Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の色覚

猫はやっぱり、赤い色を識別しないらしい(次の記事によると)。また、色の識別は目の構造や組織ではなく、脳の問題とのこと。

ももは、最近60-70cmは平気でジャンプするようになった。階段も踏み外しかかるほどのスピードで昇り降りすることもある。いつの間にか、視力が回復?と思える行動力。視力にそれほど頼らずに、行動できるというのは、やはりほんとうのようだ。

+ + +

「青」と「緑」は見える?
色覚とは、目の網膜に届いた光の波長の違いによって、別々の色の感覚が生じることをいいます。猫の網膜には、この色覚をつかさどる「錘体(すいたい)細胞」が2種類確認されていて、「青」と「緑」の色と、その混合色が見えると考えられています(人は3種類あり、「赤」も見えます)。でも、色が見えることと、色を認識することとは別の話。私たちが色の違いを理解するように、猫がそれらの色に意味を見出しているかどうかは、残念ながらわかりません。

暗闇で物が見えるわけ
網膜の視細胞には、色を感じる錘体細胞以外に、光を感じる「杆体(かんたい)細胞」があります。夜行性の猫は、この杆体細胞の数が人間よりずっと多いのです。そのうえ、猫の目には、網膜のうしろに網膜を通る光を反射させて、もう一度網膜に光を送りかえす「反射鏡(タペタム)」があります。ですから、星明かりなど、わずかの光があれば、網膜に入る光が増幅されて、猫は闇夜でもよく物が見えるわけです。ちなみに猫は人間の6分の1の光で物を見ることができます。ただし、光のまったくない「暗室」のような暗闇では、さすがの猫もお手上げ。人間と同様に何も見えません。

猫には「色」より{動き」が重要情報
闇夜でもよく物が見えることは、本来、夜行性で、夜、ネズミなどを捕食して生きてきた猫にとって、とても大切な能力です。しかし、「色」を見分けることは、夜間、茶色や灰色など、ほとんど発色しない保護色におおわれたネズミを見つけるには、あまり役に立ちません。それよりも、獲物の敏捷な「動き」に反応する動体視力のほうがずっと価値があるわけです。

また、動物が色を識別するかどうかは、目の構造・組織の問題ではありません。目から入った視覚情報を処理する「脳」の働きにかかっています。脳が、重要度の高い情報を選んで、よりはやく、より正確に、獲物に関する情報を処理していかないと、待ち伏せしている猫が一瞬のすきをついて、獲物をとらえることはむずかしいでしょうね。そう考えてみると、猫が獲物の「色」よりも「動き」に敏感に反応して、狩りをする能力を磨いてきたことも、よく理解できます。

※花王 < 猫の不思議サイエンス < 猫は色を識別できるのか?(監修/どうぶつ行動クリニック・ファウ 尾形 庭子先生)より引用


本日の体重:3.85kg(増量中)

スポンサーサイト

白色被毛 -1年後

毎日、至近距離から肉眼で見るとあまりちがいがわからないが、すこしひいて撮したももの写真は、顔の中心がぼうっと白っぽく見える。

1年前、放射線治療を終えて年が明けると、白いまつげが生え始めた。白いマスカラをつけたかのようだった。そのうちに鼻筋、眉間、目の下、おでこまで徐々に広がった。白い毛のはえ始めたももの鼻筋を脇からみると、うっすら雪の積もったスキー場のゲレンデのようだった。

事前に、白色被毛または脱毛ときいていたので、脱毛でなくてまずは良かったと思った。脱毛は目のふちや口の脇に一時的に見られたが、その後きれいに生え揃った。

現在の状況。
ほぼ頭頂のラインまで、白色被毛がまばらに生えている。

白色被毛 1年後 現在の様子(2008年1月)

2006年3月 治療開始以前のもも(2006年3月)

頭頂~後頭部 ちなみに、現在の頭頂~後頭部の様子。

*撮影条件:室内、夜間、蛍光灯 いずれも同じ。
クリックすると写真が拡大します。


→放射線治療プロセス
→放射線治療・4回目
2006年12月、4週間にわたり放射線治療をう受けたときの当日の模様。


本日の体重:3.95kg

行動範囲の変化

体の張りもあるし、毛づやもいい。
長いしっぽの先を空中にふわふわさせて歩いている。見ているだけで、緊張が解けて心が軽くなる。

体は気が遠くなるほど柔らかいし(何しろ、足で頭や背中が掻ける)、猫という生き物はいつも軽やかに、自分の信じるところを自由に無執着に生きている…。それに、ももはいま、外見からはぜんぜん病人(猫)には見えない。

眼も何だか、見えているような気すらする。時間の経過とともに悪化していたとしても不思議はないが、家の中で、見えてないなと思う瞬間はあるものの、行動が積極的になりぎこちなさが消えた。階段を駆け上がったりもする。移動するときのものの配置、部屋の特徴などに対する勘が戻ったようだ。階段を曲がるときも、真ん中を通るようになった。以前は、足をつくのに十分な幅のある中央に誘導しないと、はじを通って落ちそうになったのに。

ただひとつ言えること。それは行動範囲が以前と比べようがないほど狭まったこと。いまはほとんど、敷地の中だけを行き来している。外を歩かせたいが、安全を最優先にするための措置。家族によると、先週、家の前のガレージから車が1台発進、親子ずれが複数台数の自転車で家の前を通り、そのあとすぐ逆方向から別な車が通過して行ったという。そんなとき、とっさにももが飛び出しはしないかと心配でならない。

もうたくさん柿の木にも登ったし、屋根の上も歩いた。裏手の住宅や空き地へさんざん遠出もしたし、お向かいの家の裏庭も、お隣のカレージの屋根の上もたくさん歩いた。今は、室内飼いが主流らしいし…と、ももに話しかけてみた。本人(猫)は、このギャップをどう思っているのだろう。


本日の体重:4.05kg

放射線と白内障

こどもの頃、よく猫の顔を横から覗き込んで透きとおって盛り上がっている眼球の様子を観察した。猫の眼は大きく、観察するにはぴったりだった。水のように透きとおって、美しく、不思議でもあった。

水晶体の上皮細胞は、放射線感受性が高い細胞の筆頭のうちのひとつ。放射線による白内障はすでに水晶体細胞が死滅しており、その影響が時間を経て現れただけなのだという。徐々に進行する老年性とこの点が著しく異なっている。

+ + +

概要:
眼の水晶体は本来透明であるが、何等かの原因によって発生した混濁状態が即ち白内障(俗に白そこひと言われ、自覚的には視力障害がみられる)である。その原因として糖尿病のような代謝性疾患や外傷ばかりでなく、電離放射線も含まれている。放射線によって誘発された白内障は特異的な病像を示す。また発症には線量のしきい値(X線、1回照射、2Gy)があるが確実的影響に分類され、潜伏期はほぼ8年(2.5~6.0Gyの範囲)である。また、放射線の中でも速中性子線被ばくによる白内障の誘発効果はX線より大きく、動物実験の結果では、ほぼ10倍の誘発効果(高線量域)がある。

晩発性放射線の影響
水晶体は線維被膜に被われたレンズ状透明体で、前方被膜下には一層の上皮細胞層があり、その内側には中央の水晶体核の周囲に向かって水晶体線維細胞がほぼ同心状に配列して水晶体を構成している( 図1)。この上皮細胞は水晶体の前面の胚細胞帯でのみ細胞分裂をし、水晶体線維に分化しながら赤道に移動する。この細胞分裂は生涯を通じて起こっているので自己複製能を具えた組織と認められている( 図2)。

しかし、水晶体にはこれら細胞を体外に排除する機序はなく、胎生時の線維細胞の遺残は水晶体の核となって認められる。生後増殖した線維細胞は核のない細胞が板状となって、核周囲に存在する。また血管と結合組織が存在していない、細胞だけから構成されている特色が備わっている。

動物実験では、眼球組織の中でも水晶体の上皮細胞、特に細胞分裂後の幼若細胞は放射線に感受性が高い( 図3-1図3-2および 図3-3)。放射線により障害を受けると、正常な線維化が起こらず、不透明な異常線維ができる。異常線維は水晶体から排除されることなく、後極へと移動し、その場に留まるため、水晶体の混濁として見られる。

実際に、X線の治療線量を被ばくした人の症例においては早期放射線誘発白内障の細隙燈顕微鏡所見は最初、被膜下後極の斑点として認められ、それが大きくなるにつれ、その周りに小顆粒混濁や空胞が出現する。斑点が数ミリメートルになると混濁はドーナツ状となる。また、同時に瞳孔域の前被膜下にも顆粒状混濁と空胞が発生する。この白内障はこの状態で停ることもある。しかし、白内障がこれ以上に進行すると放射線誘発白内障としての特異性は失われて、他の原因で誘発された白内障とは鑑別できなくなる。

混濁は進行する症例とそうでない症例とがあり被ばく線量に相関している。症例データからは2.2~6.5Gyの被ばくでは、大多数は進行せず12%の症例で進行した。一方、6.5~11.5Gyの被ばくでは12%の症例のみが進行しないで停滞したが、他症例には進行がみられた。白内障発症までの潜伏期も照射線量と関連があり、低い線量の2.5~6.5Gyでは平均8年(6か月~35年)で、より高い6.51~11.5Gyの被ばくでは平均4年であった。

白内障発症にはしきい値が認められ、X線照射量が0.5Gy以下では混濁は認められず、1回2Gy照射では2%の症例に非進行性の白内障が発症し、5Gy以上の線量では進行性白内障が発症する。水晶体の放射線に対する耐容線量は分割により照射時間が長くなると高くなる。即ち、白内障発症に要する線量は3週~3か月間にわたる照射では4Gy,3か月以上にわたる照射では5Gyとされている。

放射線の線質効果についてはマウスを用いた中性子線とX線との比較では、数GyレベルでのRBE(生物学的効果比:Relative Biological Effectiveness)は10であるが、cGyのレベルでは50になると報告されている。

(※出典:原子力図書館 原子力百科事典ATOMICA > 09 放射線影響と放射線防護 > 放射線による生物影響 > 放射線による生物影響 > 白内障より一部を引用)

*この記事は人の白内障についてかかれたものです。

フットワーク

ももの足取りが軽くなる。
外に一緒に出ると、周りが開けていて障害物がないと早くて追いつけないくらいサッサと歩く。体の張りもある。少しずつ、見えにくくても歩くことに慣れてきたようだ。つい2週間前、ももとは思えないようなへっぴり腰な格好で表を歩くのを見て、これからどうなるものかと思った。でも、きっと自分の置かれる状況に順応するだろうと思い、ももの変化に注意を向けるようにした。

音に敏感になる。
ワンブロック先から聞こえる、車やバイクの音を意識していることがわかる。人や自転車が通ると、すこし身構えて玄関のほうへ近づいたり、植木のそばへ身を寄せようとする。ただ、そうはいっても突然、車が急に角を曲がりこちらへ直進してこないとも限らないので、外が静かなときでも道路のはじをいつも歩くように誘導する。

嗅覚を使っている?のか。
これまで大きな鼻息(呼気)をすることがあったが、室内外を問わず、匂いで状況判断をしようとしているような姿が目立つ。周りを確めるように、時々大きく空気を吸い込んでいる。

階段の昇り降りもなめらかになった。室内の段差には時々、足を取られるがそのときも以前ほどバランスを崩したり、あわてなくなった。もう一匹の猫と廊下でぶつかりそうになり、直前まで相手に気づかなかったらしく声をあげ、尻尾が太くなった(猫は恐怖感を感じると尻尾の被毛が広がる)。もう一匹の猫はそのあと、母親に注意されていた。

玄関の外の段差を降りるときに、あまりバランスを崩さなくなった。段差の前でそーっと前脚を伸ばして、足裏を地面に着地させていることろをよく見かける。そうやって、どんどん慣れてくれればいいと思う。


本日の体重:4.10kg

放射線の晩発性影響

老年性白内障とのもっとも大きな違いは、老年性が進行性であるのに対して放射線白内障は過去において受けたダメージの発現であるという。しかし現状はどうかというと、鼻の主治医の先生によると、水晶体の周辺の組織の状態や進行の度合い、個体差によって老年性白内障も混ざっている場合もあるそうだ。

ももは、すでに放射線による治療の恩恵を十分に受けていると家族みなで思っている。視力もかすみ目程度でいてくれたらと思うのはやまやまだが…

+ + +

概要
放射線影響には潜伏期間、即ち、放射線被ばくから臨床症状としての影響が出現するまでにある期間が存在する。この潜伏期間が数週間以内の影響を急性影響、数ヶ月以上のものを晩発性影響と呼ぶ。急性影響は、被ばくした器官や組織の細胞が死ぬことによって起こる。

一方、晩発性影響は、被ばく後生き残った細胞内に修復不可能な“傷”(突然変異)が残ることによって起こる。晩発性影響の代表的なものとして、がんの誘発、白内障、寿命の短縮等が上げられる。放射線誘発性がんの潜伏期間は特に長く、数年(白血病)から数十年におよぶ。

白内障
放射線の照射をうけた動物およびヒトの水晶体に混濁(白内障)が起こることがある。これは水晶体上皮細胞が被ばくにより損傷をうけ、それが水晶体繊維の破壊を引き起こすことによると考えられている。
 
放射線白内障の重篤度や潜伏期間の長さ、進行の速さは、被ばく線量に依存する。X線やγ線の1回照射によって白内障が発生する最低線量は2Gyだが、照射が分割されると最低線量は高くなり、3-14週の分割では4Gy、15週以上では5.5Gyである。しかし11.5Gy以上照射すると、照射法の時間的分布に関係なく白内障は必発する。 表2は、放射線治療をうけた患者のデータをもとに、水晶体被ばく線量と白内障発生の潜伏期間の関係を表したものである。比較的低線量の被ばくでは、混濁がある程度以上進行しない停止性のものが多く、高線量では進行性のものが増加する。

(※出典:原子力図書館 原子力百科事典ATOMICA > 09 放射線影響と放射線防護 > 放射線の人体への影響 > 放射線の晩発性影響より一部を引用)

*この記事は人の白内障についてかかれたものです。

放射線白内障(水晶体混濁)

放射線による白内障に関する説明。なぜ白濁するかそのメカニズムがわかりやすく説明されている。放射線によりダメージをうけた水晶体の細胞は水晶体の後方、中央部に集まりこれらが濁りとなって光の透過を妨げているのだという。

「老人性白内障とは異なり、多くは進展せず、視力障害を生じることは少ないと言われています。」と書かれているが、別の資料によると、「比較的低線量の被ばくでは、混濁がある程度以上進行しない停止性のものが多く、高線量では進行性のものが増加する。」(原子力図書館 原子力百科事典ATOMICAより引用)と書かれている。照射線量により異なるようだ。

+ + +

水晶体はカメラのレンズに相当するものです。放射線白内障というのは、この水晶体の一部ににごりが生じるものです。放射線被ばく後、数カ月以上(平均2-3年)の潜伏期を経て症状があらわれますが、老人性白内障とは異なり、多くは進展せず、視力障害を生じることは少ないと言われています。また、放射線の量が少ない場合には影響が認められない“閾値”があると考えられている点が、癌の発生とは違うところです。図1は、広島、長崎の被爆者における被ばく放射線量と水晶体混濁を生じた人の割合の関係を示します。

放射線によって水晶体ににごりが生じる理由については図2を見てください。水晶体全体を包んでいる袋(嚢:のう)の内側には前側に透明な細胞の層があります(上皮細胞)。この層は、水晶体の縁(赤道部という)で細胞が分裂して、中央部に向かってゆっくりと動くことにより、水晶体の機能を保っているのです。放射線は、分裂している細胞に特に傷を与えやすいので、まず赤道部で細胞に異常が生じます。そのような細胞は理由は不明ですが水晶体の後方にまわって、中央部に集まります。それらの変性した細胞は光の直進を妨げるため、にごりとなるのです。

*図1.放射線被ばく線量と水晶体混濁を示した人の割合、図2.放射線による後極部後嚢下混濁の発症は、こちらから参照してください。

(※出典:財団法人放射線影響研究所 調査研究活動 > 放射線の健康影響 > 水晶体混濁(白内障)より引用)

*この記事は人の白内障についてかかれたものです。

白内障の状態

午前中、ももの様子をよく観察する。
階段を比較的スムーズに登り下りすることもある。外に出たときも、比較的足早にさっさと移動する場合もある。歩くときの体にしなやかさが少し戻ったように見える。慣れたのかもしれない。

室内では、顔の脇もだが、下が見えにくいようだ。高いところから低いところへ移動するときに、段差を認知しにくい。前脚を前へ伸ばしたときにはじめて気づいてよろける。高いところへ登るときは事前に高低さを認識しこれまでと変わりない。

ものに良くぶつかる。
対象物の色に関係があるいかどうか不明だが、白っぽいものや壁面に鼻の頭がついてはじめて行き止まりであることを認識しているようだ。

外を歩く様子。これまでより一層、周囲の音に敏感になっているように見える。散歩中の犬が通りかかると、車の下に入り様子をうかがう。20m程度離れた道路を車が徐行してくると、音のするほうへ顔を向け身をかわして玄関の方向あるいは車の下に入る体勢をつくる。

午後、かかりつけの病院へ。院長先生が留守のため、ほかの先生に診ていただく。

いまのももの状況。
・光を感じる状態だが、水晶体の白濁が黒目の大きさにまで広がっている。
・老年性白内障の場合は年単位でゆるやかに進行するが、そのほかの白内障(先天性、病気に伴い発症する場合)はそれよりも進行が早い。
・症状がかなり進んでいると思われる。水晶体の混濁が進み光を通さなくなると視力を失う。

緑内障になる可能性は?
症例としては少数。初期の症状は次のようなもの。
・白目の部分が赤くなる。
・頻繁に目をしばつかせ、涙目になる。

緑内障になる可能性は低いようだ。進行を止める目薬を出していただく。ただし、犬用のもので猫用の製品は現状ないとのこと。老年性初期白内障の進行防止用であるため、ももの場合そもそも効くかどうかは不明。また、猫にとって点眼がストレスになる可能性がある。点眼薬によって症状にマイナス効果が表れることはない。刺激性もない。若年性や先天性の場合の外科手術は別として、白内障は内服薬等によるこれといった治療方法はないのだという。


本日の体重:4.06kg

+ + +

最も多いのは、老年性白内障である。これは、簡単にいえば、老化が原因だ。おもに六、七歳以降(早ければ五歳)になると、老化が進み、水晶体の中心部の「核」が硬くなり、白く濁ってくる。ついでその周辺の「皮質」が硬化して、白濁が広がっていく。

そのまま放置すれば、水晶体の前部にある虹彩に炎症がおき、さらにその前部の角膜まで白濁していく。また、水晶体が白濁して、光が透過しなくなれば、網膜の視細胞もダメージを受け、失明状態となる(そうなれば、水晶体の代わりに人工レンズを入れても、視覚は回復しない)。

若年性白内障は、おもに遺伝性の病気が多い。一歳未満、あるいは二歳未満で、遺伝的に進行性網膜萎縮という網膜疾患になる犬たちが、白内障を併発することが多い(犬種的には、ミニチュアシュナウザーやプードルなどにめだつ)。ただし、若年性白内障の場合、まず水晶体を前後から包むふくろ(前嚢と後嚢)のすぐ下が白濁し、のち水晶体の皮質に白濁が広がっていく(なお、網膜の病気があれば、手術で眼内レンズを入れても、視覚は回復しない)。

糖尿病の場合、網膜疾患と白内障を併発して失明するケースがあることはよく知られている。また、近年は、アトピー性皮膚炎から白内障を併発するケースのあることも論じられるようになった。これらの場合、もとの病気を治療することが先決問題となる。

※犬猫病気百科>犬の病気>白内障2(監修/奥本動物病院 院長 奥本利美先生2002年9月20日)より一部を引用しました

視力の衰え

ももの視力の衰えがはっきりと表れた。
階段を一歩ずつ注意を払いながら降りてくる。玄関先の段差に気がつかないで前脚を前に出し、体を急に前に傾けて降りていく。外を歩く姿が前かがみになった。ももはいつも、外で体を生き生きとさせて、さっそうと、コンクリートの上を闊歩していた。この一週間くらいでだいぶ様子が変わったように思う。

7月以降、椅子に飛び乗ろうとしてテープルの角に背中をぶつけたり、90cmくらいのチェストにこれまでは朝飯前でジャンプしていたのが後脚がひっかかりそうになったり、ということが時々見られるようになる。最近になると、階段を登るときによく脚をとられて途中でバランスが取れずなめらかに上まで登っていけない姿を見かけるようになる。

6月の検診で、かかりつけの先生が懐中電灯をももの眼球にかざして、目の中心にある白内障のわずかな影を見せてくれた。しかしその後も、ももはふだんと変わりはなかった。先月検診に行ったときも、白内障については少し進みましたねくらいの説明だった。それが、症状を見ていると、ガタっと進んだように見える。

正面からももの眼をみると、黒目が全体に白くなっているように見える。白濁というほどではないが、以前よりは白くなっているようだ。ももには、「目はちょっと悪くなったが、鼻が治ってよかったね」と話しかけた。放射線のおかけで鼻が治って良かったと。

放射線治療が終了して10ヶ月が経過。1年後くらいに症状が出ますと、主治医の先生から説明があった。もう、その一年後に近づこうとしている。徐々にだんだん症状がでてくるものと思っていたが、白内障は、ある日を境に一気にはっきりとした症状が現れるようた。

白色被毛の状態

抗がん剤治療が終了して3ヶ月、放射線治療が終了してからは8ヶ月が経過。

茶色い鼻先をのぞいて顔の中心から額にかけて、だいぶ白色被毛が広がる。至近距離から見るとそれほどでもないが、2-3m以上離れてももの顔を見ると、顔の中心だけがぼうっと白くなっているのがわかる。でも、そのおかげで今があるという証のようなもの。

まつげも白っぽくバサバサしている。以前より長さも生え方も不揃いになった。よく見ると、白いまつげの下に黒いまつげも混ざっている。いつの間にか、黒いまつげも生え始めたようだ。ももの鼻筋は白く、傾斜の具合がまるで雪で覆われたゲレンデのような感じ。

ひげは、だんだん元に戻ってくる。長さにばらつきがあるが、概ね3.5cmくらいに成長。新しく生えかわったひげは、まるで子猫のひげのように細く、みずみずしい。本数もかなりたくさんはえた。“生きている”という感じがする。細胞、体内の変化、どれも目に見えないが、細胞が回復しようとしていることや、体の内側で、静かにでもダイナミックに働いていることがわかる。


本日の体重:4.05kg

Appendix

RSSフィード

Extra

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ロングテイル

Author:ロングテイル
名前:もも
1997年生まれ
毛色:茶色
好きなこと:
玄関脇のかさぎから空を眺めること、柿の木に登ること。

*このブログについて
(by ロングテイル)
物心ついた時から猫が大好きで、猫とともに暮らして30年以上。
2006年秋、もも(当時9歳)が鼻腔内リンパ腫と乳腺癌を同時に発症。
猫の病気や食事のあり方についての理解不足を反省し、このブログを作りました。特に、鼻腔腫瘍に対する放射線治療、乳腺切除手術と回復の過程について書いています。そのほかに、治療後の様子や日々感じたこと、病気について調べたことなどを書きとめていきます。

*主な内容は次のとおりです。
 ・鼻腔内リンパ腫の治療と予後
 ・乳腺切除手術後の回復過程
 ・がんの猫の食餌管理
 ・猫の乳がん
 ・おすすめの猫本
 ・ももの食事

参加ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ村 猫ブログ
FC2ブログランキング 猫ブログへ

FC2 ブログ★ランキング

人気Blogランキングへ

人気Blogランキング

人気ブログランキング - ももの時間

タグ


ももの時間
ももの時間・バナー

トラックワード

おすすめ商品






リンク先:バッチフラワーレメディ
バッチ フラワーレメディ


猫砂 キャットフード キャットタワー 猫グッズなど猫ちゃんのための専門店。6年連続で楽天市場 Shop of the Yearのジャンル賞を受賞!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Thank you for your visiting for my blog!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。