Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠り猫のように

快晴。退院翌日ももは7時に起きて、かなり多めにご飯を食べ、午前中はリビングで横向きにすやすや眠る。安心した寝顔。お昼ごろ、外に出たがるので、一緒に外へ。トイレを済ませ、柿の木に70-80cm登りかけたところで阻止。もものマインドはすっかり、元に戻っているようだ。もし、一瞬目を離していたらと思うとひやひやした瞬間。自転車のペダルの隙間から、向こう側へ行こうと狙っている。玄関にカリカリのお皿を置き気をそらして、家の中へ誘導。

午後から夜にかけて、こたつに入りひたすら眠る。具合が悪いのではないかと心配になるくらい、ずっと眠っていた。やはり、たった2日前に手術をしたばかりの体。こうやって回復させているのだろう。そばに居ると、気づいて体勢を変えるときに、こちらに近づいて体を横たえる。

そばに一緒に居ると、ももがきのうよりもずっとリラックスしているような気がする。安心しきった顔をして手足を伸ばし眠る。ただそばにいて、相手を思い、相手の様子に注意を向けること。退院のときに、主治医の先生が言っていたのはこういうこと?質問の真意は、免疫力を上げるための具体的な方策(漢方やその他の代替療法、食事法など)が知りたかったのだが…

午後10時、ご飯を顔のそばに置く。起き出して完食(真あじ*は、かなりおいしいということ?)。

+ + +

*マアジ:
マアジ(真鰺、Trachurus japonicus )は、スズキ目アジ科に属する魚。
成長すると全長 40 cm ほどになる。太平洋北西部、日本と朝鮮半島の沿岸、東シナ海から東南アジア各地の沿岸まで分布。日本近海ではごく普通に見られる。アジといえば、普通はこのマアジをさす。

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました

スポンサーサイト

退院

9:30、主治医の先生と話す。
ご飯を食べている。今日、ドレーンを抜き取る予定。(ということは、順調に回復ということ?)食道チューブはつけたままにする、なぜかというといったん取り外すと取り付けるのが困難なため。食餌について不安がなくなったところで取り外す。本日午後、退院してもOK。途中で、通院が可能であれば… 本人(猫)は、しばらく(家で)あまり動かないと思われる。

病院での様子。
はじめはオドオドしていたが、今はだいぶ病院の雰囲気に慣れた様子。回復次第、飼い主が退院させたいと思う気持ち vs 本人(猫)の状態が落ち着くのを見計らうタイミング、このバランスが難しいところ。午後まで様子を見て、退院を決める。

+ + + + +

18時半、ももを迎えに行く。
首の周りには食道チューブを固定する幅広のテープ、身体にはギブス用のサポータ(筒状)に穴を開けて4本脚を出している。カラーはしていない。看護師さんに抱かれて連れてこられると、いつも石のようになる診察台のうえに。元気そう、お化粧をさぼっているらしく、顔の毛皮がバサバサ。白いまつげが伸びて本数も増えている。

「最初はちょっと怒ってましたが、だいぶ病院に慣れましたよ。」と主治医の先生がほんとうのことをちらっと、おっしゃった… ご飯もよく食べた。疼痛コントロールのための管を傷口の上下から2本挿入していたが、今日取り外した(ということは、傷が痛む心配も、もうないということ?)。

今後のことをすこし質問する。免疫力を上げるには?愛情を注ぐこと。一緒にいて本人(猫)の体をさすったり、頭をなでたりしてやること。漢方薬については?現状、データがないので効用は未知数。確かにそのとおり。おそらく、がんの猫に対する漢方薬の効能について実証した論文は、ないにちがいない。

家に着くと、トイレ、ご飯をモリモリ食べてこたつの周りに落ち着く。真あじを水煮、半身をほぐしてご飯と混ぜておく。元気な頃の食べっぷり。きっと首のチューブはすぐに外せる… さっきまで落ち着きがなく、サポータのため歩き辛そうに室内を歩いていたのに、安心した表情をうかべて眠りはじめた。

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。