Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の歯磨き

猫の歯磨き、気が重い… でも実行していかないと。はじめは①口のまわりを触る②唇をめくって歯茎を見るなどから、本人(猫)を慣れさせていくとよいらしい。

『ねこのきもち』9月号特集:子猫のうちにやっておきたい生活レッスン(ベネッセコーポレーション)に、とてもかわいい写真が載っている アビシニアンの赤ちゃんが口を縦方向に開けられているところ。

+ + +

・歯ブラシは、犬用・人間用でも代用可能 

日本でも猫用の歯磨きグッズは販売されています。歯ブラシに関しては、基本的に犬と同様ですが、猫は口が小さく歯も小さいので、小型犬用が良いでしょう。人間用の歯ブラシでも、毛先が小さく柔らかい幼児用であれば代用できます。

レバーペースト味でフッ素の入っている歯磨きペーストや、リンス剤などもあります。口腔内のリンス剤は微量の酸が含まれている場合もありますので、1日1回で十分です。歯磨きが大変で出来ない場合は、ドライフードで歯の表面を磨いてくれるものもありますので、こちらを利用してください。
 
歯磨き方法は、歯茎から歯冠部すなわち歯茎より遠い部分に向かってブラッシングします。この他、ガーゼを水に濡らして食べかすを取ってあげるのも良いでしょう。
 
猫は難治性口内炎や歯頸部吸収病巣といって歯の内部から虫歯になる独特の病気があります。普段から口の中の状態を見ることが出来るように慣らすことは健康管理に大変有効です。

花王HP|愛猫と暮らす生活事典|ペットSOS|ペットサービス体験隊|猫のなんでも相談室|歯磨きについて(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院 院長 内田 恵子先生)より引用しました

スポンサーサイト

老齢ネコの歯のトラブル

猫の老化は個体差が大。
加齢にともなって、歯にどのようなトラブルが起こるか、実際の事例が書かれている。

+ + +

-老齢ネコの抜歯手術-

何事もなく健康そうに見える生活を送っていても、ネコの時間は人間より早く進みます。可愛い可愛い子猫だと思っていたのが、あっという間に青年期に達し、やがて老年期が訪れます。

人間と同じくネコにも、加齢による衰えが早く出てくる個体もあれば、15歳を過ぎても衰えが少ない子もいます。歳の取り方はそれぞれによって違いますが、飼っているネコが7歳を超える頃からそのネコの時間のすすみ具合を観察し、それに対してのケアを考えてあげたいものです。

具体的に老齢ネコにはどんなケアが必要でしょうか?第一回目は、つい最近我が家で遭遇した「歯」のトラブルを取り上げてみたいと思います。

若いときに一度膀胱炎を患った以外特に大きな病気をすることもなく…気がついたら今年13歳になる我が家のTOTORO君。 彼は元々歯の弱い体質らしく、若い頃から半年に一回は歯石を取る(スケーリング)など歯のお手入れを続けてきました。しかし、加齢による様々な症状が一気に進行しはじめ、上の犬歯は2本ともグラグラ。その痛みから食餌が充分に取れず、栄養状態が悪くなって貧血も見られるようになってきたので、我が家の主治医先生に診察をお願いしました。

歯肉は赤く腫れ上がって、かなり痛みを伴っているようで、口の中を触られることに抵抗します。上のグラグラの犬歯は歯槽膿漏が進行していて、下の左の犬歯の根本にも穴が空き歯が溶け始めています。ふつうのネコであれば、ここまで進行してくると痛みで食餌が取れなくなるでしょうが、とっても食いしん坊のTOTOROはこんな状態でも食べています。

「これはもう、抜歯するしかないですね」と治療方針は決まりましたが、全身状態の結果如何では麻酔をかけられないこともあるので、まずは血液検査を。ここでもし、尿素窒素=BUNなどの腎臓の値や肝臓の酵素=ALTが異常値であると、麻酔の危険性が高くなるので手術が不可能と判断されます。その場合は、痛み止めを使ったり抗生物質を飲ませたり、という対処療法しか選べなくなります。

幸いなことにTOTOROの血液検査結果は、加齢によるそれなりの機能低下はありましたが、麻酔に耐えられると判断できる数値でしたので、すぐに抜歯手術をしていただくことになりました。

抜歯と聞くと、抵抗感を持たれる方が多いかもしれませんが、多くのネコはあまり噛まずに食餌を取ります。ネコは肉食獣ですので、ネコの歯の役割は咀嚼するためのものではなく、獲物を捕まえて肉を引き裂くために使う構造になっています。ですから、飼い主が抜歯後の食餌のケアをしてあげれば、歯がなくなっても食べることに困りません。

手術の前夜-麻酔をかける前の日の夜は、必ず食餌を抜かなければなりません。これは、万一麻酔中に嘔吐したら危険だからです。歯が痛くて、今までのようにバカバカ食べられなくても、人(ネコ)一倍食いしん坊のTOTORO君は食餌を抜かれることが、非常に不満そうでした。。。

All About > ペット > ネコ > 老齢ネコのケアについて-Vol.1 歯のトラブル-老齢ネコの抜歯手術-より一部を引用しました

ネコの抜歯

猫の抜歯の過程について書かれている。とても参考になると思う。

+ + +

-いよいよ、抜歯の日-

一般的な簡単で短時間の手術などの場合は、マスクを当てる形の吸入麻酔で行われますが、抜歯手術などはマスクを当てていることができないので、気管内麻酔で行われます。挿管して、気管内チューブという管を気管に通し、麻酔薬を直接肺に送り込むわけです。手術前には、鎮静剤を打ち麻酔の導入を行います。また、手術中点滴を行うために留置針を入れます。

こうした術前処置が済むと、いよいよ抜歯開始です。
元々グラグラだった上の2本の歯は、ペンチのような器具(抜歯鉗子)で挟んで、グイグイとするだけで、簡単に抜けました。しかし、問題はまだしっかり筋肉と骨とが絡みついている下の歯。

犬歯はあごの骨にしっかりと納まっていて、その周りをちょうどスペアリブの骨の周りに付いている肉のように筋肉が覆い囲み固定しています。下の犬歯は根本が溶け始めていましたが、まだ筋肉がしっかり歯を固定していたので、抜き終わるのに2時間近くかかりました。

先生は、その間中抜歯鉗子を歯根部に固定し辛抱強く、少しずつ筋肉と顎の骨から歯を緩めて抜いていくわけです。抜歯の様子を見学させて頂いていた私もずっと肩に力が入りっぱなしで…。獣医さんのお仕事はつくづく体力勝負だな、と実感しました。

ひどい状態だった3本の犬歯を抜き終わると、その他の歯の周りの歯石をスケーリングして頂き、抜歯は終了。問題なく麻酔から覚めたTOTOROは、念のため一泊入院させ、次の日にお迎えに行くと、すでに食べていました。人間が抜歯すると、数日間痛んだり、腫れ上がったりしますが、ネコの場合は傷んだ病巣(歯)を取り除くと、その後はそれほど痛みを感じなくなるようです。

食べる=生きる、が、動物の生命力の源です。彼にこの食欲がある限り、まだまだ長生きしてくれることでしょう(以下、省略)。

All About > ペット > ネコ > 老齢ネコのケアについて-Vol.1 歯のトラブル より一部を引用しました


ネコの歯と口腔内の病気

ほとんどのチェック項目がももに当てはまっている… しかし、ももの診断名は口内炎ではなかった。チェックリストによると、口腔内の病気は症状が似かよっているようだ。

+ + +

-その他の口腔内の病気:口内炎-

歯茎や、舌、口腔に炎症が起き、赤く腫れてただれたり、ひどくなると潰瘍になったりします。人間の場合は、疲労やビタミン不足で起きることが多いようです。ネコの場合も、ビタミンAの不足や、口の中にある異物(魚の骨が刺さっていたり)、顎が変形してきて歯が当たったりする接触によって、またその他に洗剤や薬剤、灯油などを舐めたりした強い刺激によって引き起こされる口内炎もあります。

他の病気が原因でネコの免疫力が低下し口内炎が起きている場合も多く、そうなると治りにくく、また再発しやすくなります。(ネコエイズ、ネコ白血病ウイルス感染症、カリシウイルス感染症、糖尿病や腎臓の病気ほか)口内炎ができている時は、他の病気の兆候である場合が多いので、血液検査などを行って全身状態を診る必要があります(途中、省略)。

どの口腔内の病気でも、炎症を起こした部分から細菌感染し、それが血液にのって心臓や腎臓、肝臓などの内臓に運ばれ他の病気の原因になったりします。

歯周炎では、破の周りの細菌が毒素を作り出すので、ネコはそれによって軽い中毒を引き起こすことがあります。 どちらにしても、口の中が痛いことで、ネコは食べたくても食べられなくなり衰弱していきます。


-こんな仕草を見せたら要注意!-

■食餌を欲しがるが、いつもほどの食欲・スピードで食べなくなる
■口を横に振るようにクチャクチャいわせて、口の中で引っかかるような仕草をする
■口の中の痛い部分にあたらないように食べ物を移動させて食べている
■食べているときにビクッとしたり、声を上げる
■食べている最中に手で口を触って引っ掻くようなそぶりを見せる
■歯をカチカチ鳴らす
■歯茎の色が赤くなっている
■歯茎が腫れている
■歯石が付いている
■いつもより口臭がキツイ
■涎を流す

口腔内の病気は、特に老齢のネコの場合はほとんど何らかの症状を持っていることが多いようですが、若いネコにも起こります。

もし、上記のような仕草、口の中の様子に気がついたら、早めに診察を受けることをお奨めします。

All About > ペット > ネコ > 老齢ネコのケアについて-Vol.2 ネコの歯と口腔内の病気について より一部を引用しました

反省ばかり…

ももが、また昨日からごはんを食べないので、午前中F先生に診ていただく。
先月(3週間前)診ていただいてから良くなって体重も3.45kgにまで回復。しかしその後、徐々に痛みが出始めた。とうとうきのうから、食べられなくなった。

まず患部を綿棒につけた薬で消毒していただく。
歯茎部と歯の表面のエナメル質が減って知覚過敏と虫歯のような状態?なので、そこに食べ物があたると痛む、そのような説明だったと思う。『(初診から)もう4ヶ月になりますからね。患部の写真を撮って、1度良く見てみましょう。その上でもし悪いようであれば、悪い部分を抜歯ということも含めて考えましょう』とF先生。来週日曜日に手術の予約をする。

それにしても、いつも後手後手…(自己嫌悪)。

歯石除去は、絶対に10歳になるまで何年か一度受けるべきだ。

それにいつのまにか、ももの背中からノミの糞が診察台に落ちているのを発見。この間まで、こんなこともなかったのに… こうなる前に、夏は暑いから特に(ノミの活動の活発化を見込んで)先手を打っておかないといけなかった…

ももの“先代”は、ほんとうに何もしなくて長寿猫だった(10年前以上に、20歳8ヶ月で天寿をまっとう)。時代は移り変わり、人も動物も生活環境も大きく変貌している。先代があまりにも丈夫だったので、ついついももに対しても、猫一般に対しても認識が甘くなっていた。ふだんから歯石、ごはん、外遊び、多頭飼いの場合の影響など頭の隅においておくべきことは、ほんとうはたくさんあったのだ…

昨年から、がんの治療後ずっと体調が良かった。
今年に入りがん以外の理由によって、こんなに痩せさてしまった(1月風邪、5月~知覚過敏、歯茎付近の痛み)。

治療後はもっと慎重に、見守ってあげないといけなかった。

こうして飼い主が後手後手になっている間に、本人(猫)の体重は減り続け、体力が落ちるきっかけをつくっていく。先月末、久しぶりに時間をとってももの写真を撮ると、だいぶ覇気がなくなっていることが写真を通して伝わってきた。写真を撮らなくても、そのことがわからないようでは、飼い主として失格だ…。


投薬:
痛み止め(6回分)
シロップ状の抗生物質(1日2回・1週間分)


本日の体重:3.22kg(年初来最低値…)

口内潰瘍

歯石や歯垢が引き金になる

身近で、口内潰瘍に苦しむネコの姿を見ると、やりきれない。お腹がすいたから、お皿に盛られたエサを食べようとする。でも食べると傷口に食べ物が当たって痛いから、こわくて食べられない。でも空腹がつのってガマンの限度をこえる。そこで勇気をふるいおこして1口食べてみる。やはり口内に激痛が走る。ネコはギャーギャーと苦しみもがいて、両手で口のあたりをかきむしる。口のまわりはよだれだらけでバリバリになり、悪臭がただよう。きれい好きなネコたちにとって、何より耐えがたい病いのひとつである。

その原因はいろいろあるが、まず注意すべきは歯石だ。歯のあいだにたまった歯石が口内の粘膜を傷つけて化膿する。なにしろ、口内は雑菌の巣。おまけに、ネコは顔や体をていねいになめまわすが、さすがに歯磨きまではできない。それに犬よりずっと口やあごが小さいから、歯が密集して、食べかすが落ちにくい。おまけにネコはウェットタイプのフードが多い。自然、歯石や歯垢がたまりやすく、口内炎、口内潰瘍の引き金になる。体調をこわしたら、すぐに口内の雑菌が活躍するのである。
 
歯石以外の原因をあげると、近年急増するエイズや白血病のウイルスや、カゼその他のウイルスが火付けとなる。また、体内の免疫が強すぎて口内潰瘍となるケースもある。最近はことにエイズや白血病のウイルスが要因となることが多い。さらに原因不明のウイルスによる場合もある。まず原因をつきとめて治療法を定めないと、なかなか治らない。もちろん、症状が良くならなければ、食事どころではない。そうなれば衰弱が進んで、病いはさらにひどくなる。(以下、省略)

犬猫病気百科 口内潰瘍 ミネルバ動物病院 院長 酒井 公夫先生監修(1996年5月15日)より一部を引用しました


肉食獣の歯牙の機能

猫の口内炎が進行する(難治性口内炎)と、生死にかかわるほどの摂食障害になるという…

+ + +

歯周病が進行すると…
歯周病は、 歯についたプラークや歯石に含まれる様々な歯周病菌が、歯肉に感染し、 炎症を起こし、その炎症は歯の根っこの歯根膜に及んで行き、 歯槽骨をも侵し、 果ては歯槽骨が融解吸収されて歯がぐらぐらと動揺するようになり、 最後に抜けてしまうことでその進行が停止するのである。

しかし、その過程で歯周病菌は全身の血流に乗って、 歯とかなりかけ離れた場所の心内膜、 関節腔などの部分に移動して、そこで細菌性心内膜炎や変形性骨関節症の原因になったりして動物の健康にひどい悪影響を及ぼすのである。

また、歯周病の進行とともに歯肉炎、 歯根膜炎がひどくなると、動物は飼い主が口の周辺を触るのをひどく嫌がるようになったり、 口の痛みから食事を摂ることが出来なくなったり、 その苦しみは相当なものであると思われるのであるが、 哀しいかな音声による言葉を話すことの出来ない彼らは、私たち人間にその事実を気付いてもらえず、 かえって歯周病に起因するひどい口臭なんかを疎んじられて、非常に可哀相である。

歯周病の治療
なってしまった歯周病は、何と言ってもその原因である歯石を取って、歯の周囲を清潔な状態にしてやることがまず必要である。 歯石を取ると簡単に言うが、 そう簡単にはいかない。 歯周病で来院される患者さんは、どの子もひどく進行していることが多く、 歯を触ること即ち大きな疼痛となる状態であることが多い。 ただでさえ口を触られることに慣れていない犬猫に、無麻酔で処置をすることはほとんど不可能である。

従って、歯周病の治療として行なわれる歯のスケーリングでは、全身麻酔が不可欠なのであるが、 既に高齢になっている動物に、 しかも、心疾患を併発しているような場合には、非常に気を使う作業となるのである。

当然全身麻酔の前には、動物の年令に応じて、血液検査、 心電図検査、胸部エックス線検査を行ない、麻酔のリスク評価をしっかり行なう必要がある。 また、歯石の付着程度がひどい症例では、頭部エックス線検査も行なって歯周病が歯根膜をどの程度侵しているのか、歯槽骨が吸収されて抜歯の際に下顎骨が骨折するようなことが無いのか、というところまで評価しなければならないのである。

肉食獣の歯牙の機能 -捕食と武器
猫の場合、歯周病がひどくて難治性口内炎になって、命にかかわるほどの摂食障害になっている症例が時々あるのだが、そんな子では思い切って全顎抜歯とか全臼歯の抜歯を実施することがある。 すると、今までどうしたって治らなくて辛かった頑固な口内炎が改善して、ちゃんと食べることが出来るようになることがほとんどである。

歯が1本もなくなると生活に不自由を感じるようになるのではないかと心配される方が多いのだが、犬猫の場合人間ほど心配することはないと思う。 すなわち、犬猫のような肉食獣の歯牙の機能は、兎や牛馬山羊のような草食獣や我々人間や豚のような雑食獣とは根本的に異なるのである。

犬猫の歯の機能を具体的に考えてみると、まず獲物を捕食したり敵と戦う時の武器である。 獲物を発見すると追いかけて追いついたら強力な牙と第4前臼歯で相手を殺す。 そして、獲物の肉を自分が飲み込めるサイズに切り取って、後は丸呑みするのである。

そう、犬猫の消化には基本的に咀嚼という行動は不要なのだ。 であるからして、ドッグフード、キャットフード、あるいは調理食品を食べている犬猫の場合歯牙のあるなしは生存にそう影響しないのである。当院で今までに全顎抜歯もしくは全臼歯抜歯を実施した犬や猫で食事が食べられないというクレームがついたことは今までなかったし、むしろひどい口内炎が治まって生活の質が向上したとの報告を受けたのがほとんどである。

※歯周病 グリーンピース動物病院HPより一部を引用しました
(*出典の全文内容をご覧になる場合は、「診療方針<獣医歯科<歯周病」からご覧ください。なお、当該ページには施術中の動物のカラー写真等が掲載されていますのでご承知おきください)。

歯石除去

ももの歯石除去が終了。
麻酔のため、当日処置後は絶食。そのせいか翌日帰宅してからもあまり食欲がなかった。処置前日の半分くらい。それに、慣れない場所で一晩すごしたので、たぶんあまり眠れなかったのだろう。さぞ緊張もしただろうしそのせいか、しばらく落ち着きがなかった。

家の中を走り回ったり、座っても首を垂直にして薄目を開けていることが多く、なかなか熟睡しようとしない。急にすくっと立ち上がって部屋を出て行くことを何度も繰り返した。そのたひに、階下へ降りてごはんを食べていたようだった。ごはんをかみかみしながら、2階へ戻ってきた。丸くなって頭を横にして眠りの体勢になるまでだいぶ時間がかかった。

病院での様子。
ごはんを食べない。指の先に猫缶をのせてもっていくと食べる程度。たぶん環境がちがうからかもしれない。当日夜も翌日朝も、特に鳴くことはなかった。静かに前脚を折って座っていることが多かった。

処置について。
歯石はきれいに除去できた。抜歯の必要がなかった(奥歯の根っこがしっかりしていた。ということは、右上後臼歯付近の歯周炎は思ったほど進行していなかったのだろう)。左上犬歯の根っこは残した。抜歯しなくても問題なしという判断らしい。院長先生が手術中にお迎えに行ったため、詳細はわからず。

今後について。
時々、ぬるま湯に浸したガーゼを指に巻いて、歯についている歯垢をとってあげること。猫用の歯磨きペーストのようもの(ジェル状)もあるが、何もつけないで歯垢をとるだけでもOK。

最近、ラクトフェリンをシリンジに入れて右上の口角を後ろにひっぱって歯茎部に塗布していたので、ももはいくらか口の中に触れることに抵抗を示さなくなっている。おそらく、ガーゼも大丈夫だと思うのだが…

深夜、やっといつものように眠り始めた。


本日の体重:3.55kg

歯の磨き方

猫用の歯ブラシも歯磨き粉もあるらしい…

+ + +

ワンちゃん、ネコちゃんもお口の中の汚れは(人間と同じ様に)歯肉炎、歯周病の原因になります。また、これらの病気を放っておくと心臓病や腎臓病に移行しやすくなります。

健康な体は健康な歯から!
毎日少しずつ遊びながらでもいいですから根気よく歯磨きをしてあげましょう

手順:
1. 口と鼻の部分を軽くつかんで口を閉じて数を数え、静かに口を閉じていることを教えてください。
2. 唇をめくり、切歯部(前歯)を調べます。
3. さらに唇の横の端を尾方に引っ張って臼歯部(奥歯)を調べます。その際に無理に口を開かないようにします。
4. 10~30秒間口の周りを触らせたり、歯を見せることを嫌がらなくなれば指に水やぬるめの湯をつけたガーゼを巻き、軽く切歯部の表面だけを行います
5. 慣れたら臼歯部の外側面を始めます。
6. ここまで出来るようになりましたら歯ブラシを開始します。切歯部から始め、嫌がったら指にガーゼを巻く方法に戻ってください。その際、ブラッシングは歯と歯肉の境界に45度の角度で円を描くように歯と歯肉をマッサージするように磨くとよいでしょう。
7. 切歯部が無理なく行えるようになったら臼歯部のブラッシングを行います
8. さらに慣れたら口を少し開けて内側面をブラッシングします

※小型犬、猫は向い合って行ってください。大型犬は横から行ってください。

どんな歯ブラシを使ったらよいの?
ワンちゃん、ネコちゃん用の歯ブラシを当院にご用意しておりますが、市販の人間の赤ちゃん用歯ブラシを使って磨いてあげても結構です。

歯磨き粉は必要ですか?
特に必要ありません。歯ブラシと水だけでOKです。ただ、ワンちゃん、ネコちゃんの好む味の歯磨き粉を当院にご用意してありますので動機付けに利用していただくとよいと思います。

フジタ動物病院HP 動物マメ知識 歯の磨き方より引用しました

歯肉口内炎

猫の口内炎について。

+ + +

【症状】
口の中が赤くただれ、痛くて食べることも飲むこともできない

うちの猫、よだれで口のまわりが汚れてきた。口臭がひどい。頬をさわると、猛烈に痛がる。食欲がない。ごはんを食べようとすると、痛がる。あまり水も飲まない。口の中が真っ赤にただれている。こんな症状が歯肉口内炎の特徴で、口内炎ともいわれるが、獣医師でも歯周炎と歯肉口内炎の判別がつきにくく、事実、歯肉炎を併発することも多い。

実際に口腔粘膜だけでなく、歯肉、舌、口の奥、のどの入口、あるいは唇まで、赤く腫(は)れ(炎症)、ただれ(びらん)、さらにひどくなれば、粘膜に亀裂が入ったり(潰瘍)、粘膜が固く変質して盛り上がったり(肉芽)する。見るも無残、患部に食べ物や水がふれるだけで激痛が走り、愛猫がもだえ苦しむことになる。食べることができず、水や唾液も飲み込めず、息をすることさえ困難になる場合もあり、放置すれば、衰弱、脱水症状、低酸素症、腎不全や肝不全などで死にいたる。

私たちが、もし口腔粘膜に小さな口内炎ができても痛くてたまらない。それが、口の中全体、のどまで、炎症、びらん、潰瘍、肉芽で真っ赤な血の海になれば、と思うだけで気が遠くなる。歯肉口内炎を悪化させた猫たちは、黙って、はげしい痛みに耐えられるだけ、耐えているのである。

【原因とメカニズム】
口腔内の細菌感染はじめ、さまざまな要因がひそむ

猫がなぜ歯肉口内炎になるのか、はっきりとした原因はまだ解明されていない。しかしこれまでの研究で、歯周炎と同様、口腔内、ことに歯垢や歯石に付着して増殖する細菌が関わっていることは確かだろうと考えられている。もっとも、歯垢、歯石があっても、必ずしも発症するとは限らない。
 
また、猫白血病ウイルス(FeLV)や猫免疫不全ウイルス(FIV)、猫カリシウイルス(FCV)などの感染猫が歯肉口内炎になるケースも少なくないが、ウイルス感染=歯肉口内炎でもない。
 
それぞれの猫たちの免疫力、抵抗力の強弱が、細菌感染やウイルス感染などと微妙にからみあい、歯肉口内炎になったり、ならなかったり、また、症状がひどくなったり、軽くてすんだり、治りやすかったり、治りにくかったり、歯周炎を併発したり、歯が溶ける病気(歯頸部吸収病巣)を併発したりという、さまざまな症状、経過を示していくのである。
 
ちなみに、フジタ動物病院での調査結果では、来院した323頭中、7.1%(オス猫8.4%、メス猫6%)が歯肉口内炎と診断されている。また、この病気になった猫の平均年齢は4.7歳。食生活との関連では、ドライフード派よりも、歯垢、歯石の付きやすい缶詰派のほうが発症率が高い。ウイルス感染症との関連では、FIV感染猫の割合は38.9%、FeLV感染猫が16.7%となっていた。

【治療】最も効果的な抜歯療法
治療といっても、基本的には対症療法しかない。各動物病院で多様な治療がおこなわれているが、完治することはむずかしい。

たとえば、歯垢・歯石の除去や口腔内の洗浄、細菌をたたく抗生剤、免疫力を抑制して過剰な抗体反応を抑えるステロイド剤、逆に免疫力を高め、抗炎症作用のあるラクトフェリン、免疫力を調整するインターフェロンなどの単独、または組み合わせ投与。あるいはレーザー治療。さらには炎症のはげしい臼歯部の臼歯を抜歯したり、それに加えて、犬歯や切歯などすべての歯を抜く治療法もある。
 
それらのなかで、最も治療効果の高いのは抜歯治療、それもすべての臼歯、あるいはすべての歯を抜歯する治療法である。歯がなくなれば、歯肉口内炎を悪化させる細菌にとって好適な付着・増殖場所がなくなるために、抜歯後、症状が改善され、数週間から数カ月でほぼ正常な状態にもどるケースも少なくない。
 
しかし注意すべきことがある。すべての臼歯、あるいはすべての歯を抜歯するには、専用の手術設備と高い技術が要求される。もし、たとえ一本でも歯根部があごの骨の内部に残れば、歯肉口内炎を再発してしまう。また、長時間、麻酔をかけて手術するため、猫自身にそれに耐える体力が必要だ。

【予防】子猫期から歯の手入れの習慣を身につける
歯肉口内炎にできるだけならないようにするには、歯周病予防と同じく、歯垢、歯石が歯に付着しないようにすること。子猫のときから、歯の手入れの習慣を身につけることが大切だ。まず、口の中に指を入れて遊んだりして、抵抗感をなくしていく。指に好きな肉汁をつけて、ごほうびがわりに舐めさせるのもいい。次は水や湯、肉汁を沁みこませた濡れたガーゼで前歯(切歯)、犬歯、臼歯、歯の裏とだんだんに磨いていく。そうして、歯ブラシによる歯磨きにまで到れば、とてもいい(歯肉口内炎を患う猫に歯磨きするのは、激痛に苦しむため、むずかしい)。
 
また、歯垢、歯石が付きやすければ、それらの付着しにくいフード(専用の療法食もある)に替えることもいいだろう。猫の免疫力を低下させるウイルス感染症を予防するワクチン接種をきちんとおこなうことと、ウイルス感染の機会をなくすために室内飼いにすること。それから、年に1、2度ぐらいは、動物病院で歯垢、歯石の除去と口腔内の定期検査を受け、歯肉口内炎の早期発見・早期治療に努めることも大切だ。 *この記事は、2002年10月20日発行のものです。

犬猫病気百科 猫の病気 歯肉口内炎(2002年10月20日発行 監修/フジタ動物病院 院長 藤田 桂一 先生)より引用しました


Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。