主が「うちのネコ、このごろ元気がなくて、よく吐く。水をがぶ飲みする。首筋を持つと、皮が元に戻らない。おかしいな」と、異常に気づいたときは、ほとんど手遅れというわけである。となれば、日頃から地道に腎臓病対策をとっていくしか方法はない。そのほとんど唯一の対策が食事管理である。(監修/岸上獣医科病院 院長 岸上正義先生 1995年7月15日)

犬猫病気大百科 > 猫の病気 > 腎臓病より一部を引用しました

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!