Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫の夜鳴き -4つの主な理由

老猫の夜鳴きは、何らかの代謝性疾患によるものまたは認知症の疑いとして捉えられることが多い。また、他に病気が進行していてそのストレスによる可能性を指摘する獣医師の先生もおられる。

そもそも「夜鳴き」とは?という観点から子猫の場合についての記事を見ると、飼い主がやれることは老猫に対しても実際、同じだなという印象をもった。

子猫の夜鳴きの主な原因:
「空腹」
「寒さ」
「トイレ」
「寂しさ」


+ + +

夜鳴き【よなき】
猫が家族などが寝静まった深夜になってから鳴き出すこと。

夜鳴きは、家族の一員として迎えられたばかりの子猫に多く見られ、健康な成猫ではあまり起こりません。高齢猫が突然、夜鳴きをするようになった場合は、認知症の可能性が考えられます。

子猫の夜鳴きの原因は、おもに「空腹」「寒さ」「トイレ」「寂しさ」の4つ。食事、トイレ、環境を整えても鳴く場合は、寂しさから来る不安が考えられます。

かまいすぎずに様子を見守る
心細くて不安な気持ちで鳴いている子猫に対して、「うるさい!」と怒鳴ったり、大きな音で脅したり、叩いたりして叱らないでください。

けれども、かまい過ぎるのも逆効果です。鳴いている子猫に声をかけたり、抱き上げたりすることで一時的に泣きやませることはできますが、これをくり返していると「かまってほしいときには鳴けばいい」と学習し、夜鳴きがエスカレートする可能性もあります。だれもかまってくれないことがわかれば子猫もあきらめて眠ります。

快適な環境を整えても寂しくて鳴いている場合は、過剰に反応しないで、なるべく無視して様子を見守ります。

夜鳴きを防ぐ対策
夜鳴きを防ぐには食事やトイレのケアはしっかりと行い、子猫が安心してくつろげる寝床スペースを用意します。猫はすっぽり体が収まるかごや箱が大好きです。丸まって寝たときに横から見えないくらいの深さがあったほうが落ち着きます。母猫の元からやってくる場合には、母猫のニオイのついたタオルなどを敷いてあげると安心します。保護した子猫ならば、毛布やタオルなど、温もりが感じられるものを用意しましょう。

だれもいない部屋にひとりぼっちにしないで、寝室に猫の寝床を置くようにします。テレビや小さな電気をつけっぱなしにしておくのも一案。徐々にテレビのボリュームを下げたり、明かりを小さくしていくことで、暗くて静かな環境に慣れさせる方法もあります。

日清ペットフードHOME > 学ぶ・楽しむ > 愛猫のハッピーLife百科 > 夜鳴き より引用しました


スポンサーサイト

老齢猫の夜鳴き -疑われる病気

とにかく原因はわからない。これが正直な感想。
しかし本人(猫)を観察していると、どうすると満足して眠り始めるかどんなときにずっと鳴き続けるかが、だんだん少しずつわかってくる。おそらく、それでもまだ飼い主的に腑に落ちなければ、病的な原因の可能性が高いのだろうと思う。

+ + +

頻繁に鳴くようになった
19歳のキジトラ猫(名前:ニア/メス/避妊済み)です。2回子供を産み、その後避妊しました。高齢のため2回心臓発作をおこしましたが、つやもよく、その他大きな病気もなく、食欲もあり健康な方だと思います。毎日のサイクルも決まっていて、食事やトイレが汚れている時以外はほとんど鳴くことはなかったのですが、半年くらい前から突然何もないところで上を見ながら、発情期のときの鳴き方をするようになりました。ここ数カ月はとくに頻繁に鳴くようになり(1日5~6回)、心配しています。高齢のせいでしょうか。そのような鳴き方をしたときには何か気をつけてあげたほうがよいでしょうか。(tamaさん)


病気と関連していることも。動物病院で受診を 
高齢の猫で原因が特定できずによく鳴いている場合は、病気と関連していることがあります。甲状腺機能亢進症や腎障害、高血圧や脳腫瘍、心臓発作を起こしているとすれば、脳の血管障害などが考えられます。
 
脳腫瘍や血管障害では、頻回に鳴く以外に、痙攣発作が起きる、歩き方がおかしいなど、他の神経症状も見られることがあります。甲状腺機能亢進症や腎不全は、一般的な血液検査や尿検査、ホルモン検査で確定できます。
 
また、高血圧症の猫では、頭痛のために鳴いているとも考えられています。高血圧症の診断には、頻繁に血圧を測ったり、眼底(眼の奥)の血管走行を確認したりします。19歳で2回心臓発作を起こしているようなので、心筋症の疑いもあります。原因がわかれば、治療によって改善することもあります。かかりつけの先生に診察を受けてください。 (回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院院長 内田 恵子先生)

花王ぺット|猫を知る TOP|愛猫と暮らす生活事典|ペットSOS|ペットサービス体験隊|猫のなんでも相談室|猫の不思議サイエンス よい引用しました

夜鳴きについて -ももの場合

ももの行動。
・まわりに誰もいないと不安を感じて?鳴くように見える
・夏の間は、猛暑で寝苦しい夜に激しく夜鳴きをした
・欲求が満たされる(ごはん・トイレ)と、さっさと自分から階段をトコトコ上がっていく
・寒くなってから、朝まで眠る日が増えた(ザックリとした感想)

夜鳴きが始まった1年前、真冬、深夜にほんとうによく鳴いた。こちらも泣きたいくらいだった…。これまでにももの中でも、何かプロセスが働いていて状況が変化しているのかもしれない。それは飼い主も同じ。少なくとも状況を冷静に見られるようになった。これは何かを訴えている(ごはん・トイレ)とか、場合によって「ちょっと、放っておこう」とか感じられるようになった。

鳴き方もずいぶんとちがう。
深夜、人気(ひとけ)がなく電気の消えた室内だと声を張り上げて鳴くことが多い。ひとりで階下へ降りキッチンへ。ごはんのふたを自分でとれるのに、お皿の前で鳴くことがあるが、切迫しているようではないので耳を澄ましている(様子を見ている)とちゃんと自分でふたをとって、ごはんを食べ始める。

甘え?
人を頼るようになったのも変化のうちのひとつ。“そばに誰もいない”といって鳴く(ように見える)のもそのひとつで、ただそばにいると落ち着いた表情でいつもの場所に静に座る。ひとりでもできるばすなのに…。発症以来、思えば大甘やかしに甘やかしてしまったので、これは仕方ないかなと思う。

理由を告げてみる
これはほんとうに、主観的な話。ももに理由を話して聞かせる。これから外出するとか、階下に降りる前に、用事があってそのためにその場を離れるとか。たぶん言葉レベルでは通じなくても、ことばの奥にある感情や思いには通じるものがあるのだろう。ももは静かにしていることが多い。以前は夜鳴きが気になって、お風呂にもゆっくりつかることもできなかった。今は、こうして本人(猫)を落ち着かせられるようになった。

不安定な気持ちを伝染させない
よく、家族がももの頭の上で大きな声でやりとりをすることがある。ももは途中でごはんをやめることがあるし、気が散る様子を見せることがある。話題がネガティブな内容ならなおさら、たとえその言葉の向け先ではなくても、ことばに込められたエネルギーが伝わるのではないかと思う。猫という生き物はそれくらい、敏感な動物であるとも思う。であれば、その逆で「目を閉じて深呼吸をするとき」のような気持ちで、抱き上げてなだめてやったり、そばにいてやるとぜんぜん様子がちがうように思う。

夜鳴き、止む

ここのところずっと、ももの様子が落ち着いている。
4月下旬以降、ほとんど夜は一度も起きずに朝まで眠っている。

気候がよくなったせい? 薬があちこちに効いているとか?
この半年間、一晩に数回、週に5日夜中に起きたこともあった。真冬は寒かったし眠かった… 最近になって、おたがいに誰かが起きてくるだろうと思っていることもあったことがわかった。

夜鳴きは視力が衰えた時期とぴったり一致する。渦中にいるときはわからないものだが、きっと目が見えないことの不安が一因していたのかもしれない。大学病院でお世話になった先生に、そばにいるということを本人(猫)に知らせてあげるようにとアドバイスをいただいたことがある。ももはよく、部屋にひとり(一匹)だけになると、大きな声で鳴く(人を呼ぶかのように)。そのため、ひとりぼっちではないこと、(家族の)誰がどこにいるかを伝えるようにした。部屋を出て行くときも、その目的を伝えるようにしてみた。

本当に寛容な気持ちになれたのは、もしかしたらつい最近といってもいいかもしれない。もうどんなに眠くても、何回目でもとことん向かい合う覚悟ができた。それを見越したように、夜鳴きをしない夜が続いている。


夜鳴き、その後

たとえば、今朝(深夜~早朝)のケース。
1:30am ももが目を覚まして鳴く。ごはん
3:00am また、目を覚まして鳴く。ごはん
4:50am 目を覚まして鳴く。トイレ

はじめの2回とも自分の欲求が満たされると、そそくさと階段を駆け上がり2階へ。静かに座るとやがて眠り始めた。しかし、3回目はそれからも廊下をうろうろしながら鳴く。部屋に入ってきたところを抱き上げて、しばらく話しかけると落ち着き、静かに座った(やれやれ…)。

時には、部屋と廊下、階下を何度も行き来し鳴き続けることがある。ごはん/トイレいずれでもなく、理由がわからないまま。

際立って落ち着きがないときの対処方法(ももの場合)。
抱き上げて、しばらく話しかける。鳴き続ける代わりにできること(人間が勝手にそう思っているだけ?)について、提案や説明をする。ことばは通じないが、その裏側にある思いや感情が本人(猫)に伝わればいいと思う。すると、自分(猫)からいつもの場所へ移動して座り、しばらくして眠り始めることがある。

鳴き声は家中に響き渡る程度。最近、一晩に3回程度だとそれなりに向かい合えるようになった。以前は、ももは鳴き始めるともっと落ち着きがなくなったし、総体的にいまより頻回だった。こちらもまだまだ一歩引いて、原因のわからない夜鳴きを見つめることがなかなかできなかった。

飼い主側の変化も。3時間半程度連続して眠れれば、それほど身体的な負担感を感じることがなくなった。季節は、折りしも真冬。寒さ、眠気など、おそらくもう少しあたたかくなれば、心理的な負担感もだいぶちがうような気がする… 少々、楽観的。


本日の体重:3.75kg

夜鳴き

ももの夜鳴きが続いている。
昨年秋からで、ちょうど視力が急激に低下した時期以降と一致する。ごはん、トイレ、そのほかによる場合(理由不明)が混ざっており、深夜になると鳴き始める。ごはんを食べて早々に眠り始める日もある一方で。

ももはけっこうしぶとくて、鳴き始めると一歩も引かない。声をかけ続けることもあるが、しばらく静観する時間をつくることもある。母親は、「ごはんのときの鳴き方はわかる(聞き分けられる)」と言う(身内ながら、さすが…)。

かかりつけの動物病院の先生によると、理由や対応方法は不明。大学病院の先生におたずねしたところ、不安感によるものかもしれないのでもし夜中にご近所迷惑になるようであれば、投薬によって本人(猫)を落ち着かせることもできるとアドバイスをいただいた。いまのところ、家族の誰かがなだめたり見守ったりしている。

猫が鳴く理由には次のようなものがあるらしい。
繁殖
闘争
甲状腺機能の障害
痛み
関心を求める行動
不安
老猫の認知障害
親子関係の問題

+ + +

(相談内容)寂しくて鳴く
“1カ月半くらいのオスの捨て猫兄弟2頭を拾い、現在4カ月になりました。先日、やっと1頭の里親が見つかり、里子に出しました。兄弟でとても仲が良かったせいか、残されて1頭になった猫は、今までたいして鳴かなかったのに、最近はよく鳴くようになり、どこに行くにも部屋中をついて来ます。私の姿が見えないと一段と大きな声で鳴いたり、落ち着きなく鳴きながら部屋中をウロウロと徘徊します。里子に出した兄弟を探しているのでしょうか? 昼間は仕事で留守にしているので昼間の行動はわかりませんが、帰ったら遊んでやりたくさん撫でて、スキンシップを多くするようにしています。時間が経って1頭でいることに慣れれば、このような行動はおさまるのでしょうか? また成長して成猫になれば落ち着きますか? 淋しそうに見えて心配です。 (テンさん)”

(回答)気を紛らわすように工夫を 

猫が鳴く理由には、繁殖、闘争、甲状腺機能の障害、痛み、関心を求める行動、不安、老猫の認知障害や親子関係の問題などが考えられ、不妊・去勢手術を行ったり、闘争の対象となる相手がいなくなったり、子猫が成長するなど、原因を取り除くことで過剰な鳴き声はおさまるとされています。

しかし、臨床に携わっていると、過剰な鳴き声に悩む飼い主さんが、来院するケースは増加傾向にあり、また治療に苦慮する場合がほとんどです。特に野外猫を拾った場合や,ホストファミリー制度(保護した子猫を家族として受け入れる)を通して家族となり、完全室内飼育にした場合、声が大きく、過剰に鳴き、飼育が困難となる場合も多く、また、テンさんの愛猫のように、同居していた猫を探すようなケースもよくあります。猫は、基本的に単独生活が出来る動物とされていますので、環境に慣れることで行動は治まってくるとは思いますが、完全になくなるという確証も残念ながらありません。(以下、省略)

※花王 > 猫の何でも相談室(苅谷動物病院 市川橋病院 院長 内田 恵子先生)より引用

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。