Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝ごはん

有言実行。
今朝方、なんとなく3:30過ぎに目が覚める。ほんとうに、この時間に目が覚めるとは…寝過ごすか、ももが起こしにくると踏んでいたのに。それほど、寒い朝でもなかったせいかスッと起きられる。床の間のコタツのももの様子を見に行く。ぐっすり眠っている。もし、起きたくなったら、起きておいでね。そう、言い残してリビングへ。テレビをつけて、コーヒーをいれる。

4:00少し前、廊下からももの鈴の音がする。こちらへ向かって歩いてくるらしい…。さあ、何を食べる?冷蔵庫の中に、さんまを発見。ももは比較的、さんまを喜んで好んで食べる。さんまを焼いて、ご飯と混ぜることにする。さんまが焼けるまで、少量の牛乳を与える。ももは牛乳が大好き。

猫に塩分は禁物。さいわい、さんまはそれほど塩辛くなかったが、人用なので、比較的塩味が少ない肉厚な部分だけをほぐして混ぜる。それに、卵の黄身をスプーンですくってさんまご飯のお皿の隅へ追加。不飽和脂肪酸(魚)とビタミンE(卵黄)のパーフェクトな朝食。

卵黄は大好物。卵の殻を割る音をきくと、ご飯を中断して、シンクに飛び乗って催促をした。その跳躍力、瞬発力、とっさの判断の鋭さ、猫の潜在能力にはいつも感心。

完食。物足りなそうにしているので、さらに猫缶を与える。


本日の体重:3.75kg(夜10時、増加!)

スポンサーサイト

放射線治療・3回目

きのうの晩、家族で治療の日の朝早くももが目を覚まさないための作戦を立てる。午前6時に起床、身支度するひとは、①すり足で廊下、階段を歩くこと。②会話は内緒話程度の声量ですること。ももを極力、起こさないようにするために、物音を立てることは厳禁。 それに、夜、ももに言い聞かせたこと。明日の朝は“断食”なので、9時まで寝ていること。

そのかいあってか(?)、午前9時を過ぎても、ももはずっと昨日の晩から同じ場所で眠っていた。9:10、起こして階下へ連れてくる。高いところに上りたがるのを阻止して、家族がももをキャリングケースに入れる。これが一番まずかったように個人的には思う。どんなときも(可能な限り)、本人(猫)を尊重しなければ。 ももは、ケースの中でずっと険しい顔をしている。治療中、いい子でいただろうか?この出来事は、夜まで尾を引いたような気がする…。

11:35、主治医の先生にももを引き渡す。過去1週間における、ももの様子に関する疑問が解けると、治療はきわめて順調であることがわかる。

これまでに治療後に見られた変化:
・鼻の通りがよくなる →放射線の反応が良い
・鼻水、くしゃみがでる →がん細胞の死骸が鼻水に混ざって外に出てくる

主治医の先生に確認したこと:

・くしゃみ、鼻水のわけ
良い兆候。がん細胞が死んで外に出てくる。鼻水になって鼻の穴から出てくるか、猫がなめて体内に入るか2通りしかない。

・サメキノコの正体
効能:
サメの軟骨 ガンの進行を抑制する
アガリスク 免疫力を上げる
製造・販売元の好意により製品サンプルを一部の患者に渡している。もし本人(猫)が、与えてもいやがらなければ、継続することは差し支えない。主な効果は、免疫力を上げることなど。

・胸のしこり
乳腺腫瘍と見られるももの胸のしこりの治療時期について、主治医の先生に意見を伺う。放射線治療終了後、できるだけ早く治療を始めることを勧められる。終了後すぐに切除してもリンパ腫の治療に影響はない。リンパ腫と胸のしこりの重要度は同程度、つまり悪性。乳腺腫瘍は時間が経つと大きくなる。

- - - - - - - -

帰宅後の様子。
夕方迎えに行った家族によると、帰りのJRで、手に巻かれたままだった点滴のための包帯を取りたくて、落ち着きがなく「にゃーにゃー」鳴いたという。ケースの中で、お座りをせずに中腰でしばらくいたらしい。もものそんな姿を見た覚えがない。

夜10時を回っても、ももはぜんぜん落ち着きを取り戻せないでいる。何度も外に出る、すぐに戻ってくる。確かに室内にいたはずなのに、姿が見えないと思ったら、2階の窓から屋根を伝って外に出て、中庭から帰ってくる。玄関先のプランターの草をかじる。柿の木に登る。室内に戻ると、自分のお皿の前に座る。この繰り返し。抱き上げると、力なくおとなしくしている。床の間のコタツに入り、これで落ち着くと思うと、リビングに戻ってくる。今日はどうしたのだろう?

午前12時を過ぎたら、ご飯を与えようか?困り果てた家族の意見。それはやめよう…、という結論に達する。明日の朝、4時に起きてご飯を食べよう。そう、ももと約束をする。11時過ぎ、やっとコタツにもぐっておとなしく座った。

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

12 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。