FC2ブログ

Entries

うしろ姿が猛獣?

よく晴れているし、気温も高い。朝から強風。
今日は、いつもとうってかわって、ももは、午前中ご飯を食べなかった。しかし元気。おそらく、昨日までずっと、たくさん食べていたからだと思う。

そのせいか(?)今週になり、肩の辺りがたくましくなってきた。まるで、猛獣のうしろ姿のよう…。以前より毛並みが密になり、体がモクモクしている。長い体がだんだん存在感を増してきた、これまでは、細長いだけだったのに。

明日はいよいよ、最後の放射線治療の日。
今日まで、ももはほんとうに元気でいてくれた。よく食べたし、よく動いた。ぜんぜん体調を崩すことがなかった。主治医の先生のいいつけを、1ヶ月間ちゃんと守れた。


本日の体重:3.65kg

朝ごはん

有言実行。
今朝方、なんとなく3:30過ぎに目が覚める。ほんとうに、この時間に目が覚めるとは…寝過ごすか、ももが起こしにくると踏んでいたのに。それほど、寒い朝でもなかったせいかスッと起きられる。床の間のコタツのももの様子を見に行く。ぐっすり眠っている。もし、起きたくなったら、起きておいでね。そう、言い残してリビングへ。テレビをつけて、コーヒーをいれる。

4:00少し前、廊下からももの鈴の音がする。こちらへ向かって歩いてくるらしい…。さあ、何を食べる?冷蔵庫の中に、さんまを発見。ももは比較的、さんまを喜んで好んで食べる。さんまを焼いて、ご飯と混ぜることにする。さんまが焼けるまで、少量の牛乳を与える。ももは牛乳が大好き。

猫に塩分は禁物。さいわい、さんまはそれほど塩辛くなかったが、人用なので、比較的塩味が少ない肉厚な部分だけをほぐして混ぜる。それに、卵の黄身をスプーンですくってさんまご飯のお皿の隅へ追加。不飽和脂肪酸(魚)とビタミンE(卵黄)のパーフェクトな朝食。

卵黄は大好物。卵の殻を割る音をきくと、ご飯を中断して、シンクに飛び乗って催促をした。その跳躍力、瞬発力、とっさの判断の鋭さ、猫の潜在能力にはいつも感心。

完食。物足りなそうにしているので、さらに猫缶を与える。


本日の体重:3.75kg(夜10時、増加!)

猫缶について思う

日曜日だというのに、朝の6時からご飯を食べる(猫に、曜日感覚なんて、あるはずないな…)。午前中だけで4回、少しずつ猫缶にご飯を混ぜて与える。

猫はよく、猫缶だけで飽きがこないものだと思うことがある。人生がシンプルな分、食生活もシンプルなのにちがいない。最近、猫缶のラベルを確認するようにしている。いったい何が入っているのか、添加されているのか、どんな防腐剤を使っているのかなど。しかし、どれも超一流メーカーの製品を含め、添加物に関する記載がされていないことを確認。

現在、日本のペットフードには何の法的規制がないのが真実のようです(ぜんぜん、知らなかった!?…)。


- - - - - - - -

ペットフードの安全基準とは

「牛、豚、鶏など消費者(人間)の口に入る動物の飼料は、飼料安全法(飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律)によって規制されますが、ペットフードは対象外です。」農林水産省/畜産局流通飼料課
「狂犬病に関してだけ担当しています。」厚生省/生活衛生局乳牛衛生課
「広報が、うち(通産省)ではないと言っています。」通産省
ペットフードを規制する公的な機関は、国にも地方公共団体にもなかったのです。


- - - - - - - -
※「危険なペットフードとは」ナチュラルケア専門店 エンジェルズハートHPより引用しました

(ご参考)
ペットフードに含まれているかもしれない添加物
ペットフードに使用されている化学薬品

本日の体重:3.60kg(夜10時)

食欲が出る

先週は、CT検査、1回目の放射線治療と続き、治療の過程が体へ与える影響を懸念しいたが、予想を覆してももの食欲は旺盛。すこし少なめに猫缶にご飯を混ぜて与えると、ペロリと完食!しばらくするとまたお皿の前にやってくる、昨日からこんな調子。

それに食べ方が違う、平たいお皿の向こう側の縁を勢いあまってガブッとかじっているところをたびたび目撃した。すこし重くなった。やれやれ… 本日の体重:3.60kg(夜の9時)

今日はきのうとうってかわり快晴。気持ちのいい一日だった。お昼からホームセンターへ。ももの体重管理をするために、タニタの最新式ヘルスメーター(正確には、体組成計)を調達。50g単位まで体重を計ることができる。

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!