Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫缶について思う

日曜日だというのに、朝の6時からご飯を食べる(猫に、曜日感覚なんて、あるはずないな…)。午前中だけで4回、少しずつ猫缶にご飯を混ぜて与える。

猫はよく、猫缶だけで飽きがこないものだと思うことがある。人生がシンプルな分、食生活もシンプルなのにちがいない。最近、猫缶のラベルを確認するようにしている。いったい何が入っているのか、添加されているのか、どんな防腐剤を使っているのかなど。しかし、どれも超一流メーカーの製品を含め、添加物に関する記載がされていないことを確認。

現在、日本のペットフードには何の法的規制がないのが真実のようです(ぜんぜん、知らなかった!?…)。


- - - - - - - -

ペットフードの安全基準とは

「牛、豚、鶏など消費者(人間)の口に入る動物の飼料は、飼料安全法(飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律)によって規制されますが、ペットフードは対象外です。」農林水産省/畜産局流通飼料課
「狂犬病に関してだけ担当しています。」厚生省/生活衛生局乳牛衛生課
「広報が、うち(通産省)ではないと言っています。」通産省
ペットフードを規制する公的な機関は、国にも地方公共団体にもなかったのです。


- - - - - - - -
※「危険なペットフードとは」ナチュラルケア専門店 エンジェルズハートHPより引用しました

(ご参考)
ペットフードに含まれているかもしれない添加物
ペットフードに使用されている化学薬品

本日の体重:3.60kg(夜10時)

スポンサーサイト

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

12 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。