Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/29、旅立ちました。

ももが、3/29の朝旅立ちました。
ほんの1時間前まで、元気でした。あっけない最期でした。

がんは治ったのに、ほかの理由で旅立たせてしまいました。乳腺がんとリンパ腫とを克服してまるで奇跡のような命をいただいたのに、それを守ってあげることができませんでした。

ももはいつもたくましかったので油断してしまいました。何しろ抗がん剤治療をしながら体重増加それも、ももの猫(人)生における生涯レコード(4.10kg)を達成したつわものなので…。その頃のキャリーバックはほんとうにずっしり重くて、大学病院は駅から5分と離れていないのに、途中何度も休憩しながら病院の建物にたどり着きました。主治医の先生からは、“健康優良児”のお墨付きをもらっていました。

最初に口から出血したとき(昨年暮れ)も、おびただしい量なのに本人はケロッとした顔をして前脚を胸の下に折り込んで静かに座りました。まるで出血によるダメージがなかったかのように… しかし繰り返される出血は確実に体力と生命力とを奪っていきました。

***

4年前、大学病院でお世話になった主治医の先生はとにかくすぐに次のアクションをされる方でした。たとえば、予約も来週あたりを見込んでご連絡すると明日とかあさってとかご連絡をくださいました。いまになってようやく、この意味がわかりました。

健康状態が良く体力のあるうちに手を打たないと手の施しようがなくなるからです。動物はどこがどういうふうに痛むのか、的確にことばで人に伝えてくることはありません。そのため、症状の原因や部位が特定できない痛みや不調は多々あります。その上痛みが続いていたり、処置をしても痛みがなくならない場合があります。そのときに手遅れにならないように、健康で体力があるうちに部位を特定して原因や痛みを取り除いてあげないと小さな体はまいってしまうでしょう。

「乳がんの悪性度はリンパ腫と同等」なのでできるだけ早い方がいいというアドバイスをいただき、鼻の放射線が終了した3週間後には外科手術を受け、「抜糸が済めばOK」なことから翌月にはいるとすぐに抗がん剤治療をはじめました。ももの小さな体はそうしてつなぎとめられ、回復しやがて以前と同じように生命力で満たされていったのです。

***

いま、ももは歯の痛みからも解放されて眼も見えるようになって、ごはんがいっぱい食べられるようになって、健康なときのももに戻っているでしょう。大好きだった柿の木に登って、屋根に飛び移り、自由に瓦の上を歩いたり寝そべったりしているでしょう。

お気に入りの場所だったかさぎの上に香箱座りをして、外を眺めてしばらく瞑想、そのうちに横座りになってくつろいでいるでしょう。夜、姿が見えないと思うと、ももはたいてい笠木の上に座っていました。夜になると涼風にあたって、夕涼みしていることもしばしばありました…。

これからもずっと、夕刻になると、笠木の上から帰宅する家族を見守っていてくれますように。

かかりつけの病院からいただいたお花
かかりつけの先生からいただいたお花

スポンサーサイト

口腔から出血・3回目

午前2時過ぎ、ももがごはんを食べるというので食べさせて床の間へ移動、前脚でしきりに宙をかく動作がそれほど激しくなかったので、油断していたら血がポタポタ畳に垂れ始めているのに気がつきました。早く気がついたので、出血量はそれほど多くなくくいとめることができました。

ももは相変わらずけろっとしており、重篤な病気の兆しでもなさそう… でも、もう3回目。 たとえ重大な病気でも、赤ちゃんや犬はギリギリまで元気そうにしているので、はたからはそう大事には見えないといわれています。猫もそちらに準じると考えられるので、これ以上放っておくわけにはいかないな~ どうしたらいいのかな?

つつがなく新しい年が迎えられますように。

口腔から出血・2回目

お昼前ごはんを食べて落ち着いているように見えたので、小1時間たってもものいる部屋をのぞくとたいへんな状態になっていました。こんなにビックリしたのは久しぶり。ももに関する限りは初めて。いったいどれくらいの時間、ひとりで部屋中を歩き回りながら、(おそらく、痛み)と出血とに格闘していたのでしょう…

すぐにF動物病院へ電話。猫の口腔疾患がご専門のF先生がお留守なので別の先生に診ていただくことにしました。しかし出血した部位、原因等は特定できず対症療法の投薬となりました。ただ、診ていただいたS先生はこんなふうにおっしゃっていました。

ごはんを食べると歯や歯の周辺に違和感があるようで、いつも前脚で宙をかく動作をする。その時に、前脚・親指の爪が奥歯、歯ぐきまたは口腔のどこかに引っ掛かるように思うとお話しすると、「親指の爪は、奥歯に届きません」とS先生。そういわれてみればそんな気もします。猫の口は人間の顔の比率に比べるとかなり大きめ、でもヒトのように扁平な顔立ちではないので(鼻と口が前へ尖っている)、口角から奥歯が見えません。口角を指で引っぱってやっと臼歯が見える程度。

S先生の給餌アドバイス
・フードが患部に当たって刺激、痛みとなり出血の可能性があるので、ペースト状または流動性の高いフードにする。→a/d(ヒルズ)とAPPE(液体のフード)を推奨
その他
・麻酔ができず抜本的な治療ができないため、投薬で患部周辺の炎症、止血、痛みを抑える

ほんとうは麻酔ができれば処置をしたいのですが、先月検診ではGPTの数値はさらに高止まりしており抜本的な治療はしばらく無理そうです…。

猫缶とあじ水煮をペースト状にする
アニモンダとあじ水煮を、a/dと同じくらいのめらかさを目指してスプーンでペースト状にしてみました。アニモンダはけっこう近づけましたが、あじもかなり細かくはなりました。はじめ、ももはやや躊躇したものの、アニモンダ+a/d=半々づつをきれいに食べました。猫は食べのもにうるさいので一安心。ペースト状にしたことで、明らかに途中歯や口の中を気にするしぐさが減り、よりスムーズに食べていました。


処方されたお薬:
ビブラマイシン(水薬)1日2回 …抗生物質
トランキサミン散   1日2回 …抗プラスミン剤(止血) 
ビタミンK       1日1回 

フード
ヒルズa/d  166kcal/缶
APPE(アペ)犬猫用栄養補完食 約150kcal/缶
その他
エリザベスカラー(S)  ←ごはんの後、ビミョーなときだけ巻こうかな~


S先生、ありがとうございました。


本日の体重:2.92kg


口腔から出血・1回目

朝7:30、ももが起き出してキッチンへ行きごはんを食べまた2階に上がってきました。いつもはしばらくすれば落ち着く前足で宙をかく動作がいつまでも止む気配がないのでももを見ると口が血で真っ赤。あたりには血が飛び散って、けっこう出血をしていました。

かかりつけの先生に診ていただくと、出血部位は特定できず、左上顎(歯頸部吸収病巣の疑いあり)奥歯あたりからの出血ではないかとのこと。血が唾液に混ざると出血量が実際よりも多く見えるのだそうです。

対処方法は、カラーをつけるか親指が隠れるようにテーピングをすること。茶色い前脚に白い医療用のテープを巻くとすぐに歯で噛んではがそうとするもも…。ワンちゃんなら、たいていそのまま大丈夫だそうです。「この子はだめかな~」ということで、テーピングをあきらめました。爪の長さは適当、これ以上短くする必要なないそうです。

ぜんぜん、ちがう話ですが…

待合室のプレート
「当院は痛みを最小限に抑えた手術を行います。詳細はおたずねください。院長」もしかしたら、以前から同じ場所にあったのかもしれませんが、こんなプレートが待合室・小窓のところに立てかけてあることに気づきました。

4年前、ももの乳がんの外科手術をお願いしたときも、翌朝、手術後の様子を電話でおたずねすると、まずはじめに術後の疼痛管理について話してくださいました。縫い合わせた傷口にドレーンを挿入、そこから鎮痛剤が染み出しているので痛みをコントロールできていますと。プレートをみてそのことを思い出しました。

以前、獣医専門誌で獣医外科の権威を海外から招聘した学会で、院長先生がその通訳をされていた記事を読んだことがあります。確か言葉を話せない動物の外科手術における疼痛管理をどのようにしたら適切に行えるかといった内容でした。

術後の痛みに耐えかねて傷口を食いちぎってしまう場合があるというぞーっとするような話を見聞きしたことがあります。動物はどのように痛いのか言葉で伝えられないのでかなり重要な分野。いつか待合室で、ベテランの飼い主さんから院長先生は手術が上手いと実際のワンちゃんの経験を交えて話を聞いたことがありました。ぜんぶの情報が繋がったような感じがしました。


本日の体重:2.93kg


また、延期

本日の予定:
血液検査
麻酔のうえ、歯の処置 →GPT値が基準値を上回るため延期

2週間ウルソとチアマゾールを服用、満を持して今朝F動物病院へ行きましたが、GPTは依然高止まり。そのため、処置がまた延期になりました。

GPT上昇が食べ物の影響によるものかどうかF先生におたずねすると、そうではなくこれまで体が受けてきた甲状腺ホルモンの影響による可能性が高いという見解が示されました。またT4が適正値に戻っていることから、現在のチアマゾールの投与量はこのまま継続することも確認しました。

昨晩はというと、前回とほとんど同じ状況。
今回は1時間以上キッチンで座り込むことはなく、一晩に3回階下でさびしく鳴いたあと2階に上がってきて、布団に入るとほとんどすぐゴロゴロをしながら、眠りはじめました。

自分の思いが相手に通じなくて、直前までさんざんな思いを<人間なら>したでしょうに、猫という生き物は、ほんとうにすぐに気持ちが切り替わるというか、単純というか、純粋というか、基本的にいやなことが起こってもおそらく根に持ったりしない生き物なのでしょう。

黒いアメショーの猫さん
おとなりにフリースでつくった手作りの洋服をきた黒い猫さんがいました。お利口そうなゆったした表情をして、飼い主さんの膝の上におとなしく座っていました。きっとお腹を保護するために着せているのだろうなと思われました。ももはというと…、3年前、乳がんの手術のあとスポーツ用のサポーターに4箇所穴をあげて脚を出してを着せてました…

猫ちゃんの顔をみると、アメショーっぽい目の形と顔の形と雰囲気。頬のあたりが盛り上がって見えて、ミックス(日本猫)ではなさそうー、でも一見黒猫。飼い主さんによると、アメショーでまちがいなく以前はもっと柄がくっきりしていたのだそうです。だんだん黒い部分が広くなってきたのだそうです。また父親猫の品種が、そのような被毛をしているともおっしゃっていました。

がん友
14歳。今年8月、血管肉腫で手術、そのときに肝臓にもリンパ腫が見つかったのだそうです。脾臓を摘出、その後再発2週間前に2回目の手術をしました。そういえば、前回待合室でお見かけした猫ちゃんのようです。GPTが高いので抗がん剤治療を見合わせており、現在はステロイドを投与しているそうです。2つのがんを同時に発症したのはももくらいかも?と思っていましたが、そんなことはなくて、同じ経験をされた猫さんに出会いました。 リンパ腫の治療を終えてから丸3年を迎える日に。

ももが抗がん剤治療(アドリアマイシン)のときさいわいに副作用がなかったこと、抗がん剤治療中逆に体重が増えたこと、現在、寛解になって3年になることなどをお話しました。ももの経験はももの経験でしかありませんが、未知の治療に対する飼い主さんの不安感をすこしでも減らせたらいいなと思います。猫さんが元気で飼い主さんと過ごせますように。

甲状腺のお薬服用後
チアマゾールを服用し始めてから、時期を同じくしてももの食欲は以前より上がりはじめました。食欲減退は、歯の痛みとの兼ね合いという側面もありますが、先月以降基本的にもりもり食べるようになりました。以前は歯の痛みによっては食べたくても食べられない状況が頻発していました。

歯の痛みが現状以上にならないように十分注意を払っていますが、甲状腺ホルモンが適正になることによって、全体的にももの体調が良くなり食欲も出て体重も徐々に増えてきたように感じられます。

年越し
ごはんのときに左側上顎(おそらく、、)に違和感があるようで、ひどいときはごはんを中断してしまうので、楽にごはんが食べられるようにと思い早目に処置したかったのですが、ひとまず年越しになりました。

飼い主的には歯の処置を早く終えて、ごはんが食べられなくなる要因をなくしてしまいたのですが、痛みがひどくならない程度に、GPTが低下するまで気長に見守って行こうと思うことにしました。


今後の予定
ウルソ、チアマゾールは継続。
1月半ば以降、再診予定。


血液検査結果
GPT 321(前回 325)

(検査日:2009/12/27)


本日の体重:3.25kg


歯の処置、再延期

前回検査後、数日のうちに結果のご連絡をいただいて、今週初め処置のために10時前にF病院へ行きました。

まず、血液検査。
なにがいけなかったのか、GPTが上昇。そのため、処置は見送りとなり1週間から10日くらいチアマゾールとウルソ(肝臓の保護剤)を服用してから処置の予定になりました。なんだか先月からずっと伸び続けています。

前日、夜半~早朝の出来事。
麻酔処置をする前日は、ごはんは夜9時まででお水も夜中12時まで。ももはダラダラごはんを食べますが、日によっては深夜から早朝にかけて夜中に一度も起き出さずに眠ることもあります。ところが、きのうはどうしたことか、そういう意味では最悪のケースで夜中に2度、目を覚まして空腹をいつも以上に訴えました

何日も前からよーーーーく説明していたのに…。(空腹が)そうでもないときには、じきに2階に上がってきて静かに“香箱座りする”のですが、この日は1時間以上階下にいて時折鳴いていました… 無言のプレッシャーをプンプンかもし出しながら。ようやく2階に上がってきてからも部屋の中をひとしきりうろうろしていました… 6:00ごろ、起き出してキッチンへ。そのときももちろんお預けでした…

病院までの車の中では、しずかにキャリーの中に前脚を折り込んで座っていましたが、採血のときは、今日は気分が不安定なのかはじめから嫌がりどうしでした。次回、処置日前日は日中~夕刻にかけて意識的に給餌して深夜空腹にならないようにする工夫など作戦をたてないと…


血液検査結果
-----------------------
GPT   325  (前回:125)

(検査日:2009/12/15)


*前回の甲状腺ホルモンの検査の結果は次のとおり。
-----------------------
T4   2.6
fT4   1.6

(検査日:2009/12/6)


本日の体重:3.20kg

破歯性吸収病変(はしせいきゅうしゅうびょうへん)

破歯性吸収病変(はしせいきゅうしゅうびょうへん;FORL)または、歯茎部吸収病巣に関して、「ペピイキャッツ2008年秋冬号」に解説が載っている。

FORLについてわかること:
・炎症を誘発するような伝達物質によって歯を壊す破歯細胞が引き寄せられ、猫自身の細胞が歯を溶かす
・歯周病はFORLの原因にはならない
・激烈な痛みがあり、ものを噛むということに大きな苦痛をともなう
・北米では4歳以上の飼い猫の約50%に一箇所以上のFORLが発見されているとの報告がある


記事では「激烈な痛みとものを噛むときに大きな苦痛をともなうようです」と書かれているが、ももの痛がりようは相当なものだったので、かなりの激痛だと思われる。虫歯は止められないとはいえ、ほんとうに、かわいそうなことをしたと思う… そういう痛みを、あの小さな体に経験させたかと思うと。

ももの場合、歯のぐらつきがなく、口内炎でもなかった。その割にはひどく痛がる様子と歯ぐきの腫れ具合とのギャップがたびたび指摘された。歯根部に病巣があることはレントゲンを撮るまではわからなかった。猫がごはんを食べるときに、理由がわからずに口の中のどこかを痛がっていたら「破歯性吸収病変(FORL)/歯茎部吸収病巣」の可能性も早目に疑ってみてほしいと思う。相当な痛みと苦痛をともなうので。

+ + +

アルファベットが並ぶとどうも敬遠したくなるというのが人情ですが、北米獣医大会(The NorthAmerican Vetrinary Conference)というアメリカでもっとも多くの獣医さんが集まる学術大会で、4歳以上の飼い猫の約50%に一箇所以上のFORLが発見されているとの報告がありました。

このFORLというのは、少し虫歯と似ているのですが、歯の付け根の歯茎と接触している部分に吸収病変ができる、つまり歯が虫食いのように溶けてくるという病気なのです。ひとの虫歯がエネメル質が腐食するのに対して、このFORLというのは、炎症を誘発するような伝達物質によって歯を壊す破歯細胞が引き寄せられ、猫自身の細胞が歯を溶かしてしまうのです。虫歯と同じように激烈な痛みがあり、ものを噛むということに大きな苦痛をともなうようです。

しかし、解っていることはそこまでで、

○なぜそんなことが起こるのか?
○他の動物にはなぜ起こらないのか?
○年々増加傾向にあるのはなぜか?
○どうしたら予防できるのか?

など、わからないことだらけというのが現実なのです。

以前といってもつい最近まで、歯周病によって炎症を誘発するような伝達物質ができてくると考えられていましたが、現在では研究が進むにつれて、歯周病もFORLも高齢になるほど増加し、そして悪化するのですが、それぞれが互いの悪化要因にはなるものの、歯周病がFORLの原因ではないことが分かってきています。


「ドクターズアドバイス ペピイキャッツ2008年秋冬号」(ペピイ解説委員/獣医師 吉内龍策先生)より一部を引用しました


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

★ペピイは動物病院で配布(無料)されています。
こちらからも上記の記事掲載のPEPPY(ペピイ)が請求できます


歯茎部吸収病巣とは?

ももの奥歯の診断名は「歯頸部吸収病巣」。聞きなれない病名。シニア猫に多くみられる症状だという。

ももの場合、歯のぐらつきがなかった。そのため歯根には病気がないようにも思われたが、抗炎症剤投与などの内科的治療でなかなか効果が現れないときは、この病気についても疑ってみた方がいいように思う。

+ + +

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)または歯頸部吸収病巣(しけいぶきゅうしゅうびょうそう)とは、歯根が吸収されてしまう病気です。これは非常に多くの老齢ネコで見られる症状です。

歯垢が付くことにより炎症が起き、そこに破歯細胞が引き寄せられ、ネコ自身の細胞が歯を溶かし始めます。歯茎も徐々に下がり、歯茎の下にある歯根部が溶けていきます。歯根部は歯の表面に付いているエナメル質とは違う、やや弱いセメント質でできているので病巣になりやすいのです。

歯根部に穴が空くと、直接神経を刺激しますのでネコは強い痛みを感じます。そして重度になると、歯根は歯槽骨(顎の骨)に吸収されてしまいます。破歯細胞とは、通常は乳歯が永久歯の生え替わるときに、乳歯の根本に働いて溶かす細胞です。しかし、この病気では破歯細胞が永久歯に働きかけ、歯を溶かしてしまいます。なぜ、破歯細胞が永久歯に働きかけるか、原因はまだわかっていません。

All About > ペット > ネコ > 老齢ネコのケアについて-Vol.2 ネコの歯と口腔内の病気について(ガイド:岩田 麻美子さん)より一部を引用しました

ネコは虫歯になりにくい?!

猫の虫歯のメカニズムについて書かれている。

「ネコの歯肉は人間に比べると面積が少ないので、歯茎が赤く腫れている程度でも、すでにかなり進行している」と考えられるという。

+ + +

前回抜歯したTOTOROの口腔内には、2つの病気がありました※。 (※-老齢ネコの抜歯手術-を参照)上の2本の犬歯は歯周病(歯槽膿漏)。そして、下の犬歯には破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)または歯頸部吸収病巣(しけいぶきゅうしゅうびょうそう)とよばれる病気です。

ネコはいわゆる人間のような虫歯にはなりにくいそうです。(犬は虫歯になりやすい)

人間の場合は、虫歯菌(ミュータンス菌等)が糖分を分解し酸を作り出す→この酸によって歯が溶かされ、虫歯になります。ネコの歯のエナメル質は人間より厚くて丈夫で、また虫歯菌の種類も人間とは違います。

歯の形も尖っていて表面に食べ物のカスが付きにくいので、人間のように歯の表面からは虫歯になりにくくなっています。しかし、歯と歯茎の間にはカスが溜まりやすく、そこに歯石(細菌と食べ物のカス)がつくと、人間と同じように歯肉炎や歯槽膿漏になります。

歯垢により歯茎に炎症が起こり(歯肉炎)、それがひどくなって歯の根元が侵されていくと、その歯を支える骨にもダメージが出てきて歯がグラグラになって、抜けてしまいます。ネコの歯肉は人間に比べると面積が少ないので、歯茎が赤く腫れている程度でも、すでにかなり進行していると思われます。

All About > ペット > ネコ > 老齢ネコのケアについて-Vol.2 ネコの歯と口腔内の病気について(ガイド:岩田 麻美子さん)より一部を引用しました

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。