Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪性腫瘍による高カルシウム血症とは

カルシウムと骨について
カルシウムは、体内で筋肉を動かしたり、細胞のはたらきを調節したり、骨を丈夫にしたりする役割を果たしています。カルシウムは普段の食事から摂取された後、その一部は骨に吸収され、余分なカルシウムは尿と一緒に体外に出されます。

体内にあるカルシウムのほとんどは、全身の骨に蓄えられています。骨は、絶えず少しずつ生まれ変わっており、骨に蓄えられたカルシウムも血液中に取り出して利用される仕組みになっています。骨を新しく生まれ変わらせるために、骨の表面には骨を壊すはたらきをする「破骨細胞(はこつさいぼう)」と骨をつくるはたらきをもつ「骨芽細胞(こつがさいぼう)」があります。破骨細胞は骨を壊すだけでなく、骨の中のカルシウムを血液中に送り出すはたらきを持っています。

高カルシウム血症の原因
悪性腫瘍による高カルシウム血症の原因は、体内の癌細胞から産み出される物質によって、破骨細胞のはたらきが活発になり、骨から溶け出すカルシウムの量が多くなったり、尿として体外に出される余分なカルシウムが腎臓で血液中に戻ったりすることによって起きます。また、癌が骨に転移した場合、転移した癌によって破骨細胞が刺激され、骨から溶け出すカルシウムの量が増え、血液中のカルシウム濃度が上がることもあります。

もともと人体には、血液中のカルシウムの濃度を一定の範囲内に保つはたらきがありますが、悪性腫瘍による高カルシウム血症の場合には、癌が産み出す物質や癌が骨に転移することによって血中のカルシウム濃度が上がります。このため、悪性腫瘍による高カルシウム血症と診断された場合でも、特別な理由がなければ、カルシウムを多く含む食品(牛乳や魚など)を控える必要はありません。


ノバルティスファーマ株式会社HP > 病気について > 高カルシウム血症の原因 より引用しました

スポンサーサイト

癌性悪液質とは

末期のがん患者の方が、ごはんを食べてもどんどん痩せてきてしまう状態を、癌性悪液質といいます。食事からの栄養素をエネルギーに変換する代謝の仕組みが変わってしまうために、食べれば食べるほど逆にエネルギーを消費してしまう現象が起こるのです。

正常な代謝では糖分はすぐにエネルギーに変換されるのですが、癌性悪液質になるとブドウ糖からごくわずかなエネルギーしか産生されず、乳酸に変わります。乳酸をエネルギーとして利用するために再びブドウ糖に変換するのに産生した以上のエネルギーを消費してしまうので、栄養を取ったつもりで実は消耗してしまう現象が起こるのです。ですから、がんになった動物が痩せてきたから甘い物をあげるというのは逆効果なのです。では、どんな食事ががんの動物には最適なのでしょうか?ご飯やパン、うどんといった炭水化物は糖に分解されますので避けましょう。たんぱく質もたくさん与えすぎるとがんのえさになります。

がんの動物に最適な栄養素は脂肪なのです。それもオメガ3と呼ばれる脂肪酸で、植物油ではなく動物性のもの、特に海の魚に多く含まれる脂なのです。お魚の好きな猫や犬には是非、魚を与えてください。そうした栄養バランスに注意して作られた、担癌犬の為の処方食がヒルズのn/d缶です。糖、炭水化物を省き、良質のたんぱく質を厳選し、魚の脂であるオメガ3脂肪酸をたっぷり含んでいますので、急にたくさんあげると消化不良を起こすことがありますので今食べている食事に徐々に混ぜていき切り替えてください。


ペットの「がん」 -レオ動物病院腫瘍科- > 食べても痩せてしまう癌性悪液質より引用しました

早期発見・早期治療の有効性

癌の治療において、早期発見・早期治療はどの腫瘍に対しても有効です。しかし、この早期発見・早期治療が有効であるためには次のような条件があります。

条件1:
腫瘍は際限なく増殖するものです。細胞単位でみると、未完成の不出来な細胞が増えていきます。癌細胞の増殖の方法は高分化と未分化に大別されます。細胞が、内側も外側もきっちりと時間をかけて作られて増殖するのが高分化、未完成の細胞が未完成のままに早いスピードで増殖するのが未分化です。

治療の指針に欠かせないグレード(悪性度を示す数値)で表した場合、早期発見はとても大切なことですが、たとえ早期発見できたとしても、悪性度が未分化で増殖を繰り返すグレードであれば「早期に発見したはずなのに治療が間に合わない」ということが起こります。グレードが低いことが早期発見・早期治療を有効にする条件のひとつです。

条件2:
もうひとつの条件は、発見した時の腫瘍の大きさです。腫瘍は小さければ小さいほど治療の効果が得られるのです。外科的処置を行う場合、良性の場合は、腫瘍の端からすべての方向にプラス3センチのマージン(余白)をとって摘出します。悪性の場合は、周りに入り込んでいるだろうと想定される部分までを摘出します。これが、腫瘍は小さい段階で発見できるのが望ましいとする理由です。


ペット大好き!> 動物医療の現場から > 癌についての正しい知識と対応VOL.16 悪性リンパ腫についての正しい知識と対応 <早期発見・早期治療の有効性>(回答者:若林救急動物病院院長 千葉 剛先生)より一部を引用しました

癌(がん)の基礎知識

・がんとは細胞増殖が歯止めを失った状態
神経細胞など一部の細胞を除いて、すべての細胞は常に分裂して増殖を繰返し、古くなり弱った細胞と入れ替わっています。この様な細胞の死と再生には、一定の秩序だったバランスがあり、これが守られることで正常な機能が保たれています。がん細胞(腫瘍細胞)とは、本来は正常であった細胞が、様々な原因で増殖の歯止めを失い、無秩序に増殖を続けていく細胞をいいます。がん化した細胞はもとの細胞が持っていた正常な機能を果たせず、周りの組織を侵食して害を及ぼし、ついには動物自身の生命を絶ってしまいます。

最近のがんに関する研究は急速に進み、細胞には「がん遺伝子」と「抑制遺伝子」があることがわかってきました。がん遺伝子は細胞増殖のアクセルのようなもの、抑制遺伝子はブレーキの様なもので細胞が増殖しないようにがん遺伝子の働きを抑制しています。なんらかの原因でがん抑制遺伝子の働きが悪くなると、細胞分裂の歯止めが効かなくなり、がん化するといわれています。

・がんには良性と悪性がある
比較的おとなしいがん細胞は、次第に増殖して塊を作っていきますが、その塊の境界がはっきりしていて、ここからはみ出ることがありません。これを良性腫瘍といいます。一方、悪性腫瘍はがん細胞が塊を作ってもそこからはみ出して、周囲の組織へ広がっていきます。これを「浸潤性」といいますが、組織へ浸潤したがん細胞が血管やリンパ管に入ると他の組織へと転移することになり、がんが全身に拡大していくことになります。

・犬のがんも人と同じように多種多様
犬によくみられるがんには、皮膚がん(脂肪腫、扁平上皮がん、黒色肉腫、乳頭腫、肥満細胞腫など)、乳がん、リンパ腫などの固形がんといわれるものと、血液のがんとわれ白血病があります。固形がんがあることが分かれば、獣医師はまずこれを切除することを考えますが、がんが拡大していたり、転移していたりしてすべて切除できない場合には、補助療法として放射線療法や抗がん剤を使う治療が行われます。

(*この記事はその対象を犬として書かれています。犬とネコは体の機能、食性、発症しやすい癌の種類等が異なります。その点を考慮のうえ、ご参照ください。)


※動物のくすりホームページ > 抗がん剤より引用しました

ペットの食事や生活とがん発生関連因子

- - - - -
・同じ組成の保存食品を食べ続けることの危険性
ペットは私たちと違い、毎日、毎食ほとんど同じフードを食べているので、もしペットフードの材料やこれら添加物の中に発がん性のある物質が含まれていた場合、ペットは長期間繰り返し発癌物質に暴露(さらされること)され続けることになります。ここで誤解しないでいただきたいのは、すべてのペットフードが危険であるといっているのではありません。しかし、毎日同じ組成の保存商品を食べ続けることの危険性は否定できないと思います。

・大気汚染物質
空気や水は命あるものが生きていくために不可欠ですが、車の排気ガスや工場からの噴煙による大気汚染で空気は汚れています。水にも同じことが起きています。発がんとの関連性が証明されているわけではありませんが、空気は毎日、呼吸をするたびに肺に吸い込まれ、水は毎日すべての動物が飲んでいます。都市部に住む犬に肺がんや扁桃腫瘍の発生が高いという報告があり、大気汚染物質が動物のがんの原因になりうることがうかがえます。


・ストレスと免疫
ストレスと免疫は密接に関係していることがわかっています。暑さ、寒さ、痛み、発熱などは肉体的なストレスであり、悲しみや怒りは精神的なストレスです。自然の少ない閉塞的な生活環境や、人間の生活パターンに同調しなければならないということも、動物にとってはストレスになるかもしれません。

免疫力の低下は、日々出現している少数のがん細胞を発見し処理する能力の低下につながります。免疫細胞の監視をくぐり抜けた癌細胞は、分裂増殖しがん組織が形成されます。


- - - - -
『ペットががんになった時』(鷲巣月美 編 三省堂)p11-12より一部を引用しました

寛解とクオリティ・オブ・ライフ

- - - - -
寛解に達すると、動物のクオリティ・オブ・ライフ(QOL;生活の質)はかなり高く維持されます。抗がん剤を用いた治療では、いかにこの寛解期間を長く維持させるかが重要な点となります。しかしながら、寛解は根治とは異なり、肉眼的にがんは消えても、目に見えないごくわずかの生き延びたがん細胞が徐々に増え、多くの場合再び大きながん組織として表れます。

このような場合、がん細胞は、それまでに投与された抗がん剤に対し耐性を獲得していることが多いため、異なる種類の抗がん剤を使うことで、再び寛解が得られることもありますが、長期にわたり寛解を維持することは非常に困難です。抗がん剤による治療では、治療効果と副作用のバランスをいかに上手にとっていくか、そしてその結果、高いクオリティ・オブ・ライフをどれだけ長く維持できるかが重要です。

- - - - -

『ペットががんになった時』(鷲巣月美 編 三省堂)p128-129より一部を引用しました


癌の発生

- - - - -
「癌」というのは、500種類ほどの異なる病気の総称です。体が不調なとき、誰でも本能的に癌ではないかと恐れるものです。しかし、癌は実にさまざまな形で姿を現すということ、そして多くの要素によって、痛みの程度や病気の重さがかわってくるということを理解しなければなりません。

癌の診断の結果は、診断が下された時期、癌の位置、さらに遺伝的要素や生活態度といった幅広い要素によって、大きくちがってきます。免疫システムは、癌細胞になる可能性のあるものが生まれるとすぐに排除していきます。免疫システムがコントロールできないほどのスピードで異常な細胞が増殖したとき、癌が発生するのです。

体内では正常な細胞分割が常に進行していますが、ときおり、正しい遺伝コードを持たない分割細胞が製造されます。この変異細胞が急速に増殖できる状態におかれると、癌に発展する可能性はかなり高くなります。健康で免疫システムがうまく機能している状態のとき、私たちの体はそういった潜在的な癌細胞を処理する能力を持っています。

しかし、変異細胞は捕まえにくくてしぶとい性質を持ち、キラーT細胞の破壊から逃れようとして、自分の表面に保護バリアを張ることがあります。癌に進行しやすい状態の原因になる要素を、いくつか次に挙げます。

遺伝的継承
ライフスタイル

・アルコール
・喫煙
・乳脂肪の摂取量
・放射線、過剰に日光を浴びる
・特定の化学物質との接触
情緒面での健康
免疫システムのはたらきを支えるのも弱めるのも、情緒面での健康が鍵となります

- - - - -

※『ナチュラルに高める免疫力』(ベス・マッキーン著 産調出版)体の防御機能:免疫システムのしくみ p20-21より引用しました

転移がんとは

がん細胞は、発生した本来の部位(原発巣)に止まらず、血液やリンパ液に乗っていろいろな臓器に飛び火していきます。これを転移といいます。転移には4つのルートがあります。

1.「血行性転移」
血管を介して全身に転移します。がんの発生する部位によって、血行性に転移を起こしやすい部位(転移好発部位)というのがあります。

2.「リンパ行性転移」
リンパ管を介して転移します。がんが発生した部位に応じて転移しやすいリンパ節が想定可能なため、手術の際は所属リンパ節も同時に切除(リンパ節郭清)する場合が多くあります。

3.「播種性転移」
がんが胃壁や肺の胸膜などを突き抜けて、腹腔や胸腔などの臓器の隙間に直接ばら撒かれ転移します。

4.「接触性転移」
がん細胞が隣接している臓器に運ばれて増殖します。


※がん治療Navi より引用しました

がん発生の機序(メカニズム)

全てのがんは、遺伝子の突然変異によって発生する。

身体を構成している数十兆の細胞は、分裂・増殖と、プログラムされた死(アポトーシス)を繰り返している。正常な状態では、細胞の成長と分裂は、身体が新しい細胞を必要とするときのみ引き起こされるよう制御されている。すなわち細胞が老化・欠損して死滅する時に新しい細胞が生じて置き換わる。ところが特定の遺伝子(p53など、通常複数の遺伝子)に突然変異が生じると、このプロセスの秩序を乱してしまうようになる。すなわち、身体が必要としていない場合でも細胞分裂を起こして増殖し、逆に死滅すべき細胞が死滅しなくなる。

このようにして生じた過剰な細胞は組織の塊を形成し、腫瘍あるいは新生物と呼ばれる。腫瘍には良性(非がん性)と悪性(がん性)とが存在する。良性腫瘍は、稀に命を脅かすことがあるが、身体の他の部分に浸潤せず肥大化も見られない。一方、悪性腫瘍は浸潤・転移し、生命を脅かす。

全ての遺伝子の突然変異ががんに関係しているわけではなく、特定の遺伝子(下述)の変異が関与していると考えられている。また、発癌には多段階発癌説が提唱されている。すなわち、癌に関与する因子ならびに癌に至るプロセスは単一ではなく、複数の遺伝子変異などが関与すると考えられている。

(※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました)


Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。