Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学療法

いわゆる抗がん剤を使用する治療方法です。化学療法自体が主役になる治療もあれば、他の治療の補助として再発を遅らせる、転移性腫瘍を治療する、生存期間を延長させる等のために使用されたり、外科療法、放射線療法前に腫瘍を縮めてそれらの処置がしやすいように行われることもあります。しかし、基本的には化学療法開始前に腫瘍の大きさと細胞数を減らしておいてから適用する場合に最も有効な効果がもたらされます。投与方法は、経口投与、皮下、筋肉、血管内注射などが中心になります。

化学療法実施までの流れ

腫瘍が何か、そしてその進行度はどの程度かを把握する
化学療法は悪性腫瘍「がん」にのみ適用される手段です。そのためには(外科療法で説明しましたが)病理組織検査で腫瘍の正体が正確に「悪性腫瘍である」と判明していることがまず第一の条件になります。一部の腫瘍、皮膚のリンパ腫やTVT(可移植性性器肉腫)などでは簡易なバイオプシーでも腫瘍細胞の特徴、発生部位等から確定診断に到る事ができますが、ほとんど全ての腫瘍に関して病理組織検査抜きでは診断がつきません。

ペットの全身状態をチェックする
現在の状態はどうか、持病はあるか、腫瘍に伴う合併症はどの程度か、内臓や他の諸機能がきちんと働いているかどうか。これらは、化学療法を実施しても体力的に問題が無いか、また問題があるならそれを改善することをはじめ、使用する薬剤の種類を変更する、化学療法そのものを行わない等の判断材料になります。
 
他の手段を検討する
他の治療方法(外科療法)などで根治可能であればそちらを選択するようにします。根治可能な他の方法が無い場合(手術で取りきれない、放射線治療が受けられない)に適用します。

治療に伴う利益とリスクを理解する
化学療法はがんに対して効果をもたらす反面、副作用というリスクももたらします。これを知ることは治療をする獣医師は当然ですが、飼主の方もまたしっかり知る必要があります。使用される抗がん剤の種類やプロトコール(使用方法)によって発現する副作用の種類も程度もさまざまです。これらの知識について治療前に両者がしっかりと話し合い、理解を深めることが大切です。


児玉どうぶつ病院HPより引用しました

スポンサーサイト

化学療法とは

悪性腫瘍に対して行うのが化学療法です。化学療法の目的は癌を完治させることではありません。生活の質(クオリティオブライフ・QOL)が下がらないよう、もしくは上げられるように行うものです。つまり、「根治」ではなく、「緩和」。今の状態を少しでも改善させるのが一番の目的です。

・誤解しやすい寛解
臨床医は、実際に触る・見ることで診療を行います。化学療法を行った結果、触れてもわからない程度に小さくなった、目で確認できなくなった状態を寛解(かんかい)と言います。この段階では多くの飼い主さんが、腫瘍は消えた、癌は治ったと思ってしまうものです。

病気は治ったから食欲はあるのに、体重の減少が続くのは何故だろうと感じる方もいるでしょう。ここで重要なのは、腫瘍は臨床的に検出できない状態になっただけだということ。骨の中、内臓の中に一時的に身を潜めた腫瘍は、その時使っている化学療法剤に抵抗力ができたらまた出てくるのです。

・化学療法を行う回数
治療の実施要綱・計画をプロトコールと言います。プロトコールでは、化学療法の場合、週一回・半年間、つまり25週続けて行うのが理想だとされています。再発した場合は、同じプロトコールを行うか、あるいは別のプロトコールを行うかを、改めて検討します。化学療法はエンドレスなのです。患者さん(ペット)に命がある限りずっと続くというのが原則的な考え方です。

・化学療法と副作用
しかし、それだけの長い期間、化学療法を継続している患者さんは少ないと思います。化学療法には副作用がつきまとうからです。副作用と生活の質を比べた時、生活の質が副作用によって落ちるのであれば、そこで治療をやめることは挫折ではありませんもともと化学療法とは生活の質をあげるためのものですので、化学療法によって生活の質が落ちてしまうのであれば、その治療を速やかにやめて、別の治療に変えたほうが良いのです。


ペット大好き!> 動物医療の現場から > 癌についての正しい知識と対応VOL.1(回答者:若林救急動物病院院長 千葉 剛先生)より一部を引用しました

動物の医療とQOL

今、ひとの医療の現場でクオリティ・オブ・ライフ(quality of life)という言葉が盛んに使われています。QOLとも略され、生活の質あるは生命の質と訳されます。病気をいくら最新の医療技術で治療しても、副作用によって社会生活が出来なくなる、あるいは社会生活が著しく障害されるなら、治療に意味がないのではないかとの議論です。

初期の段階では良く効いた抗がん剤による治療も、次第に効果が無くなってくることがあります。この場合、抗がん剤の量を増やしたり薬剤の種類を変え効果を高めることが必要となります。この様な状態になったとき、予想される新たな副作用に耐えて生命が長くなることを選ぶか、生命は短くても苦しまずに寿命を全うさせるかの判断は、飼い主が下さなくてはなりません。安楽死を選ぶことをせまられるケースもあるでしょう。伴侶動物の高齢化が進むなか、動物の医療においてもQOLを考えることがとても重要です。

※動物のくすりホームページ > 抗がん剤より引用しました

抗がん剤の種類と特徴

アルキル化剤
 ・シクロフォスファミド
 ・ダカルバジン
 ・クロラムブチル など
代謝拮抗剤
 ・メトトレキサート
 ・シタラビン など
抗腫瘍性抗生物質
 ・アクチノマイシンD
 ・ブレオマイシン
 ・ドキソルビシン など
ビンカアルカロイド
 ・ビンクリスチン
 ・ビンブラスチン など
副腎皮質ホルモン
 ・プレドニゾロン、
 ・デキサメタゾン など

抗がん剤は、正常細胞には効かずに、腫瘍細胞だけに毒性作用を示す薬物です。がん細胞は非常に分裂の盛んな細胞です。この細胞分裂を阻止する薬剤として、以下のような多くの種類の薬が開発されています。

アルキル化剤:
シクロフォスファミド、ダカルバジン、クロラムブチルなどがあり、DNAの複製を阻害します。シクロフォスファミドは獣医領域では最も一般的な薬剤であり、リンパ腫や白血病にも有効です。リンパ腫に対しては特に有効で完全治癒する症例もあります。

代謝拮抗剤:
メトトレキサート、シタラビンなどがあり、核酸の合成を阻害します。リンパ腫の治療によく用いられています。

抗腫瘍性抗生物質:
土壌中の細菌がつくる化合物で、アクチノマイシンD、ブレオマイシン、ドキソルビシンなどがあります。DNAと結合して複製を阻害します。人の医療では現在知られる最も有効な薬剤といわれますが、獣医領域での知見は少ないようです。

ビンカアルカロイド:
植物から抽出される化合物で、ビンクリスチン、ビンブラスチンなどがあります。獣医領域では、可移植性性器肉腫というがんに高い治療効果を示すことで有名です。

その他:
乳がんや前立腺腫などの生殖器のがんの形成には性ホルモンが関与しており、性ホルモンの作用を阻害する薬剤が使われます。細胞毒性はなく、副作用として中性化がおこります。一方、造血器の腫瘍や肥満細胞腫には、プレドニゾロンやデキサメタゾンなどの副腎皮質ホルモンの大量投与が有効です。

これらの薬剤を、1)どのくらいの量を、2)どのくらいの間隔で、3)どの様な組み合わせで(多剤併用といいます)投与するかが重要で、極めて専門的な知識が要求されます。特に、抗がん剤の使用に際しては、副作用のでるぎりぎりの量を投与する必要があるとされ、厳重な管理のもとで治療が行われる必要があります。


※動物のくすりホームページ > 抗がん剤より引用しました

抗がん剤治療中のペットの食事

- - - - -
がんに罹患し、さらに抗がん剤による治療が行われると、動物は体力を消耗するため、より多くのエネルギーを必要とします。食欲があるときは消化のよい良質の食事を与えてください。食欲が低下したり、抗がん剤の副作用で食欲がなくなった場合には、動物の好きなものを与えてみてください。

また、手で少しずつ口まで運んだり、食物の温度を変えるなど、少しでも食べ物に興味を示すように工夫してみてください。近年、がんの発育を押さえる効果があるといわれている栄養管理食もありますが、このような状況下では栄養組成を問うより、まず動物自身が自分の口から食物を摂取することが重要となります。


- - - - -
『ペットががんになった時』(鷲巣月美 編 三省堂)p137-138より一部を引用しました

抗がん剤の効果

- - - - -
・抗がん剤の副作用
一般的には先に述べた白血球の現象以外に、元気・食欲の低下、嘔吐や下痢、ひどい場合には下血が見られることもあります。胃や腸などの消化管を構成する細胞は、分裂増殖が盛んで、抗がん剤による障害を受けやすいため、このような消化器症状が引き起こされます。

また、毛根も分裂増殖の盛んな細胞で構成されており、脱毛や被毛の質の変化が見られることもあります。しかしながら、動物では人の頭髪の脱毛ほど顕著な、いわゆるツルツルになるほどの脱毛が起こることはほとんどありあません。。


・がんの進行に伴う症状
がんに罹患した動物では、がん細胞が作り出す物質により元気の消失、発熱、あるいは食欲の低下が引き起こされることがしばしばあります。このような症状は、がんの進行に伴って強くなります。



・がんに由来する症状の改善
たしかに抗がん剤には副作用があり、抗がん剤による治療には苦しいイメージが定着していますが、がんに対して抗がん剤が効果を発揮した場合、がんに由来するこれらの症状が改善され、むしろ動物の一般状態は良好に維持されます。

- - - - -

『ペットががんになった時』(鷲巣月美 編 三省堂)p132より一部を引用しました

抗がん剤の投与の方法

- - - - -
多くの抗がん剤は注射で静脈内に投与しますが、飲み薬もあります。注射薬は、その種類によって血管から注入するもの、皮下や腹腔内に投与するものなどがあります。さらに、血管内に投与する抗がん剤にも、ゆっくり時間をかけて注入する必要があるものと、それほど時間をかけずに注入できるものがあります。

血管内に注入する抗がん剤は、血管の外に漏れ出てしまうと、皮膚の脱落など周辺組織に深刻な障害を及ぼし、場合によっては肢を切断しなければならなくなることもあります。このような事態を避けるため、血管からの抗がん剤の投与には留置針(血管内にチューブを設置できる針)を用いるなど、最新の注意が払われています。

- - - - -

『ペットががんになった時』(鷲巣月美 編 三省堂)p128よりを引用しました


抗腫瘍抗生物質

- - - - -
抗腫瘍抗生物質はDNAの2本鎖を橋渡しすることによりDNAの複製を妨げ、さらにトポイソメラーゼと呼ばれるDNAの複製を助ける酵素の作用を妨害します。抗腫瘍抗生物質はもっとも多くの種類のがんに効果があり、がん治療のおいては重要な抗がん剤です。

代表的な抗腫瘍抗生物質はドキソルビシンです。ドキソルビシンは、比較的効果の強い抗がん剤ですが副作用も出やすく、白血球の減少、嘔吐、下痢、下血などが見られることがあります。また、長期に使うと深刻な心臓の障害を引き起こすため、定期的に心臓の検査を行いながら投与します。

ドキソルビシンは静脈にゆっくりと投与します。投与時に血管から漏れた場合、露出部位に重度の組織障害が起こるため慎重に投与する必要があります。

- - - - -

『ペットががんになった時』(鷲巣月美 編 三省堂)p122より一部を引用しました

「抗がん剤」について

抗がん剤とはがん細胞を死滅させる為に作られた化学療法です。がん細胞を死滅させる為にがん細胞だけを攻撃するのは難しく、正常な細胞にもダメージを与えてしまい、様々な副作用で苦しんでおられる方も少なくありません。

現在の抗がん剤治療は、がんの種類や部位を総合的に判断して複数を組み合わせて投与する治療が主流となっています。ここでは一般的な抗がん剤と効能・副作用について掲載します。


●代謝拮抗剤
効 能:
がん細胞の代謝を阻害する抗がん剤です。がん細胞も成長するためには代謝を円滑にする物質が必要ですがそのような物質に似て非なるものをがん細胞に与えると、間違って取り込み、結果として代謝障害を起こしてしまうという理論を基に開発されました。葉酸、プリン体、ピリミジンを阻害して、主にDNAの生合成を抑制します。但し、がん細胞に特異的に働くわけではありませんので正常細胞の代謝も阻害され、特に造血器や小腸の粘膜細胞がダメージを受けます。一般的に消化器系のガンの治療に利用されています。また、乳がんや高年齢者の白血病等にも応用されます。比較的副作用が少ないのですが、劇的な効果は得られにくいようです。
副作用:
重篤な副作用としては骨髄抑制があります。その結果、感染症や出血が起こることがあります。その他には下痢、口内炎、嘔吐等の消化器症状、肝障害、肺障害、脱毛、皮膚炎、発熱、血糖値異常、頻尿、疲労感が起こることもあります。また、スティーブンス・ジョンソン症候群やライエル症候群の発生報告もあります。

●抗生物質
効 能:
菌類から得られた抗がん剤で、作用的にはがんの細胞膜やDNAの螺旋構造を破壊し、分裂を阻止します。日本人科学者により発見された物が多く、海外でも盛んに利用されています。強い抗がん作用があるとともに、副作用もとても激しいのでほとんどは注射薬として、医師の管理下で使用されます。経口では比較的副作用の少ない薬剤を使用します。慢性白血病、子宮がん、上顎がん、舌がん、口頭がん、胃がん、大腸がん、肺がん、皮膚がん等に利用されます。
副作用:
重篤な副作用としては骨髄抑制が起こります。その結果感染症や出血が起こります。また、アレルギーやショック症状が現れることもあります。その他に嘔吐、下痢、口内炎、心臓障害、皮膚障害、疲労感、内出血等が報告されています。

●アルカロイド
効 能:
植物に含まれるアルカロイドの中には細胞の有糸分裂を阻害する作用を有する物があります。代表的な物はツルニチニチ草のビンプラスチンやビンクリスチン、ポドフィルムのポドフィロトキシン、西洋イチイのタキソールです。また、同様の作用を有し比較的副作用の少ないpodophyllotoxinの新誘導体も利用されています。神経毒、血液毒性が強いので主に注射薬で医師の管理下で用います。内服薬はpodophyllotoxinの新誘導体のエスポシドがあります。小細胞がん、悪性リンパ腫に効果があります。
副作用:
重篤な副作用として骨髄抑制があります。その結果、感染症や出血が起こることがあります。その他に、下痢、口内炎、嘔吐等の消化器障害、うつ錯乱等の精神神経障害、激しい脱毛が知られています。

●ホルモン剤
効 能:
がん細胞の中には成長のためにホルモンが必要な物があります。例えば、乳がんのあるタイプや悪性黒色腫のあるタイプはエストロゲン、前立腺がんではアンドロゲンです。従って、抗がん剤としては、それらのホルモンの作用に拮抗する物となります。また、他の種類の抗がん剤との複合剤もあります。主に乳がんや前立腺がんに用いられますが、子宮がんや悪性黒色腫、腎臓がんにも応用されます。
副作用:
もともと生体内に存在する物質なので一般の抗がん剤のような激しい副作用はありませんが、それでも血栓静脈炎、消化器障害、肝障害、視力障害、造血器障害、腎障害、肺障害、また、ホルモンバランス異常による自律神経失調症状としてのめまい、ほてり、頭痛、むくみ、疲労感、発汗、あるいは骨粗しょう症、インポテンツ、女性化乳房、うつ、性欲亢進、性器出血、肥満、高脂血症等も現れることがあります。また、抗凝固剤のワーファリンとの相互作用で出血傾向が認められています。

※がん治療Navi より引用しました

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。